資産運用

社畜のインデックス投資の目標(50歳で1.5億円)

投稿日:2020年6月22日 更新日:




 

私は毎週一定金額をインデックスファンドに積み立ています。

具体的には資産の約90%を米国株式インデックスと全世界株式インデックスに投資しています。現金を銀行に寝かせるのではなく、成長続ける市場に投資することで資産を築けると考えているからです。

 

インデックスを重視している理由を書き出すと次の通り。

(1) 過去に米国株式指数S&P500は年率7%程度で成長してきた。

(2) 世界から優秀な人材を集め、人口増加が見込める米国経済はこれからも成長が期待できる。

(3) とはいえ、米国だけに集中投資するのはリスキーなので全世界株式も加える。

(4) インデックス投資はリスク分散効果がある。特定の企業やセクターの暴落のダメージを緩和できる。

(5) コスト(購入時手数料、維持費)が安い。

(6) 時価総額加重平均インデックスに基づくポートフォリオが最も効率がよい (=低リスク・高リターン)という理論的な裏付けがある。(ただし前提あり)

(7) 賢人(バフェット、チャールズ・エリス、マルキール)は著書の中でインデックスファンドを長期で保有することを推奨している。

 

 

ところで私は毎月のリターンは公開していましたが、自分がいつまでにどれだけ資産を築きたいのかターゲットを示していませんでした。そのターゲットをここで公開します。

 

私はセミリタイア願望がなく、仕事が好きなのでサラリーマンとして65歳まで社畜として働く予定です。70歳まで働くかは体力次第ですね。だから今後も会社から受け取る給料をインデックスに投資していきます。

そして個別株への投資はやりません。市場平均に連動するインデックスに投資することで自分が欲しい資産を達成できると考えているので、リスクが高い個別株に投資する必要性を感じないからです。

私は会社から前払い退職金を受け取っています。つまり退職時に退職金はもらえません。この前払い退職金もインデックス投資に回しています。年取ってドンっと高額の退職金をもらうより若いうちに先に受け取って投資に回せば複利の効果で退職時の資産を大きくできると考えているからです。企業型DCを使えば利益に課税されませんからね。これが前払いで受けとる狙いです。

そして資産の約90%をインデックスに投資し、残りの10%を現金で保持するスタイルを少なくともあと15年は続けていきます。その後は現金比率を徐々に高めていく予定です。

 

 

ということを前提にして、私の目標は次の通りです。

 

現在 (30代前):資産3,000万円

目標リターン:年率5%

インデックスへの入金:年間300万円

現金貯蓄:年間50万円

40歳の総資産:6,300万円

50歳の総資産:1.5億円

 

正直言うと年間300万円はかなり攻めていますが、無駄遣いせずに暮らし、ボーナスと前払い退職金をぶちこめば達成可能だと考えています。今後、結婚などのライフスタイルの変化によって入金力が下がる可能性はありますが、それも考慮しています。

 

 

Sponsored Link



 

 

50歳で1.5億も作ってどうするんだ?という意見もあるでしょう。私の人生哲学に、「人生で絶対に金で苦労したくない」という考えがあります。詳細計算は省きますが、50歳という人生のほぼ折り返し地点で1.5億円あればその後の人生はお金に苦労することはないと考えています。年金ももらえますしね。

後は家の購入でしょう。私は都内在住ですが、人生の後半は引っ越して私のお気に入りの地域に家を構えてそこで暮らしたいと考えています。場所は書きませんが、かつて暮したことがあり、都内のようにガチャガチャ喧しくなく、歴史や文化の匂いが色濃い地域です。そんな場所で金に苦労せず、他人に煩わされず、静かに暮すなんて最高ではないでしょうか。

 

あとは学生の頃にやったように長期間かけて中国やインドの辺境をゆっくり旅したいですね。

写真はいつか行きたいチベットのカイラス山。学生時代にカイラスからわずか400kmのネパール側をブラブラしていたことはありますが、カイラスにはたどりつけず。カイラスは是非この目で見たい。

あとは英語を話せるので温暖な東南アジアに長期滞在したりするかもしれません。

そのためにお金が欲しいのです。あとは健康も大切ですね。

 

関連記事:

「何に投資するか」よりも「いくら欲しいか」を先に決めるべきでしょう。

【重要】投資方法よりもいくら欲しいか目標設定を先にすべき

社畜は70歳のジジイになっても働くぜ ww 【70歳就業機会確保】

 

記事が役に立ったらクリックお願いします↓

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

-資産運用

執筆者:


  1. アバター deds より:

    前払いということは、中途退職できないということ?
    大丈夫なのか?

    • chandra11 chandra11 より:

      コメントありがとうございます。

      中途退職できますよ。
      あくまで勤めた年数分を前払いでもらえるということです。

  2. アバター deds より:

    一括じゃなくて月割りで毎月ちょっとづつもらうということか
    それいいなあ
    企業つぶれる場合あるしなあ

comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

【意思決定理論】不思議なサンクトペテルブルクのパラドックス

  意思決定理論のにおける有名な問題の一つに、サンクトペテルブルグのパラドックスがあります。 数学者のダニエル・ベルヌーイがサンクトペテルブルグ科学アカデミーに滞在しているときに発案したので …

株式投資本がフリマで高く売れてビビる。投資に関心が高まっている証拠か。

  最近フリマで「株式投資の未来」を売ったんです。私の投資スタイルはインデックスファンドの長期ホールドだと確立したので、高配当投資を謳う本書を本棚に入れておく必要もないな、と判断したからです …

資産運用は煽られて無理してやるべきものではない

  チャンドラです。   日本人は他国に比べて現金志向が強く、投資に消極的だと言われています。 日本銀行の調査によると株式や投資信託で資産運用している人の割合は15%程度です。 引 …

サラリーマンなんて株式投資に比べれば全然リスクとってないな ww

  私はサラリーマンですが、サラリーマンが会社で働いて毎月給料もらうのと、株式投資して金を稼ぐのって、どちらがリスクとっているんでしょうか? 言うまでもなく後者です。 サラリーマンは確かに会 …

米国高配当銘柄への投資はやめました | インデックス投資のほうがラク

  チャンドラです。   私はインデックス・ファンドに投資しています。 私のポートフォリオの大部分は米国株式で、米国S&P500が投資先です。 米国S&P500の長 …

チャンドラです。

都内在住の30代サラリーマンです。このブログではインデックス投資の利点、運用成績、運用シミュレーションや金融工学の記事を公開していきます。

自己紹介は:こちら

お問い合わせは:こちら


にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ