資産運用

あー。ヒマすぎる。投資でほぼ迷うことがないインデックス投資家に工夫の余地はあるのか?

投稿日:2021年2月18日 更新日:




 

インデックス投資といえば銘柄選びが不要なので投資において特に考えることがないとも言えます。極端に言えば思考停止の投資法です。

良くいえば時間を節約できて銘柄分析に割く時間を他の時間に費やせる。悪く言えば退屈で草食系、探究心がなく、無難。

とはいえインデックス投資でも考えることが全くないかといえばそうでもない。何かを「選択して決める」ことがあるか整理してみると、

(1) 何に投資するか?

個別株ほどのバラエティはないものの選択の余地はあります。リターンとシャープレシオが高いものに限れば米国S&P500か新興国株式。または両方を含んだ全世界株式の3通りでしょうか。その根拠は過去記事を参照:

過去35年のアセットクラスでは新興国株と米国株が優秀

 

(2) どのタイミングで投資するか?

毎月の給料を投資にまわすサラリーマンを前提に考えると、

(a) 毎月一定金額を積み立てる。

(b) ある程度株価が下がった時点で一括投資。

タイミングをしっかり捉えることができるなら(a)より(b)の方が高いリターンを得ることができます。ですが、そもそもの投資金額が大きくないのであればその差はゴミかもしれません。

 

Sponsored Link



 

(3) どのようにして売却するか?

リタイア後に毎年総資産の4%を取り崩していく4%ルールが有名ですが、もう少し工夫の余地があるかもしれません。タイミング投資ではある程度株価が下がった時点で株を買いますが、タイミング売却では株価がある程度上がった時点で売る。

 

(4) 買うファンドを毎年買えるか?

この問題提起をしてる人は結構少ないのではないか?と思ってるのですが、ファンド(または証券会社)を変えるか否か?という選択肢もあります。

過去記事で解説しましたが、同じファンドを積み立て続けるとリタイア後に売却する分には直近で購入した分が混じってしまっているので部分的に短期投資になってしまうからです。(まあ、ここまで細かいことを考える人はいないかもしれませんが。)

詳細は過去記事参照:

積立投資の新たな解釈。積立投資を「投資金額の時間発展の総和」と捉える。

投資期間後半で投資した分は元本割れ確率が高い。

 

Sponsored Link



 

 

整理してみましたが、(1)~(4)くらいしか工夫の余地がありません。そして私が思うに (1)~(4)各々で考えられるあらゆる選択肢をとったとしても、普通のサラリーマンの入金力ではトータルリターンに数%くらいの差しかでないのではないかと思うのです。あくまで感覚ですが。

そうすると、結局は王道に行きつくわけで、「S&P500に毎月一定金額を積立投資して4%ルールで売却する」が正解なのかもしれません。

うーん、やはりインデックス投資はつまらないな ww

でも「つまらない」ということは「それにかける労力は少ない」ということです。

じゃあ、浮いた時間に本業に専念するか趣味に没頭すればよい、ということになりますね。至極当たり前の結論になったな ww

 

関連記事:

「損失回避の法則」に従えば投資はリスクより元本割れ確率で議論した方が分かりやすい

 

記事が役に立ったらクリックお願いします↓

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

-資産運用

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

前払い退職金を年率何%で運用すれば得するか?

  私は会社の前払い退職金制度を使って、退職金を前払いで受け取っています。30年後に退職時に受け取る退職金を事前にもらって自分で運用することで、大きな資産を築けると考えているからです。 &n …

インデックス投資の積立額が1000万円を超えました

  チャンドラです。   2018年6月にインデックス投資を初めてから1年が経ちました。 ついにインデックス投資の積立額が1000万円を超えました。   履歴: インデッ …

eMAXISシリーズのシャープ・レシオの推移 | 2019年2月

  チャンドラです。   株式投資の運用成績を見る指標として、リスク、リターンの他にシャープ・レシオがあります。リスクが小さくリターンが大きいほどシャープ・レシオは大きくなります。 …

マイナス12万円 | 運用成績 | 2020年5月第4週

  今週のインデックス投資運用成績を公開します。   今週の積立金額:14万円 積立総額:2,504万円 評価額:2,492万円 先週の損益:-105万円 (-4.4%) 今週の損 …

米国はイノベーションを起こす土壌がない??

  米国はイノベーションを起こす土壌がない?と聞くと驚きを感じますが、そんな土壌がかつてより失われつつあるという主張をけっこう見つけることができます。 中野剛志氏の「新説・企業論」という新書 …


チャンドラです。

都内在住の30代前半サラリーマンです。このブログではインデックス投資の利点、運用成績、運用シミュレーションや金融工学の記事を公開していきます。

メディアインタビュー記事:こちら

投資運用成績は:こちら

投資を始めた理由は:こちら

お問い合わせは:こちら


にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ