資産運用

GPIFの運用収益12兆円 ww そのポートフォリオとは?

投稿日:




 

2020年4月~6月のGPIFの運用収益は12兆円だったそうです。記事から引用。

年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)の4-6月期の運用収益率は8.30%だった。6月末時点の運用資産額は162兆926億円。

GPIFは国民の年金を扱っているのでかなり保守的なポートフォリオを組んでいると思いますが、それにしても収益率8.3%でちゃんと運用益を出しているのは素晴らしいですね。

ちなみにどんなポートフォリオかはホームページに載っています。年金制度や運用について色々詳しいことが載っていて勉強になりますよ。

(1) 運用目標

(2) ポートフォリオ

(3) 運用成績

Sponsored Link



 

まずは運用目標から。

運用目標 = 賃金上昇率 + 1.7%

 

公的年金の収支のバランスは下の通り。収入は(1) 現役世代が納める保険料 (2) 国庫負担 (3) 年金積立金。支出は高齢者に支給する年金。(1)+(2)+(3)が支出とバランスするのですが、少子高齢化が進むと支出が増える。(1)と(2)を増やすと現役世代の負担が大きくなるので、(3) 年金積立金を増やすことで負担を軽減するように頑張る、という感じですね。すでに負担はジワジワ上がっている気がしますが ww

引用:GPIF

(3) 年金積立金を増やすには運用益を上げることが必要。ところで運用益は賃金上昇率より大きくする必要がある。何故なら給付金も賃金っ上昇に連動して増えるから。というわけで年金積立金は賃金上昇率に加えて+αの運用益が必要。この+αを1.7%としている。

ではこの1.7%をどのように決めているかというと、将来必要となる公的年金収入をもとに計算している。下の図によると将来の人口や物価・賃金上昇率を考慮していることが分かりますね。

引用:GPIF

次はポートフォリオを見てみましょう。ポートフォリオは下の通り。株式が50%占めているのでなかなか攻めたポートフォリオですね。

引用:GPIF

このポートフォリオをどのように決定しているかは各投資対象のリターン・リスク・相関係数と運用目標1.7%をもとに決めているようですね。

報告書を読むと専門家が色々なケースを考えながら難しい計算を色々やっているのが読み取れます。素人には全く分かりません ww

ちなみに私がよくあそんでいるmyIndexでポートフォリオのリスク・リターン計算ができます。やってみたところ下のような結果になりました。

引用: myIndex

では実際の運用成績を見てみましょう。GPIFの過去20年間の収益率は3.23%。myindexのだいたい一致しています。運用で損失出せば多くの高齢者が路頭に迷うというプレッシャーの中、3%以上の運用益を出しているというのはなかなかスゴイことだと思いますね。GPIFに感謝です。

というわけで色々見てきましたが、まとめると:

運用目標 = 賃金上昇率 + 1.7%

ポートフォリオは国株:国債:外株:外債 = 25:35:25:15

収益率は3.2%

将来年金を給付される人間として、これぐらいは覚えておきましょう。

 

各投資対象のリターン・リスク・相関係数・運用目標からポートフォリオを決める基礎的な考え方は「ファイナンス理論入門」にメチャクチャ分かりやすく書いています。これまでファイナンスの本は色々読みましたが、これが一番分かりやすかったです。参考書籍として紹介しておきます。

記事が役に立ったらクリックお願いします↓

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

-資産運用

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

世界各国のPER・PBR・株式時価総額 | 2019年3月

  チャンドラです。   2019年3月の世界各国のPER・PBR・株式時価総額を紹介します。ソースはmyindexです。 PER(株価収益率)とPBR(株価純資産倍率)は、株価が …

個人年金保険の年利はいくら? | 節税とクレカポイント込み | ニッセイ みらいのカタチの場合

  チャンドラです。   保険会社から加入を勧められる個人年金保険ですが、保険会社の営業おばちゃんは年利を教えてくれません。何故なら年利が低すぎることを分かっているからです。 私が …

自分で決められる資産運用は素晴らしい。誰からも制約されない自由があるから。

  サラリーマンが会社で意思決定しようとすれば、そこでは様々な壁が立ちはだかります。 こんなものを新しく買ってオフィスに配備しようと提案しても、相手に費用対効果が理解されなければ採用されませ …

「好きな企業に投資する」が見落としている致命的な点。

  好きな企業に投資するというのは何だか正しそうに聞こえて致命的な点を見落としていると思います。 とりあえず私が好きな企業を挙げてみましょうか。「好き」の定義は「日頃その企業のサービスをよく …

ウォーターフォール投資法の謎。「毎月5000円で自動的にお金が増える方法」書評。

  「毎月5000円で自動的にお金が増える方法」でミアン・サミ氏が提唱しているのがウォーターフォール投資法。 何か気づきが得られるのではないかと思って読んでみました。 私が提案するのが、自動 …

チャンドラです。

都内在住の30代サラリーマンです。このブログではインデックス投資の利点、運用成績、運用シミュレーションや金融工学の記事を公開していきます。

自己紹介は:こちら

お問い合わせは:こちら


にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ