資産運用

長期投資では問題外の高配当投資。株価下落・減配・税金。

投稿日:




 

トウシルの記事から引用。

まず皆さんにしっかり理解していただきたい重要な点があります。それは、「配当利回りが高い=オトク」では決してないということです。・・・

これは配当金についても同じことで、「配当利回りが5%もあってオトクだ!」ではなく、「なぜ配当利回りが5%もあるのに、株価が上昇しないのか?」と疑問に思わなければなりません。

もし配当利回りが5%あり、その利回りが今後もずっと続くという株があれば、それは極めて有利な投資対象になります。特に昨今の超低金利の状況なら、配当利回りが2.5%程度になるまで、つまり株価が今の2倍になるくらい買われても、おかしくはありません。

ところが、配当利回りが5%を超える銘柄の中には、逆に株価が下がり続けているようなものも珍しくありません。もしも今後ずっと、5%の配当利回りが確保できるのなら、株価が下がり続ける…ことはないはずです。

要は、配当利回りが5%を超えているような銘柄は、「将来、業績悪化などで配当金が減らされるリスクが高い」とプロ投資家は見ているわけです。

・・・

配当利回りがかなり高い銘柄に投資する場合、失敗するとダブルパンチのダメージを受けてしまう可能性が高いので、十分注意してください。

なぜなら、配当利回りが高い銘柄は、大きな額の配当金を受け取れることが魅力となって株価が形成されています。

そうした状況で、業績悪化により配当金が減らされると、まず業績悪化により株が売られ、さらに配当金が減らされることで株が売られるという二重のダメージを受けることになってしまうのです。

 

Sponsored Link



 

高配当株投資に関する私の考えは、若い頃の資産形成時期にやるのは問題外、引退して配当金生活するのならまだOK。

そもそも高配当株は成長しにくいわけで、成長しにくいからこそ高い配当を出しているわけです。

いやいや成長しなくたって配当が4%出れば4%成長と同じでしょ?というのは当然ながら正しくありません。配当金を受領すればそこには20%の税金がかかるから。

下のグラフは、毎年4%成長する株、配当4%の株に再投資、配当4%の株に再投資なしを比較したもの。

配当株はゼロ成長と仮定している点で少し恣意的なのは脇に置くとして、税金引かれたらこんなに損するのがよく分かります。

年平均4%程度の成長が見込めるインデックス投資でも現金化すれば税金はかかります。

ただしインデックスの場合は、途中で現金化しなければ税金はかからないので複利効果を活かせます。

資産形成時期は現金化せずにひたすら積立てていくべき。だから資産増加分 (=配当)に課税される高配当株への投資は長期投資に向かないと思うのです。

あとは、減配リスクもありますね。

全然いいところないな・・・。

 

関連記事:

高配当株かグロース株どちらに投資するかはIRRを比較するべし

 

記事が役に立ったらクリックお願いします↓

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

-資産運用

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【驚愕】米国S&P500のリターンが示すサイクル。上がれば下がる市場のリズム。

    株価は面白いように上昇し続けるときもあれば、悲しいほど下がり続けることもあります。 過去の実績を分析するとS&P500は年間平均リターンが7%。だからS&P …

2019年7月の資産公開 | 2658万円(189万円増加)

  チャンドラです。   2019年7月の資産運用状況を公開します。 合計資産は26,580,492円で前月より189万円増加しました。   履歴: 2019年1月の資産 …

米国株に投資する理由は米国人の株式保有比率が高いから!

  チャンドラです。   私はアメリカの代表的な株式指数S&P500に連動するインデックス・ファンドに積立投資をしています。 過去の歴史をみると、米国株は一時的な暴落を経験 …

WealthNaviはリスク許容度をどのように決めているのか?を分析する。

  前回からの続き: WealthNaviの特徴は個人に最適なポートフォリオを組んでくれる点です。最適とは何ぞや?といえば2点あって、 (1) シャープレシオ (リターンをリスクで割ったもの …

資産運用のネット記事のコメント欄はたいてい荒れる

    ネットには資産運用の記事が多い。私も資産運用のブログを書いているためか、Google newsのトップのところに資産運用関連の記事を勝手に表示してくれる。 そして資産運用の …

チャンドラです。

都内在住の30代前半サラリーマンです。このブログではインデックス投資の利点、運用成績、運用シミュレーションや金融工学の記事を公開していきます。

メディアインタビュー記事:こちら

投資運用成績は:こちら

投資を始めた理由は:こちら

お問い合わせは:こちら


にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ