未分類 資産運用

若けりゃ株100%・債券ゼロで大丈夫だろう。人的資本を考慮すれば。

投稿日:2022年10月15日 更新日:




 

年齢が若いほどポートフォリオにリスクが高い資産、つまり株の比率を高めた方がよいと言われています。

この根拠が人的資本です。自分の資産を計算するときに、現金や株式の評価額だけを見るのではなく、将来の収入を現在価値に割り引いた額も資産として計上します。すると、この人的資本の割合が大きく株の割合が小さくなります。

こんなケースを考えます。

(1) 毎月4万円を株式に投資して年利4%で運用する。(リスクは未考慮)

(2) 25歳~65歳まで40年間投資を継続。仕事もやめない。

金融資産は時間がたつにつれて増えていきます。

問題は人的資本です。ここで人的資本は、「サラリーマンが月の手取りから生活費を引いて残った4万円を年利4%で運用して、65歳時点の資産を現在価値で割り引いた額」です。割引額は4%なので、25歳時点では約1000万円。時間とともに減少し、65歳でゼロになります。

これを見てわかる通り、若い時は人的資本の割合が大きい点。35歳時点での人的資本の割合は60%近くあります。

35歳時点で株式で600万円運用していることになりますが、この人のポートフォリオは株式100%にみえて実はそうではない。人的資本を考慮すればポートフォリオにおける株式の割合は40%程度しかない。

日本の会社は賃金が大きく変動する可能性は小さいです。すると人的資本は安定するので、債券とみなすことも可能。これが若けりゃ株100%まで攻めてもよいと考える理由です。

人的資本が債券の役割を果たしているから、わざわざポートフォリオに債券を加える必要性は乏しいともいえます。

ちなみに私のポートフォリオは債券ゼロです。

関連記事:

サラリーマンなんて株式投資に比べれば全然リスクとってないな

ふざけたサラリーマン・ディスりはもうやめてくれ。腹が痛くなるわ。

はい?減るってレベルじゃねーぞ | 2022年9月末の資産

記事が役に立ったらクリックお願いします↓

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

-未分類, 資産運用

執筆者:

関連記事

バリュー平均法の面倒くささ

  バリュー平均法について質問を頂きました。 はじめまして。最近インデックス投資を始めた者です。大変素晴らしいブログで、感謝しております。特にライフサイクル投資術の現在価値の計算をとりいれた …

グローバル3倍3分法ファンドの評価。シャープレシオは高いが私なら買わないな ww

  グローバル3倍3分法ファンド。 そういうファンドがあることは知っていましたが、私は3倍レバレッジという時点で却下というスタンスなので、今まで中身を真面目に見たことはありませんでした。(却 …

総資産は大人の成績通知表だ!

  チャンドラです。   BRUTUSという雑誌に「預金通帳は大人の通知表」という題名の記事を見つけました。とても参考になったので一部だけ抜粋します。 社会に出ると学生時代のように …

平均的なサラリーマンの生涯貯金額とライフサイクル投資

  私が名著だと思っている「ライフサイクル投資術」は、今手元にある現金をベースに株式比率を計算するのではなく、生涯の貯金額をベースに株式比率を計算しろと説いています。 例えば30歳で手元に5 …

毎月配当金10万もらうより副業で10万もらう方がはるかに良い。

  配当金を月10万もらうか副業で月10万もらうか? 過去記事で書いたように配当金狙いで高配当投資は税金抜かれる点で問題外というのが個人的な考えです。そして配当金10万か副業で10万かといえ …

チャンドラです。

都内在住の30代サラリーマンです。このブログではインデックス投資の利点、運用成績、運用シミュレーションや金融工学の記事を公開していきます。

自己紹介は:こちら

お問い合わせは:こちら


にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ