資産運用

資産を増やすには「考え方」を変えるしかない。預金➡インデックス➡レバレッジ

投稿日:2021年9月18日 更新日:




 

マネーの虎のある回で、ノーマネーでフィニッシュとなったクソ生意気な挑戦者と堀之内社長のやりとり。

堀之内「世の中にいっぱい金持ちになりたがっている人がいるよね。なれる人となれない人がいるよね。なんでだろうね。」

挑戦者「努力って答えが、いちばん適格だと思うんですけど。」

堀之内「違うんだよなー。」

挑戦者「・・・じゃあ何ですか?」

堀之内「考え方です。考え方。努力なんてしなくていい。考え方さえ変えれば、お金ってのはね、儲かる。」

マネーの虎もすでに終了して、その後堀之内社長も事業に失敗して倒産したらしいんですが、このときの挑戦者とのやりとりが一番印象に残っているんです。

マネーの虎は動画サイトにもたくさん挙がっていてどの回もメチャクチャ面白いんですが、今回の挑戦者と堀之内社長のやりとりが一番印象に残る。

Sponsored Link



 

考え方を変える。

考え方を変える、とはこれまで「やってきたこと」をこれまで「やってこなかったこと、やろうと思わなかったこと」に変えるということ。

資産運用の観点でいえば、「金を無リスクの銀行預金にぶちこむ」の代わりに「リスク資産にぶちこむ」のも、考え方を変えた結果だといえます。

私がやった「考え方を変える」というのはまさにコレで、無リスク資産でチミチミ運用しても資産は増やせないということで、インデックス投資を始めたんですね。

当然ながらリスク資産にはリスクがあるので、自分のリスク許容度にあったのを選んだ結果が、インデックス投資だったのですが。

で、「ウォール街のランダムウォーカー」なり「株式投資の未来」を読む前に必要だったのが、「銀行預金」→ 「リスク資産での運用」という方針の大変更が必要だったわけで、

それがどうやって行えたかは「考え方を変える」だったんです。

ふつうのインデックス投資からさらにリスクを取って高リターンを狙いたいならレバレッジをかければいいのですが、この「レバレッジをかける」というのも「考え方を変える」と言えそうです。

投資した金額以上の金を運用する、というのも方針の大変更なので。(個人的にはリスク許容度を超える投資なのでやりませんが。)

 

考え方を変えるのは容易ではないんですが、やはり本読むなり人の話をきくなりしてアンテナを張って「きっかけ」を掴むのが大事だと思います。

私は金銭に関する人の話はほとんど信用しないので、本、しかも古典がおススメ。やはり「ウォール街のランダム・ウォーカー」や「投資の大原則」に行きつくのですが ww

そういえば堀之内社長はこのあと破産してたな・・・。

 

【本気で薦める】インデックス投資の本はこれだけ読んでおけ ww

自分のリスク許容度を知るための相対的リスク回避度の計算方法。

記事が役に立ったらクリックお願いします↓

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

-資産運用

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

米国高配当・配当再投資戦略とインデックス投資を比較した

    株式投資の選択肢として高配当株式に投資し、配当を再投資するという戦略があります。 例えばエクソン・モービルやAT&T、コカ・コーラなどの米国高配当銘柄は長期間にわた …

平均的な上場企業社員が年利5%で運用した結果 ww 2000万円いくか?

  上場企業の社員の平均年収は613万円です。平均的な上場企業の正社員が年利5%で運用した場合、資産をどれだけ増やせるかを計算しました。   モデルケースとして愛知県の平均年収61 …

GAFAMを除いたS&P495のパフォーマンス

  S&P500からGAFAM (Google, Amazon, Facebook, Apple, Microsoft)を除いた残りの495銘柄からなる指数 (S&P495) …

絶対に資産額が見れないネット証券 ww

  以前に何かの記事で、資産運用で最も高いリターンをあげた人たちを調査した結果、亡くなった人のリターンが最も高かったとかいう結果が出ていた記憶があります。 ポートフォリオを見ていませんが、想 …

【レビュー】ライフサイクル投資術を図解しながら読み解いていく

  株式投資で一番楽なのは間違いなくドルコスト平均法です。ドルコスト平均法は定期的に株式を一定金額で取得し続ける手法なので、株式を高値掴みするリスクを減らすことができます。これが時間分散です …

チャンドラです。

都内在住の30代サラリーマンです。このブログではインデックス投資の利点、運用成績、運用シミュレーションや金融工学の記事を公開していきます。

自己紹介は:こちら

お問い合わせは:こちら


にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ