資産運用

ドルコスト平均法でインデックス投資するのが最も精神的に楽

投稿日:




 

チャンドラです。

 

私はインデックス・ファンドにドルコスト平均法で積み立てています。

ドルコスト平均法は、自分の保有する株が上がろうが下がろうが、同じ金額で株を定期的に買い続ける手法です。

同じ金額で株を買い続けるとどうなるか?

株価が上がると購入数量が減ります。逆に株価が下がると購入する量が増えます。つまり高い時に少なく買って、安い時に多く買うようになります。つまり、高い時にたくさん買うことを防ぐことができるのです。

これがドルコスト平均法のメリットです。

 

ただし、ドル・コスト平均法にはそれ以上に大きなメリットがあると考えています。それは、

 

難しいことを何も考えなくてよい点です。

 

Sponsored Link



 

株式投資で一番儲ける方法は、株価がメチャクチャ安い時に大量の株を購入して株価が一番高い時に売ることです。

または、株価が一時的にガクンと下がった時に買い増すことを繰り返せば、ドルコスト平均法よりも高いリターンを得ることができます。

ただし、それをするためには株価を毎日チェックして、前日よりどれだけ下がったかを調べて、これからも下がるかどうかを予想して、買うと決めたらいくら買い増すかを考えて・・・というふうに色々なことを考えなくてはいけません。

でもハッキリ言うと・・・

 

毎日忙しいので、株をいくら買い増すかなんて考える余裕はない

 

わけです。毎日仕事や家庭が忙しいのに、

 

ドルコスト平均法より高いリターン出すために、あれこれ考えるのは時間がもったいない。

 

と思います。株価が●●円まで下がったら買おうとずっと待ち続けるのも最悪です。もし期待している株価まで下がらずに買うチャンスを逃せば、機会損失になります。

 

将来の正確な株価を誰も予測できません。でも特定の国、例えばアメリカの株価は今後も上がっていく可能性が高い。

それならば難しいことを考えずに平均点を狙って行けばいいと思っています。平均点とはつまり、ドルコスト平均法でインデックス投資を愚直に続けることです。

それが一番堅実で、かつ精神的に楽な方法です。

それでは。

 

関連記事:

米国株に投資する理由は米国人の株式保有比率が高いから!

インデックス投資 | 迷うならさっさとeMAXIS Slimを選ぼう!

インデックス投資の積立額が1000万円を超えました

Sponsored Link



 

運用成績を公開しています

私がインデックス投資を始めた理由

6年間で2000万円貯めることが出来た秘密

私のブログランキングはこちら:

にほんブログ村 株ブログ 米国株へにほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

-資産運用

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

毎月配当金10万もらうより副業で10万もらう方がはるかに良い。

  配当金を月10万もらうか副業で月10万もらうか? 過去記事で書いたように配当金狙いで高配当投資は税金抜かれる点で問題外というのが個人的な考えです。そして配当金10万か副業で10万かといえ …

【本業+副業+投資】資産は6247万 (645万円増加) | 2022年3月末

  2022年3月末の資産運用状況を公開します。   合計資産:6,247万円 前月より645万円増加   資産運用状況   投資金額:3,503万円 評価額: …

eMAXISシリーズの相関関係 | リスク分散と相関係数

  チャンドラです。   人気のインデックスファンドであるeMAXISシリーズは各ファンドの相関係数を公表しています。相関係数とは各ファンドの株価の動きがどれくらい似ているかを示す …

アインシュタインは本当に「複利は人類最大の発明」と言ったのか?

  株式投資で資産を増やせる大きな理由が複利効果です。利回りが大きくてと運用期間が長いほど雪だるま式に資産が増えていくというカラクリです。有名な「72の法則」を利用すると、例えば1000万円 …

なぜ株価は長期的に上昇するのか?

  そもそも株式投資の長期リターンはどのように決まるのか? 「ウォール街のランダム・ウォーカー」からの引用。 ・非常に長い期間で見たときの株式投資の平均リターンは、二つの基本要因からもらたさ …

チャンドラです。

都内在住の30代サラリーマンです。このブログではインデックス投資の利点、運用成績、運用シミュレーションや金融工学の記事を公開していきます。

自己紹介は:こちら

お問い合わせは:こちら


にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ