社畜

【名言】人がどんな人間か知りたければ本棚を見れば分かる。

投稿日:




 

人がどんな人間か知りたければ本棚を見れば分かる。

何かの本に書いてあったのですが、その人間がどんな人間かはその人の本棚を見ればある程度分かるそうです。

私の経験に基づくと、この言葉は結構正しいなと思っています。

もちろん相手の人間性が100%分かることはないですが、ある程度「掴める」という範囲においてです。

人間って、皆それぞれ「人にどう見られたいか」という思いがあるので、真の人間性を出さないようにして振舞うことが多いんです。

異性によく見られたいとか、部下に威厳があるように見られたい、というのが一例。だから本当の「人間性」っていうのは他人から見えにくいんですね。

でも、そんな表面的には表れにくい人間性をどこで見つけるのかと言えば、それは彼の本棚に並んだ本だと思うんですよ。なぜなら彼の人格を形成するのは読んできた本の寄与が大きいから。

Sponsored Link



 

私の経験だと、例えば普段チャラそうだけど時々深みのあるイイ事言う友人がいるのですが、彼の家に行ってみると、予想通りというか岩波文庫とか並んでいて、「ああ、こいつはチャラそうだけど難しい本読んでるんだな」と。

他にもクソ怖いけど、腹を割って話すと人情深い上司がいるんですが、人材育成系の本とかたくさん読んでて、色々悩んでいるんだなぁということもありました。(別に怖くする必要なくね?とも思うが ww)

じゃあ逆に本を全く読んでない人間はどうかといえば、あくまで私の経験からいうと2つのタイプに分かれます。

1つ目のタイプ。教養ゼロ。とにかく知識がない。考えも発言も浅い。

2つ目のタイプ。とにかく社交的で人と話して知識をつけていく。本の虫とは正反対で、なんというか学問的な知識よりも実用的な知識をどんどんつけて身に付けていく世渡り上手なイメージ。

まあ、本を読めばいいってもんではないのですが、そもそも他人がどんな人間か?何に関心を持つのか?は本棚見ればある程度つかめると思いますよ。

ちなみにSNSとかの書評は良い恰好を見せるために意識高い本だけ紹介してる可能性があるので、あまり当てにならないと思いますね。

私もブログでたまに本は紹介してますが低俗な本も読むけど紹介してないし ww

だから人の「本」ではなくて「本棚」を見るべきなんですよ。

 

関連記事:

【本気で薦める】インデックス投資の本はこれだけ読んでおけ ww

真に「人生を変えた本」とは読後に行動が変わった本。そんな本を厳選して4冊紹介。

Twitterでブログ記事の更新通知を受け取れます:

 

記事が役に立ったらクリックお願いします↓

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

-社畜

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【恐怖】「私の部屋を貸すわよ」と交渉してきた謎のバアさん

  私が社会人になったころは会社の社宅に住んでいました。 私は地方出身なので土地勘もなく、上京してきた当時は土地勘を養うために社宅の周りをウロウロしていたのですね。   ある日、社 …

ビジネスホテル部屋飲みはハマるぞ ww

  あるYoutuberが出張先のビジネスホテルの部屋にビールとか食材を買い入れて一人で飲んでいるのを見て、これいいな ww と思ってやってみたのですが、すごくよかった。これはタマらん ww …

社畜と中華人民共和国

  ※長文です 私が小学生だったころ、海外の国といえば米国だった。ハリウッド映画、マクドナルド、ナイキ、戦争、原爆。良い面・悪い面あろうが、海外と聞いて真っ先に思い浮かぶのは、アメリカ。日本 …

「は?もっとリスクとれよ、金払ってんだからさぁ」と恫喝された話。怖いよぉー ww

  私はブログ記事で頻繁に「リスクとは何ぞや?」的なことを書いてます。 その理由は社会人になってから「リスクってなんだろう。どうやってリスクに対応すればいいのだろう」と考えることが多いから。 …

人生初のボキボキ整体に行った結果 ww

  体をボキボキ鳴らす整体ってあるじゃないですか? Youtubeでボキボキ整体って検索すると動画がたくさん出てきます。首や腰をボキボキ鳴らすやつです。 私は肩こりがひどくて一回やってみたい …


チャンドラです。

都内在住の30代前半サラリーマンです。このブログではインデックス投資の利点、運用成績、運用シミュレーションや金融工学の記事を公開していきます。

メディアインタビュー記事:こちら

投資運用成績は:こちら

投資を始めた理由は:こちら

お問い合わせは:こちら


にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ