社畜

ゴミレベルの飲み会は金の無駄

投稿日:




 

年末になると会社の飲み会が増えます。

飲み会には行く価値のある飲み会と、失うものしかない飲み会があります。

 

行く価値のある飲み会のいい例はチームビルディングです。

仕事は一人で進めるものではありません。チームで進めるものです。

チームは大きくなればなるほどメンバー同士がお互いを知るのが難しくなります。

飲み会のリラックスした雰囲気で言葉を交わせば、翌日から仕事で依頼や相談をしやすくなります。

飲み会のおかげで仕事がやりやすくなるのであれば、4000円程度飲み会は安いもんでしょう。

 

問題は後者の「失うものしかない飲み会」です。

行く価値のないゴミレベルの飲み会には、たいていこんなメンバーが混じっています。私の経験です。

・酔うと偉そうに説教してくるオッサン・ババア

・態度がデカいくせに、帰り際に転んで怪我するオッサン

・酔って寝て帰れなくなるオッサン

・料理が来るのが遅いと店員を督促するよう若手に強制するオッサン

・優しく話しかけないと全く話さない若手

・酔うと声がデカくなって店員や他の客から注意される人

 

Sponsored Link



 

 

こういう危険人物がいると飯がまずくなるので、飲み会の参加費はドブに捨てるようなものです。

ちなみに私はブラック・リストを作っていて、危険人物から飲み会に誘われても必ず理由をつくって行かないことにしています。

また大人数の飲み会で危険人物と同じテーブルになりそうになったら、即座にさりげなくテーブルを変えます。

 

私のこれまでで一番面倒くさかった飲み会はというと、

飲むと態度がデカくなるオッサンと席が近くなって、普段仕事で関りがないのになぜか散々説教食らったあげく、転んで出血したので救急車で病院まで送る。その後職場で再開するも「迷惑かけた」の一言もなし。

最悪ですね。マジでゴミです。

 

逆に良かった飲み会はというと、

仕事に一区切りがついたのでチームメンバーでの慰労会。皆でしんどかった時期を思い出しながら色々と語り合う中、普段厳しいマネージャーが「おまえと仕事出来てよかった」とポツリと一言。

まあこんなこと言われたら、次も頑張ろうってなりますわ。社畜ですから。

 

飲み会に参加すべきか否かは人選が全てです。

面倒くさいオッサンがいる飲み会は断りましょう。汗水たらして得た金の無駄です。

 

関連記事:

【節約法】新聞取るのをやめたら何も困らなかった理由!

ふつうのサラリーマンが2000万円貯める方法

インデックス投資と盛者必衰の理

 

Sponsored Link



 

ブログランキングです。クリック頂ければ幸いです。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へにほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

-社畜

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

禁煙に成功した方法 ww スパッとやめて人生謳歌 ww

    私は数か月前に禁煙に成功しました。それもある日いきなり、まるで魔法が解けたかのように ww 自分でも驚いた体験を紹介します。   いったい何が起こったのか? &n …

もっと具体的で生々しいものを読みたい。資産運用ネタも社畜ネタも。

  本でれ、資料であれ、レポートであれ、読んでいて私がもっともフラストレーションが溜まるもの、それが具体性がない記述です。 具体性がない記述とは、書いていることが概念的で行動レベルにまでかみ …

30代サラリーマンの家の間取りを公開 ~ 1K12畳の家具配置を見せます!

    チャンドラです。   私は東京駅から電車で約30分の駅近くの賃貸マンションで一人暮らしをしています。引っ越ししてきた際は部屋の家具配置にかなり悩みました。 今回は …

そろそろ社畜して投資のリターンのことは忘れようか ww

  2020年前半はかなり忙しくて毎月の残業時間が60時間くらいでした。一方で、後半はコロナの影響もあって仕事量も少し減って早く帰れる日が続きました。 早く帰れる日が続いたのは5年ぶりくらい …

仕事でマジギレ!!これが日本の大企業のレベル ww

  久しぶりに仕事でマジギレしたのですが、そこで新しい発見があったのでその話をします。 私は普段は温厚でキレたりすることはありません。感情をむき出しにするのはプロ失格ですからね。たかが一企業 …


チャンドラです。

都内在住の30代前半サラリーマンです。このブログではインデックス投資の利点、運用成績、運用シミュレーションや金融工学の記事を公開していきます。

メディアインタビュー記事:こちら

投資運用成績は:こちら

投資を始めた理由は:こちら

お問い合わせは:こちら


にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ