社畜

いまどき銀座接待 ww

投稿日:




 

私は社会人になって接待をしたことがありません。

顧客と親交を深める目的で食事会をすることはあるのですが、それでも一人数千円を超えるときは上位者の許可がいるし、ましてや銀座で接待するので会社で払ってください、なんていえば「ふざけんな」とブチ切れされかねません ww

 

昔は会社間の接待はすごかったそうですね。オッサンと話すと、昔は銀座やら六本木やらで接待三昧だった時代もあったそうです。私は銀座も六本木も行ったことすらないのですが ww

 

この記事で銀座ママがもっと接待を認める世の中にするべき、と訴えています。企業同士が接待で交流しないと商談も発展しないし、金がまわらないと。つまらないコンプライアンスで接待文化を廃らせるなと。

以前私が経営していた蕎麦屋に、現環境大臣の小泉進次郎さんが来店したことがあるんです。「進次郎さん、このままでは銀座の文化は廃れていくばかりです。企業の接待交際費を認める世の中に戻してください」と私は物申しました。すると彼は、「私が声をあげるのではなくあなたのような人がもっと声をあげていかないと変わりません」とおっしゃったのです。進次郎さんのファンとしては期待通りの声をいただけませんでした。国民の声を具現化するのが政治家の仕事ではないのでしょうか。

なぜ小泉新次郎に訴えたのかは謎ですが、コンプライアンスというのは結局、「第三者がその接待をどう見るか?」がポイントだと思います。

例えば私の会社がある製品を納入する事業に入札しているとして、入札途中に顧客を高級クラブで顧客を接待して、そのあとに受注したとします。たとえ入札が正しい手続きを踏まえてなされたとしても、世間には賄賂や癒着を疑う人がいる、ということです。

政治家がどうこうできることではないので、新次郎氏は模範的な回答をしてると思いますよ ww

 

Sponsored Link



 

 

ところで、この記事の面白いところはココでしょうね。

ひと昔前は、一流企業の役員様と同伴させていただいた際、並木通りを歩きながら「これ素敵ね」なんて言うと、ポケットマネーで何十万もする着物を買ってくれたものです。

銀座ママも正直、「何十万もする着物を買ってもらった」という武勇伝を言いたいだけだと思うのは私だけでしょうか。

人間関係の希薄化を懸念するのと、自分が役員と仲がいいことと、どっちが言いたいんでしょうね。余計なことを書くと、本当に言いたいことが伝わらないと思うのです ww

まあ私個人としても、接待とか気を使うだけで面倒くさいし、高級クラブとか作法も分からないので頼まれても行きません。つまり社畜には無縁の世界ですわ ww

 

記事が役に立ったらクリックお願いします↓

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

-社畜

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

で、年収850万超えたらいくら増税すんの?結論だけ書く

  今年、令和2年から所得税が増えます。消費税も10%に増えたし、おまけに所得税も増税です。リーマンの手取りはどんどん減っていきますね。お金がドンドン政府に吸い取られていきます ww &nb …

ふざけたサラリーマン・ディスりはもうやめてくれ ww 腹が痛くなるわ ww

  私は社畜サラリーマンですが、サラリーマンの肩身は狭くなってきているように感じています。サラリーマンをディスる本とか記事がポンっと出てきて、それが共感されて拡散しているような風潮がある。 …

「忙しくて考える暇がない」を続けるとクセになって何も考えなくなる。

  これは自戒をこめて書くのですが、「忙しくて考える暇がない」を続けるとクセになって何も考えなくなる。 特に仕事の繁忙期になるとこの兆候は目に見えて表れてきます。本当に恐ろしいくらいに考える …

非常事態宣言をガタガタ批判してる場合じゃねえだろ ww

  政府によって非常事態宣言がなされました。その内容のほとんどは「要請」であり、外出や経済活動に対する「強制力」がほとんどないために、欧米からはその効果は懐疑的だという声があがっているとのこ …

データで見れば日本は平等 ww 日本より平等な国はどこだ!?

  富の格差が広がっていると言われていますが、他の国に比べたら日本は平等です。クレディスイスの調査レポートから世界の富の偏在っぷりが分かります。主要国だけをまとめると次の通り。   …


チャンドラです。

都内在住の30代前半サラリーマンです。このブログではインデックス投資の利点、運用成績、運用シミュレーションや金融工学の記事を公開していきます。

メディアインタビュー記事:こちら

投資運用成績は:こちら

投資を始めた理由は:こちら

お問い合わせは:こちら


にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ