社畜

ハゲが頭皮に針を刺して本当に育毛できるのか?

投稿日:2020年8月3日 更新日:




 

最近Youtubeを見てると、「ハゲはキモくてもてません。そんなハゲのあなたにとっておきの育毛剤があるんです」的な広告がやたらと出てきます。

まあ、私も薄毛になってきましたし、ハゲの方がモテにくいのは事実なんでしょう。私のハゲている友人ですでに結婚した人がいるのですが、「結婚した後ならハゲても問題ない。嫁は見た目なんて気にしないからな」とドヤ顔で言ってましたね ww

 

あまりにハゲはモテないだの、キモイだの広告が多すぎて不快極まりないのですが、ある広告を間違えてクリックしてしまったんですよ。で、出てきたのが「ファーサ」という商品で、ウリがマイクロニードルを使ってる点なんです。下の引用は宣伝文句。

ファーサはマイクロニードルという画びょうの千分の1の小さな針を毛穴と毛の間に入り込ませ育毛成分を直接注入し、なんと!血流と交わる頭皮の角質層にまで浸透させる事ができるんです!

 

Sponsored Link



 

 

で、まず思うのが、マイクロニードルが髪と頭皮の隙間に入り込む、というのが本当かよ wwと。

 

このマイクロニードルの突起の高さはマイクロ (=1/1000ミリ)というからには相当小さいのでしょう。こういう突起が小さいものを髪の毛が薄いところに押し付けて、本当に毛穴に入るとは想像しにくい。

髪の毛の太さは0.1mmなので、このマイクロニードルがついたパッチを頭皮に押し当てたときに髪が挟まっていたら、もうその時点で針は毛穴に届かないはずなんです。

 

そして毛穴の分布。毛穴は1cm2に約70本生えているそうですが、その分布を観察せずにテキトーにパッチをポンと当てるだけで、針が毛穴の位置にピッタリ入るものでしょうか?

針が1cm2当たり1万本とか相当ミッチリ集積していない限り、毛を増やしたいところにポンとあてて、ピンポイントで針が毛穴に入るとは思いにくい

 

あとは毛穴って素人がシャンプーしただけでは、汚れをしっかり取りにくいが故に、不潔になってハゲやすいというのが有力な説だったと思います。つまり普通のシャンプーしただけでは、毛穴に汚れが溜まっている。

ということは仮にいくら針を細くしても、毛穴の汚れが邪魔して針が毛穴に刺さらないと思うんですよね。

 

Sponsored Link



 

確かに毛穴に薬剤を毛根に届ければ毛が生えるというのは説得力があるし、効果もあるのでしょうが、マイクロニードルが髪と毛穴の間に入り込むというのは、ちょっと眉唾ですね。

まあ針が毛穴に刺さろうが刺さるまいが、それは本質ではなくて、結果的に毛が生えればどっちでもいいんですけどね ww

 

記事が役に立ったらクリックお願いします↓

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

-社畜

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

くだらない番組ばかり ww テレビはなくても生きていけますよ。

  私は10年以上前に大学に進学したのですが、実家を出てからテレビを見ることは無くなりました。たまに実家に帰省したり、定食屋で飯食ってるときにテレビを見ることがあるのですが、テレビってくだら …

私は令和のネオ社畜だ ww

  私はブログのタイトルに社畜という言葉を使っています。 私は1つの会社に勤めながら、組織や顧客、上司の意向に振り回されながらも、残業を厭わず働いています。そして日々の少しずつのスキル向上や …

「社会に貢献したい」という青臭さと自己満足 ww

  私もサラリーマンなので会社にコントロールされながら生きていますが、少なくとも小さいながらも何かを成し遂げて、社会に何かを残したいという矜持は持ち続けたいと思っています。そのためには社畜と …

「転職して頂いて結構です」と吐き捨てた人事部 ww

  私の会社では、定期的に若手社員と人事部が意見交換をする機会があります。その場で話し合われる内容は色々あるのですが、その中でもホットな話題は最近の高い離職率と給与体系。まあ毎回話しても結論 …

脱肛して肛門科に行った話(前編) ~ 肛門科に対する考えを改める

    チャンドラです。   昨年私は脱肛しました。脱肛とはイボ痔がお尻の穴から外に飛び出す症状のことです。そして生まれて初めて肛門科という未知の場所に向かいました。私の …


チャンドラです。

都内在住の30代前半サラリーマンです。6年間で貯めた2000万円を元手にインデックス投資を始めました。このブログでは資産運用の方針、運用成績、家計簿、節約生活を赤裸々に公開しています。

メディアインタビュー記事:こちら

投資運用成績は:こちら

投資を始めた理由は:こちら

お問い合わせは:こちら


にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ