資産運用

インデックス投資で不労所得を手に入れよう!

投稿日:2019年5月5日 更新日:




 

チャンドラです。

 

私はインデックス・ファンドに積立投資しています。

積立投資とは毎月一定額を長期にわたって投資し続けることです。

長期にわたって積み立てることで、複利の効果で資産を大きく増やすことができると考えることができます。

積み立て投資で得た利益は「不労所得」と考えることができます。

ではどれだけ不労所得を得ることができるのか、シミュレーションしてみます。

 

年利3%のファンドに30年投資

年利3%のファンドに30年間投資し続けるケースをみてみます。

 

総投資額は次の通りです。

毎月3万円投資する場合:1080万円

毎月5万円投資する場合:1800万円

毎月10万円投資する場合:3600万円

 

この場合の運用益の推移を示したのが下のグラフです。縦軸が(万円)

30年後のトータルの運用益は次のようになります。縦軸が(万円)

毎月3万円投資:633万円

毎月5万円投資:1055万円

毎月10万円投資:2109万円

 

次に毎年の不労所得を計算してみます。ある年度の運用益をその年度の不労所得とみなすのです。

結果は次の通りとなりました。縦軸が(万円)

不労所得は時間が経つにつれて増えていきます。これが複利の効果です。

30年目の不労所得は次のようになります。

毎月3万円投資:49万円

毎月5万円投資:81万円

毎月10万円投資:163万円

 

Sponsored Link



 

年利5%のファンドに30年投資

 

年利が上がると運用益も当然上がります。ここでは年利が5%のケースも見てみます。

運用益の推移を示したのが下のグラフです。縦軸が(万円)

毎月3万円投資:1312万円

毎月5万円投資:2186万円

毎月10万円投資:4373万円

 

毎年の不労所得は次の通りです。

30年目の不労所得は次のようになります。

毎月3万円投資:112万円

毎月5万円投資:187万円

毎月10万円投資:374万円

 

年間の不労所得が100万円を超えるのは夢のようです。

 

Sponsored Link



 

実際の不労所得は?

 

 

年利がプラスのインデックス投資に長期間投資し続ければ、理論的には不労所得を得ることができることが分かりました。

では実際に不労所得は得ることができるのでしょうか?

私は主に米国S&P500に積立投資しています。

毎月資産を公開していますが、現状S&P500の成績が好調なので以下の不労所得を得ることができています。

 

2018年12月:▲47万

2019年1月:+22万

2019年2月:+55万

2019年3月:+13万

2019年4月:+32万

 

myIndexでは米国S&P500の過去実績を調べることができます。

それによると過去30年のリターンの平均は約10%と、かなり高い値であることが分かります。

出典:myIndex

 

米国は先進国の中でも人口増加率が高く、世界最高の企業と最も優秀な人々が集まる国です。

私は米国経済の継続的な成長に期待して、積立投資を継続していきます。

 

それでは。

 

 

運用成績を公開しています

私がインデックス投資を始めた理由

6年間で2000万円貯めることが出来た秘密

 

 

私のブログランキングはこちら:

にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

-資産運用

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

リスクは低い方がいい。そのリスク本当に取る必要ありますか?

  リスクとは不確実性の事。 金融商品に関して「リスクが高い」とは、その価格変動が大きいことを意味します。そして一般的にある金融商品のリスクが大きければリターンも大きいです。 下の図はmyI …

【教養】【現代ポートフォリオ理論】「分散投資でリスクを下げる」の本質

  「卵を1つの籠に盛るな」というのは投資の格言。投資する際に複数の銘柄に投資することでリスクを下げることを意味しています。 ただし卵を複数の籠に持っただけではリスクを下げることはできません …

長期投資はドMが向いている。

  私の知り合いにはキツイ仕事ほど喜んで引き受ける人がいて、本人曰くストレスに晒されるほど燃えて力が湧くそうな。自他ともに認めるドMです。 ストレスに晒され続けるという意味では、長期投資も同 …

eMAXISシリーズの相関関係 | リスク分散と相関係数

  チャンドラです。   人気のインデックスファンドであるeMAXISシリーズは各ファンドの相関係数を公表しています。相関係数とは各ファンドの株価の動きがどれくらい似ているかを示す …

ハイテク直撃 | バイデン氏当選でセクターローテーションが起きるか?

  企業への増税を掲げるバイデン氏が米大統領選に当選した場合、企業の収益がどれだけ減るかWSJの記事で分析されています。 バイデン氏は連邦法人税率の21%から28%への引き上げ、米国外での収 …

チャンドラです。

都内在住の30代サラリーマンです。このブログではインデックス投資の利点、運用成績、運用シミュレーションや金融工学の記事を公開していきます。

自己紹介は:こちら

お問い合わせは:こちら


にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ