資産運用

インデックス投資なら金持ちになれる。条件付きで。

投稿日:




 

ある本で紹介されていたリチャード・ファインマンのスピーチから抜粋。(一部改訂)

あなたの貢献価値を他者が判断するための情報をすべて提供するようにしなさいということです。何らかの方向へ判断を導くような情報だけではだめです。

例えば広告と比べてみれば、この考え方がよく分るでしょう。私は昨夜、ウェッソン食用油は食品に染み込まないという広告を見ました。まあ、それは本当です。ウソではありません。でも、私が言いたいのは、単にウソではないという問題ではなく、科学的な公正さという問題です。この広告に付け足すべき事実は、一定の温度で使えば、どんな食用油も食品に染み込まないということです。そうでない温度で使ったら、どの食用油も染み込みます。つまり、この広告が伝えたのは、本当ではあるけれども暗示めいた情報であり、事実ではありません。そして、その差こそが問題なのです。

広告は相手に物を買わせるためにあるので、相手に刺さるメッセージを伝えることに重きを置きます。商品の効果を前面に打ち出すけど、効果を実現する条件はたいてい隠されます。それもそのはず、効果を得る条件が時間・コストなら、消費者は萎えて買う気がなくなるから。

投資するならインデックス (S&P500またはオルカン)が最適は私も賛成。ただし、資産を大きく増やせるかは別の話。平均リターンは、年平均利回り・投資金額・投資期間に依存します。年平均利回りが(過去の実績から想定して)7%程度で固定されている以上、個人の力で制御できるのは入金力と投資期間だけです。

他の投資法に比べて効率よく (=リスクを下げると同時にリターンを上げる)リターンを出せるのがインデックス投資の利点ですが、効率よさを優先した投資家は、年平均利回り7%程度に甘んじるしかありません。だから、資産を大きく増やすためには、入金力と投資期間が条件になるのです。

だからといってインデックス投資がムダかと言えば、そうではありません。要は自分がいくら欲しいか?なんです。72の法則によれば、年平均利回り7%なら100万円を10年投資すれば200万円。10年後に+100万円で満足できるならそれでよし、足りないなら入金力上げるかもっと長く待つしかない。そういうことです。

入金力上げるの無理だし、20年とか30年なんて長すぎて待てないというなら、インデックスはやめて他をやればいいだけの話ですが、この場合、「最も効率の良い」というインデックスの利点を捨てることになります。結局、その決断も「何を優先するか?」によります。

(※)投資期間の長さはリスクによる元本割れ確率を下げる効果もありますが、そこは割愛。

 

関連記事:

総資産が5000万円を超えたが、インデックス投資ではすぐに金持ちにはなれないのが実感できる

「インデックス投資が最適な投資法」はなぜ胡散臭く聞こえるのか?

本気で薦めるインデックス投資の本を紹介。投資初心者が道を踏み外さないために。

記事が役に立ったらクリックお願いします↓

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

-資産運用

執筆者:

関連記事

暴落時でもS&P500を20万円分定期積立 ww

  S&P500は10%暴落後に、3%上がったり下がったり。。。動きが全然読めません ww 私は方針を貫き、インデックス・ファンドをひたすら定期積立です。コロナによる市場の混乱はフル …

生涯年収を見積もって改めて感じる投資の必要性

  チャンドラです。   自分の生涯年収を見積もると、改めて投資の必要性を感じます。     老後資金は足りるか?   私の現在の年収は約650万です …

投資を始めて分かったのは「投資の勉強は時間のムダ」ってこと。

  私が投資を始めたのが約3年前。 投資関係の本は色々読みましたが、結局分かったのは投資の勉強に時間をかけるのは”ほぼ”ムダってこと。 投資を勉強する理由は何かと言え …

自立していない年寄りが証券会社に騙される。問題の根底は丸投げ精神だろう。

  私が子供のころ、周りの大人からは「自立した人間になれ」と口酸っぱく言われてきました。 簡単に言えば、自分で金を稼ぎ、自分の問題は自分で解決し、親の援助を受けずとも独り立ちして生きていけっ …

インデックス長期ホールドを推奨するならその通りやれよと。途中でやめたらダメでしょ?

  株式投資初心者ならインデックス投資。 個別株は値動きが激しくて心理的に耐えられないからインデックス投資。 株の才能がないと自覚している人はインデックスが無難。 投資の天才バフェットはS& …

チャンドラです。

都内在住の30代サラリーマンです。このブログではインデックス投資の利点、運用成績、運用シミュレーションや金融工学の記事を公開していきます。

自己紹介は:こちら

お問い合わせは:こちら


にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ