資産運用

まわりにインデックス投資してる人が全然いない・・・

投稿日:




 

チャンドラです。

 

私の職場の度人間に何か資産運用をしているか聞いてみたところ、

何も投資していない人が50%

個別株に投資している人が30%

マンション買って家賃収入を得ている人が10%

●ルデンシャル生命の外貨建て保険に加入している人が10%

 

特に海外駐在してお金を多く貯めてきた人は、駐在が終わって帰国した後にマンション買う人が結構いますね。

●ルデンシャル生命は勧誘されてはいる人が多いようです。

 

そこで「おまえも何か運用してんの?」と聞かれるので、

インデックス・ファンドに積み立てていると答えると、

「何それ?儲かんの?」

と言われます。

 

インターネットで調べると、インデックス投資の紹介とかおすすめファンドとかのウェブサイトが呆れるほど出てきますが、実際は、

インデックス投資はこれほどマイナーなのか・・・

と感じます。

 

個人的な感覚ですが、

個別株:リスクが高い、どれを買うか迷う時間がもったいない

マンション投資:手数料高そう、収入が安定するか不明

外貨建て保険:手数料高そう、営業マンがゴリ押してきそう

インデックス投資:手数料安い、分散投資でリスクが低い

 

やはりインデックス投資は他に比べて手堅いので、

私のような初心者にはうってつけな資産運用方法です。

 

個別株にしろマンション投資にしろ、どれに投資するのが正解 = 資産を最大化できるかは未来にならないと分かりません。

どの投資方法がよくてどれが悪いとかとやかく言うつもりは全くありませんが、

一番手堅いと思えるインデックス投資が一番マイナーなのは不思議だ

と感じるわけです。

 

ところで「インデックス・ファンドって何それ?」と聞いてくる人に、

「日経平均とかS&P500 (アメリカの日経平均みたいなもん)に連動するファンド。要はたくさんの企業の株価の平均値に投資することで、リスクも比較的低い」

と言うと「ソレイイネー」と言われます。

要は「インデックス」という言葉が実際を分かりにくくしていて、

「市場平均ファンド」と言った方が分かりやすいのかもしれません。

市場平均ファンド・・・恐ろしくダサい名称ですが。

それでは。

 

関連記事:

ドルコスト平均法でインデックス投資するのが最も精神的に楽

米国株式インデックス・ファンドの信託報酬の差の効果

インデックス投資 | 迷うならさっさとeMAXIS Slimを選ぼう!

 

Sponsored Link



 

ブログランキングにクリック頂ければ幸いです:

にほんブログ村 株ブログ 米国株へにほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

-資産運用

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

インデックス投資の積立額が500万円を超えた

  チャンドラです。   インデックス投資の積立額が500万円を超えました。2018年7月にインデックス投資を初めてから6か月でここまで来ました。 運用状況は次の通りです。 &nb …

インフレが怖いから投資信託で資産運用する

  チャンドラです。   総務省が2018年度の全国消費者物価指数が前年度に比べて0.8%上昇したと発表しました。消費者物価指数は商品の物価の変動を表す指数で、物価がどれだけ上昇し …

eMAXISシリーズのシャープ・レシオ

  チャンドラです。   株式投資の運用成績を見る指標として、リスク、リターンの他にシャープ・レシオがあります。下の表はmyINDEXで見たeMAXIS 全世界株式の実績です。 シ …

「S&P500はリスク16%・リターン7%」を考える

  米国株式指数S&P500のリスクは16%、リターンは7%と聞いて何を思うか。細かい数字はさておき、過去の株式指数のリスクとリターンの値を聞いたとき、これを鵜呑みにして将来の指数の …

eMAXISシリーズのシャープ・レシオの推移 | 2019年2月

  チャンドラです。   株式投資の運用成績を見る指標として、リスク、リターンの他にシャープ・レシオがあります。リスクが小さくリターンが大きいほどシャープ・レシオは大きくなります。 …


チャンドラです。

都内在住の30代前半サラリーマンです。6年間で貯めた2000万円を元手にインデックス投資を始めました。このブログでは資産運用の方針、運用成績、家計簿、節約生活を赤裸々に公開しています。

メディアインタビュー記事:こちら

投資運用成績は:こちら

投資を始めた理由は:こちら

お問い合わせは:こちら


にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ