資産運用

他人の金を運用するのと自分の金を運用するのは違う

投稿日:2020年5月18日 更新日:

 




 

私は投資を開始してから一貫してインデック投資を続けている。個別株やレバレッジ型ETFに浮気をしたことはない。

こんなケースを考えてみる。もしも私の親戚や極めて親しい友人が、「資産運用をやってみたいけど全然詳しくないんだよね。チャンドラってなんか投資やってるらしいね。お金預けるから代わりに運用してくれない?運用して利益がでたら少しはチャンドラにあげるし。その代わり利益が少なかったり損してたら口出すかもね。運用成績は毎年決まった時期に報告してよね。じゃあ、よろしく。」

現実の私は間違いなく断る。なぜなら他人の金を運用するなんて責任が重すぎるし、金に関してゴタゴタが起きたらたとえ親しい人でも縁が切れるからだ。では仮に私が利益目的でその人たちの代わりに運用することを承諾したとする。たぶん私は、その人たちのお金を自分がいいと思っているS&P500に投資すると思う。(S&P500なら何も私に預けなくても自分で投資すればいいわけだが、その人たちは投資の仕方を全然知らないので完全に私に任せるとする。)

私が他人(投資家)の金を運用し始めて1年後、リターンを報告する。今年1年のリターンは2%でした。ある投資家はこう言う。「2%か。まあそんなもんかな。でも来年はもっと高いリターンが欲しいな。もっと攻めた投資をしてほしいよ。」別の投資かはこう言う。「なんか思ったよりリターン少なくない?てかAmazonとかの成長する株に投資しておけばもっとリターン高いんじゃないの?」ここで私の心が揺れ動く。「自分から金預けるとか言い出したくせに文句ばっか言ってきて面倒くさいな。もう金返したいけど、いまさら運用やめますって言いにくいしな。でもこいつらに投資金額引き上げられても困るしな。今期はハイテク株の比率をあげるか。」

 

Sponsored Link



 

 

他人の金を運用するのと自分の金を運用することの違い。それは他人の顔を窺う必要がでてくるという点だ。他人の金を運用して結果が出せなければ、このファンドは運用能力がないと判断されてそのお金が引き上げられるかもしれないから。

そう考えるとバークシャー・ハサウェーとかソフトバンク・ビジョンファンドとかのファンドは、そのポートフォリオが必ずしもウォーレン・バフェットや孫正義が心の底から望んでいるポートフォリオだとは言えないのかもしれない。もちろんファンドに出資した投資家たちはファンドのビジョンとか投資方針とかファンドマネージャーの人間的魅力に引かれて金を出しているわけだが、同時に金を引き上げたり口を出したりする権利も持ち合わせている。だから、多かれ少なかれ、ファンドマネージャーの意思決定には、他人の顔を窺う要素が入ってくると思う。

そう考えると、他人の金で運用しているファンドのポートフォリオを参考にするのではなく、優秀な投資家が「自分の金で」投資しているファンドの方を参考にするべきだろう。そんなの知る方法を知らないが、バフェットは自分の妻にS&P500への投資を勧めたそうなので、結局S&P500に投資しておけばいいのではないかと思う。

 

こちらからランキングに戻れます↓

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

-資産運用

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

今週も増えまくり ww | 運用成績 | 2020年10月第2週

  今週のインデックス投資運用成績を公開します。   今週の積立金額:30万円 積立総額:2,805万円 評価額:3,209万円 先週の損益:+325万円(+10.4%) 今週の損 …

投資やるなら「投資の大原則 人生を豊かにするヒント」だけ読んでおけばよくないか

  バートン・マルキルとチャールズ・エリス共著の「投資の大原則 人生を豊かにするヒント」を図書館で発見したので読んでみたのですが、確信しましたよ。 長期投資するなら、もうこの1冊だけ読んでお …

本多静六「私の生活流儀」| お金は人を測る尺度

チャンドラです。   以前、本田静六氏の「私の財産告白」紹介しました。 本多氏は日本の林学博士で、苦労して東大教授になった後、巨万の富を築きました。自己啓発系の本としてはかなり有名な本なので …

何故若けりゃリスクとって投資できるのか?人的資本=債券 という考え方。

  前回の続き。 若いうちはリスク取ってリスク高めの投資を推奨される場合があります。 例えばリスク資産の割合を(100-年齢)%にしろという有名なルール。このルールに従うなら20歳でリスク資 …

マスコミの切り取り報道とデータの平均値は似てるな ww 平均値は「ある一面」に過ぎないんだからッッ!

  最近、統計の専門家の話を聞く機会があったんです。 確率・統計の基本的な説明だったのですが、そこで非常にイイ事を言ってたんです。それは何かというと、 「あるデータの平均値ってのは、そのデー …

チャンドラです。

都内在住の30代サラリーマンです。このブログではインデックス投資の利点、運用成績、運用シミュレーションや金融工学の記事を公開していきます。

自己紹介は:こちら

お問い合わせは:こちら


にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ