社畜

会社にいる誰からも批判されにくい人は、なぜ批判されないのか?

投稿日:




 

仕事をやっていると興味深い人に出くわします。なぜか誰からも批判されない人

仕事というのは共同作業でやるものなので、誰かの作業が遅れたり品質が悪かったりすると、その人は批判されたりするものです。ところが不思議なことに、批判されにくい人が存在する。

私の知る限り数人いるのですが、そういう人たちの特徴を挙げてみるとこんな感じ。

(1) 見た目が怖い。もしくは発言に威圧感があってドスが聞いている。怒らせたら怖そう。

(2) 仕事をしっかりやっているし成果を出している。加えてそれをアピールするのが上手い。

(3) 他人の作業の遅れや品質の悪さをゴリゴリ攻める。

(1)~(3)はセットです。全て揃うことで他人から批判されにくい人間が出来ます。

 

Sponsored Link



 

(1)は明解でしょう。そもそも怖そうなら他人から批判されにくい。(2)も頷けます。そもそも普段からしっかり成果を出しているので、たまに少し失敗するくらいなら批判されにくい。(3)は(1)と類似ですがより怖そうとか仕事に厳しいという印象を相手に与えやすいので、批判されにくい雰囲気を与える。

ちなみに私の知り合いで、(1)~(3)を満たした人のことを知らずに突撃した不幸な人がいたのですが、「殺すぞ」と一括されて泣きを見た人がいました。私は無関係ですがマジビビりしていました ww

相手から批判されにくい人を分析してみましたが、ここから逆に相手から批判されやすい人はどんな人かが分かります。どちらかというとこっちの方に興味がある人が多いかもしれません。物事に動じないためのハウツー本とかが売れていますし。

(1)~(3)の逆を考えればいいのです。(1)の逆は見た目が優しそうで言葉遣いも穏やか。(2)の逆は普段からミスが多い。(3)の逆は相手のミスをハッキリと指摘できない。

(1)~(3)が揃う人は要注意かもしれません。優しくて穏やで相手のミスを許せる寛大なのは魅力的な性格ですが、ビジネスの場では相手から攻め込まれやすいと言えます。

だって職場って優しい人ばかりではないですからね。職場で鬱になってしまう人がいますが、こういう要素を備えた人が多いのかもしれません。

 

記事が役に立ったらクリックお願いします↓

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

-社畜

執筆者:


  1. アバター hachi より:

    批判されやすい人の後者に当てはまります( ;∀;)ミスは相当少ないですが1と3が…(笑)
    残念ながら今更怖さは手に入りません。

    • chandra11 chandra11 より:

      コメントありがとうございます。怖さはなかなか手に入りませんよね。。。

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

あると便利な年収・手取り早見表はこれ

  ちょうど今月の給与明細を見ていて気が付いたのですが、住民税が激上がりしているぜいで、手取りが全然増えません。 今年は少しばかり昇給したので手取りが増えるかと思いきや、それと全く同じペース …

ドコモのアハモフック ww 情弱は「窓口で相談」の意味を考えるべきでは。

  NTTドコモが格安プラン「ahamo(アハモ)」で客を勧誘したうえで、高額な大容量プランに誘導していたそうですが。。。東洋経済の記事から引用。 携帯電話大手のNTTドコモは3月26日、格 …

優秀な人材が転職していく会社の利益はどんどん下がると思うな ww

  私が今の会社に入社して以来、多くの人が転職していくのを見てきました。私の同年代なら半分近くが辞めたかな。 どんな人が辞めているか?感覚的ですが、転職した人のうち優秀な人と普通の人の割合は …

「めんどくさい人を一発で黙らせる天才的な質問」が使えねぇ ww 私がもっと効果的な方法を教える。

  プレジデントでこんな記事が出ていたんですよ。タイトルは、 会議で重箱の隅をつつく「めんどくさい人」を一発で黙らせる天才的な質問 これを見たとき「おおっ!」と思ったんです。確かに会社で会議 …

スピード重視の社員とクオリティ重視の社員を隣同士で座らせれば最強らしい ww

  生産性を高めたければ座席の配置を見直しなさいという記事からの引用。 働き手のパフォーマンスを上げるために、雇用主は報償やインセンティブ、教育や研修などにしばしば投資する。こうした昔ながら …


チャンドラです。

都内在住の30代前半サラリーマンです。このブログではインデックス投資の利点、運用成績、運用シミュレーションや金融工学の記事を公開していきます。

メディアインタビュー記事:こちら

投資運用成績は:こちら

投資を始めた理由は:こちら

お問い合わせは:こちら


にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ