資産運用

この上昇相場でハイテク株を買えない愚鈍 ww

投稿日:




 

好調なハイテク株に引きずられて米国株式指数は絶好調。S&P500もナスダックも過去最高値を更新。止まる気配がありません。どうせならハイテクに特化したQQQに投資してみたい気にもなります。またはレバレッジETFにも。

いやいや、待て待てと。初心を忘れてはいけません。

 

全然話が変わりますが、あなたが道を歩いていて、横断歩道で歩行者信号が赤の時ってどうしますか?もちろん信号が青に変わるのを待つでしょう。

では車が全然来る気配がなくて、横にいるオッサンが赤信号なのに渡りだしたら?赤信号は「止まれ」だと分かっていてはいても、オッサンに吊られて渡ってしまいそうです。だって車が全然来ないんだから。馬鹿正直に青に変わるのを待つのは時間の無駄でしょう。

これって、なんだか投資スタイルに似てると思うんですよね。どんな状況でも自分の投資スタイルを貫くのか?それとも状況に応じてスタイルを変えるのか?

これって、なんだか投資スタイルに似てると思います。どんな状況でも自分の投資スタイルを貫くのか?それとも状況に応じてスタイルを変えるのか?

車が来る気配がないのに馬鹿正直に信号が青に変わるのをひたすら待つ。これはルールを守り続けるという観点で、「決めた投資方法を変えずに貫き通す」と同じです。

一方で、車が来ないなら信号が変わるのを待たずとも渡ってしまえばいいではないか。ルールはルールだが馬鹿正直に従うのは要領が悪い証拠だ。臨機応変に対応してこそ時間を効率に使う秘訣だ。これは、「状況に応じて投資スタイルを変える」に対応しますね。

 

Sponsored Link



 

 

私の投資スタイルは「何があってもS&P500のインデックス・ファンドへの投資を貫き通す」です。これは「赤信号では絶対に止まる」と同じです。

いや、別に他のファンドにも手を出してみればいいじゃないか、とも言えるのですが、それができないんですよね。私が愛読する「投資の大原則」の金言、

市場全体に対するコストの低い「インデックス・ファンド」を資産タイプごとに選ぶことで分散を図る。自分の決めた投資方法を守り、市場の値上がりや値下げは気にかけない。

を額に飾ってしまった以上、これを変更することはできないんです。そこにはルールを破ったがために起きる損失が怖い、という気持ちがあるのです。赤信号では止まるというルールを破った結果、そのルール破りが習慣化し、ある日猛スピードで走ってきたトラックに轢き殺される。それが怖いんです。

まあ、ハイテクが好調ならナスダックには劣れどもS&P500も上昇するわけです。つまり、この上昇相場でナスダックに投資しないことによる機会損失は、ナスダックの上昇分とS&P500の差分だけでしょう。つまり莫大な損失というわけではない。

ハイテクに偏ったポートフォリオで冒険していつかトラックで轢き殺されるのなら、やはりこれまで通り分散が効いたS&P500で貫き通す方がいいな、と思うわけです。

いつか他セクターが息を吹き返す日を楽しみにしたいですしね。

と、ここまで書いて予約投稿していたのですが、昨ナスダックが5%下げましたね。怖い怖いww

 

「投資の大原則 人生を豊かにするヒント」だけ読んでおけばよくないか ww

再掲。

市場全体に対するコストの低い「インデックス・ファンド」を資産タイプごとに選ぶことで分散を図る。自分の決めた投資方法を守り、市場の値上がりや値下げは気にかけない。

 

記事が役に立ったらクリックお願いします↓

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

-資産運用

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

インデックスファンドより成績が劣るアクティブファンドは恥ではないか?

  日経平均株価や米国S&P500などの指数に連動するように運用されるのがインデックス・ファンド。それに対して、ファンドマネージャーが投資する銘柄やその割合を決定して運用するファンド …

米国情報技術セクターは2年連続トップをとるか?

  2007年以降のセクター別パフォーマンスを見ていると、どうも情報技術セクターとエネルギーセクターのリターンは負の相関関係があるように見えます。 つまり、情報技術セクターのリターンが高いと …

情弱は高いポケットWifiを買わされる ww 横着せず他社と比較しないと負けです。

  情弱って私のことです 😢 私は家でポケットWifiを使っているんですが、月額料金が5,400円もするんですよ。クッソ高い。某家電量販店で契約したやつです。 2年前に契約し …

学校では投資の教育を受けられない

  チャンドラです。   「金持ち父さん 貧乏父さん」で有名なロバート・キヨサキ氏は「大金持ちの陰謀」という本で興味深いことを述べています。 キヨサキ氏は米国において、学校でお金の …

朝起きたら40万円マイナス | 対中関税第4弾

  チャンドラです。   トランプ大統領がまたやってくれました。今年9月に中国からの輸入品のうち、これまで制裁対象外としていた約32兆円分の品目に対して10%の関税を課すと表明した …


チャンドラです。

都内在住の30代前半サラリーマンです。このブログではインデックス投資の利点、運用成績、運用シミュレーションや金融工学の記事を公開していきます。

メディアインタビュー記事:こちら

投資運用成績は:こちら

投資を始めた理由は:こちら

お問い合わせは:こちら


にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ