資産運用

理想の株価の上がり方は?サラリーマン視点から

投稿日:




 

株価は上がる日もあれば下がる日もあります。これは自明でしょう。株価が30年間ずーっと上がり続けることないし、ずーっと下がり続けることもない。そしてずーっと一定であり続けることはありません。

投資家が株価(株式指数)をコントロールすることなぞ、できません。もちろん莫大な資金をもった投資ファンドなどが大量の資金を注入して、株価に影響を与えることはあるかもしれませんが、数百万円、数千万円の資金しかない個人投資家の売買なんて指数に0.0000000001%しか影響を与えないでしょう。

そんなコントロール不能な白鯨である株式市場ですが、いったいどんな動きをしてほしいか、想像することはできます。つまり、30年間投資を続けるとして、どんなふうに指数が動いてくれれば、資産を増やすことができるか?ということです。

 

Sponsored Link



 

 

株価が毎年10%のリターンで上昇し続けるとします。これはあり得ないでしょう。何故なら毎年リターンが一定と言うことはリスクがゼロということです。株式指数がこんな動きをしたら、インデックスファンドはもはや無リスク資産になってしまいます。

毎年10%とはいわずとも、ほぼ「単調増加」で上昇し続ける場合。S&P500だと2009年~2018年の動き。これだと2009年に一括で投資しておけば、2018年に資産は3~4倍になっていました。ただしこの単調増加的な上昇は、サラリーマンにとっては美味しくない増加の仕方なんです。

私のような社畜サラリーマンにとって理想的な指数の動きは、後半でグッと上昇するような動きなんです。S&P500でいうと、1990年以前から2000年までのような動き。私はこのカーブが大好きなんです ww

何故かと言うと、サラリーマンは給与の一部を投資にまわす積立投資スタイルの人が多いからです。投資1年目にボンっと1千万投資できる人はそうそういないでしょう。ではどうするかというと、生活費を切り詰めたりボーナスの一部をとり崩したりして、毎年100~300万円程度の金を投資する。

株式指数が単調増加するということは、増加のスピードが速いために毎年高値掴みしてしまうのです。一方で後半にグッと指数が上がる場合は、増加のスピードが遅いために、「安値で株を買い続けることができて、最後の投資終了時点で高値で売ることができる」というわけです。いわずもがな、一番の理想は「29年間株価は一定、30年目に10倍に暴騰」です。

 

Sponsored Link



 

実はもっと理想的な動きもあります。それは積立投資開始したころに暴落し、株価低迷期間を続いたのち、その後上昇を続ける。これだと暴落期間中に株を買い続けることができるので、その後の株価上昇で資産を一気に増やすことができます。

株価の動きに一喜一憂してしまうのは人間の性ですが、資産を大きく築けるかどうかは、その入金方法(一括か積立か)によることは留意すべきです。

積立投資スタイルであれば、投資開始時期に株価が低くて安値で買える期間が長い方が有利なんです。これをおぼえておけば、多少株価が下がれば悲しむどころか喜んで入金し続けることができると思います。

つまりポジティブ・マインドです ww

 

関連記事:

インデックス投資の本はこれだけ読んでおけ ww

 

記事が役に立ったらクリックお願いします↓

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

-資産運用

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

運用益は過去最高に | 社畜の資産を公開 | 2020年8月末

  2020年8月の資産運用状況を公開します。   合計資産:35,588,860円 前月より192万円増加   総資産の推移: 2020年6月:  30,672,031 …

「S&P500はリスク16%・リターン7%」を考える

  米国株式指数S&P500のリスクは16%、リターンは7%と聞いて何を思うか。細かい数字はさておき、過去の株式指数のリスクとリターンの値を聞いたとき、これを鵜呑みにして将来の指数の …

株価暴落でもドルコスト平均法で投資継続。そして夜は爆睡 ww

  米国S&P500指数は2,200ポイントと2,600の間をダラダラ行ったり来たり。失業保険申請数が過去最高を記録したことから2番底が来るとか来ないとか言われています。 突然の暴落 …

「DIE WITH ZERO ゼロで死ね。」読んだけど、金使うよりインデックス投資でよくないか?

  経済学者が絶賛した本だそうです。「DIE WITH ZERO ゼロで死ね。」 要は「年齢によって出来ることは限られるのだから、若いうちは節約ばっかりせずに若いうちにしかできないことにしっ …

この上昇相場でハイテク株を買えない愚鈍 ww

  好調なハイテク株に引きずられて米国株式指数は絶好調。S&P500もナスダックも過去最高値を更新。止まる気配がありません。どうせならハイテクに特化したQQQに投資してみたい気にもな …


チャンドラです。

都内在住の30代前半サラリーマンです。6年間で貯めた2000万円を元手にインデックス投資を始めました。このブログでは資産運用の方針、運用成績、家計簿、節約生活を赤裸々に公開しています。

メディアインタビュー記事:こちら

投資運用成績は:こちら

投資を始めた理由は:こちら

お問い合わせは:こちら


にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ