社畜

人がギャンブルにハマる理由。作り出されたゾーン。怖いよ~。

投稿日:2021年9月20日 更新日:




 

ギャンブル依存症が生まれる理由とは?カジノやメーカーの巧妙な戦略という記事が面白かったので引用。

最近のスロットマシンは「もう少しでジャックポット寸前」「絵柄が揃いそうで揃わない」という巧みな演出をすることで、プレイヤーに「ものすごくおしかった。もしかしたらもうすぐ当たるかもしれない」という心理的な影響を与え、プレイさせ続けるように設計されています。

また、「もう少しで大当たりだった」というスロットマシンの演出が起こったとき、人間の脳内では「大当たりしたときとほとんど同じ反応」が発生し、プレイヤーは「負けた」というよりもむしろ「勝った」と感じてしまいます。

ビデオスロットやポーカーマシンが依存症に陥りやすいギャンブルである理由の1つとしてスピード性があげられます。ビデオスロットやポーカーマシンは1回のプレイ時間が数秒ほどで、次から次へと止まらずにプレイできるのですが、この短いプレイ時間はプレイヤーに「もうやめようかな」と考える暇を与えずに、プレイさせ続けるのに貢献しているとのこと。

また、数秒というスピードでプレイし続けると、プレイヤーは仮死状態のような「特殊なゾーン」に入る、と専門家は言います。このゾーンに入ってしまうと、プレイヤーは悩みごとや過去のトラウマといったことを忘れ、時には何十時間もプレイし続けることがあり、食事をとらなかったり子どもを自動車に放置しっぱなしになったりという問題を生み出す原因になることもあります。

 

カジノはパトロンが「もうそろそろ限界だ。やめよう」と感じるポイントを熟知していて、これは「ペインポイント」と呼ばれています。パトロンの動きをカジノ内でトラッキングし、パトロンが「大きく負け越したとき」や「持ちチップがゼロに近いとき」といったペインポイントに到達しそうな時には、フリークレジットやドリンク、レストランでの食事をオファーするとのこと。時には「勝って取り戻せますよ」と話しかけることもあるとか。この戦略は、イライラしたお客さんがパトロンの周囲でマシンを殴ったり、文句を言ったりして、パトロンのモチベーションを下げそうなときにも有効的だそうです。

 

Sponsored Link



 

カジノって怖いな ww

よく投資がギャンブルか否かのような議論が出てくるのを思い出した。

私が思うに、元記事で紹介されたような人をスロットマシンに張り付けておくような巧妙な人為的な仕組みが存在するのなら、それはギャンブル。

そうでなくて、単に様々な要因で価格が変動するだけで相場から出るも入るも完全に自由なら、それはギャンブルではない。

と言ってもいいように思います。

 

関連:

依存症は「デザイン」されている・・・。

記事が役に立ったらクリックお願いします↓

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

-社畜

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

日本人の平均賃金は30年間増えていないそうだが今後も増えないと思います。

  日本人の平均賃金は30年間増えていないそうです。Buisness Insiderの記事から引用。 雇用の流動化が進んだこの30年、日本では平均賃金も増えていない。図表1はG7諸国の平均賃 …

【参考】独身社畜男の1年間の支出は214万円でした。多いのか少ないのかイマイチ分からん ww

  2020年の年間支出は214万円でした。 ・・・多くないか・・? 月当たりに直せば毎月18万円です。私は都内済みで家賃は9万円、奨学金の返済額が1万円。それを差っ引くとしても毎月8万円使 …

親世代のお金の考え方はあてにならない

  チャンドラです。 総務省によると65歳以上の高齢者世帯の金融資産の全国平均は2,003万円だったそうです。最も高いのが東京都の2,689万円。2位は奈良県で株式投資信託を保有する世帯の割 …

エクセルでデータ分析 / 新店舗の売上を予測する(3分で分かる)

チャンドラです。   エクセルにはデータから将来の値を予測する便利な機能があります。 今回は「家の近所にある貸店舗に小型スーパーを出店したらどれくらい売り上げることができるのか」を予測してみ …

バカとエリートのニュースの読み方はこんなに違う。

  新聞記事やネット・ニュースを読んでいる人、どんなふうにニュースを読んでいますか? とりあえず興味ありそうな記事だけ読んでふーんで終わっている人がほとんどかと思います。私もそうです。自分の …

チャンドラです。

都内在住の30代サラリーマンです。このブログではインデックス投資の利点、運用成績、運用シミュレーションや金融工学の記事を公開していきます。

自己紹介は:こちら

お問い合わせは:こちら


にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ