資産運用

まわりにインデックス投資してる人が全然いない・・・

投稿日:




 

チャンドラです。

 

私の職場の度人間に何か資産運用をしているか聞いてみたところ、

何も投資していない人が50%

個別株に投資している人が30%

マンション買って家賃収入を得ている人が10%

●ルデンシャル生命の外貨建て保険に加入している人が10%

 

特に海外駐在してお金を多く貯めてきた人は、駐在が終わって帰国した後にマンション買う人が結構いますね。

●ルデンシャル生命は勧誘されてはいる人が多いようです。

 

そこで「おまえも何か運用してんの?」と聞かれるので、

インデックス・ファンドに積み立てていると答えると、

「何それ?儲かんの?」

と言われます。

 

インターネットで調べると、インデックス投資の紹介とかおすすめファンドとかのウェブサイトが呆れるほど出てきますが、実際は、

インデックス投資はこれほどマイナーなのか・・・

と感じます。

 

個人的な感覚ですが、

個別株:リスクが高い、どれを買うか迷う時間がもったいない

マンション投資:手数料高そう、収入が安定するか不明

外貨建て保険:手数料高そう、営業マンがゴリ押してきそう

インデックス投資:手数料安い、分散投資でリスクが低い

 

やはりインデックス投資は他に比べて手堅いので、

私のような初心者にはうってつけな資産運用方法です。

 

個別株にしろマンション投資にしろ、どれに投資するのが正解 = 資産を最大化できるかは未来にならないと分かりません。

どの投資方法がよくてどれが悪いとかとやかく言うつもりは全くありませんが、

一番手堅いと思えるインデックス投資が一番マイナーなのは不思議だ

と感じるわけです。

 

ところで「インデックス・ファンドって何それ?」と聞いてくる人に、

「日経平均とかS&P500 (アメリカの日経平均みたいなもん)に連動するファンド。要はたくさんの企業の株価の平均値に投資することで、リスクも比較的低い」

と言うと「ソレイイネー」と言われます。

要は「インデックス」という言葉が実際を分かりにくくしていて、

「市場平均ファンド」と言った方が分かりやすいのかもしれません。

市場平均ファンド・・・恐ろしくダサい名称ですが。

それでは。

 

関連記事:

ドルコスト平均法でインデックス投資するのが最も精神的に楽

米国株式インデックス・ファンドの信託報酬の差の効果

インデックス投資 | 迷うならさっさとeMAXIS Slimを選ぼう!

 

Sponsored Link



 

ブログランキングにクリック頂ければ幸いです:

にほんブログ村 株ブログ 米国株へにほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

-資産運用

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

【重要】投資方法よりもいくら欲しいか目標設定を先にすべき

  人が資産運用を始めるときに、まずは目標を立てた方がいいと思っています。企業が経営計画を立てるとの同じです。当たり前ですよね?でも実はやってる人は多くないと思います。ファイナンシャル・プラ …

マネーフォワード ME利用者の6割が資産運用してないのか ww

  ITmediaからの引用。 個人向け家計簿アプリ「マネーフォワードME」が、個人向け資産運用の領域に乗り出す。6月23日、マネーフォワードは個人向け資産運用サービスを提供するSUSTEN …

インデックスファンドより成績が劣るアクティブファンドは恥ではないか?

  日経平均株価や米国S&P500などの指数に連動するように運用されるのがインデックス・ファンド。それに対して、ファンドマネージャーが投資する銘柄やその割合を決定して運用するファンド …

私が投資で学んだことは「不確実性への対処方法」。リスク管理は仕事・生活に応用出来て汎用性が高い。

  インデックス投資を開始して2年半近くが経過しました。 投資を始めた当初は、投資関連の書籍やニュース記事を読むことで経済や金融に詳しくなることを資産運用の副次的な効果として期待していました …

他人に評価損を指摘されると腹立つ ww

  3月16日の米国株式市場は大荒れ。S&P500は12%安の2386まで下げました。2019年の上昇分をほぼ全て失うという結果に。こんなに下がると思っていませんでした。ゴールドマン …

チャンドラです。

都内在住の30代サラリーマンです。このブログではインデックス投資の利点、運用成績、運用シミュレーションや金融工学の記事を公開していきます。

自己紹介は:こちら

お問い合わせは:こちら


にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ