社畜

人がギャンブルにハマる理由。作り出されたゾーン。怖いよ~。

投稿日:2021年9月20日 更新日:




 

ギャンブル依存症が生まれる理由とは?カジノやメーカーの巧妙な戦略という記事が面白かったので引用。

最近のスロットマシンは「もう少しでジャックポット寸前」「絵柄が揃いそうで揃わない」という巧みな演出をすることで、プレイヤーに「ものすごくおしかった。もしかしたらもうすぐ当たるかもしれない」という心理的な影響を与え、プレイさせ続けるように設計されています。

また、「もう少しで大当たりだった」というスロットマシンの演出が起こったとき、人間の脳内では「大当たりしたときとほとんど同じ反応」が発生し、プレイヤーは「負けた」というよりもむしろ「勝った」と感じてしまいます。

ビデオスロットやポーカーマシンが依存症に陥りやすいギャンブルである理由の1つとしてスピード性があげられます。ビデオスロットやポーカーマシンは1回のプレイ時間が数秒ほどで、次から次へと止まらずにプレイできるのですが、この短いプレイ時間はプレイヤーに「もうやめようかな」と考える暇を与えずに、プレイさせ続けるのに貢献しているとのこと。

また、数秒というスピードでプレイし続けると、プレイヤーは仮死状態のような「特殊なゾーン」に入る、と専門家は言います。このゾーンに入ってしまうと、プレイヤーは悩みごとや過去のトラウマといったことを忘れ、時には何十時間もプレイし続けることがあり、食事をとらなかったり子どもを自動車に放置しっぱなしになったりという問題を生み出す原因になることもあります。

 

カジノはパトロンが「もうそろそろ限界だ。やめよう」と感じるポイントを熟知していて、これは「ペインポイント」と呼ばれています。パトロンの動きをカジノ内でトラッキングし、パトロンが「大きく負け越したとき」や「持ちチップがゼロに近いとき」といったペインポイントに到達しそうな時には、フリークレジットやドリンク、レストランでの食事をオファーするとのこと。時には「勝って取り戻せますよ」と話しかけることもあるとか。この戦略は、イライラしたお客さんがパトロンの周囲でマシンを殴ったり、文句を言ったりして、パトロンのモチベーションを下げそうなときにも有効的だそうです。

 

Sponsored Link



 

カジノって怖いな ww

よく投資がギャンブルか否かのような議論が出てくるのを思い出した。

私が思うに、元記事で紹介されたような人をスロットマシンに張り付けておくような巧妙な人為的な仕組みが存在するのなら、それはギャンブル。

そうでなくて、単に様々な要因で価格が変動するだけで相場から出るも入るも完全に自由なら、それはギャンブルではない。

と言ってもいいように思います。

 

関連:

依存症は「デザイン」されている・・・。

記事が役に立ったらクリックお願いします↓

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

-社畜

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

金融資産に投資するか自分に投資するか?判断基準はこれだ。

山崎元氏の「人生100年時代にFIREしたがる人の根本的な問題点」という記事からの抜粋。 「FIRE」を目指す若者について、少し心配に思うのは、自分の人的資本に対する投資が過小になっていないかというこ …

出世する人間は部下を詰めるのが上手い。社畜は今日も涙を流す。

  私の会社で出世している人間を観察してみると、2つのタイプに分かれると思っています。一つは部下から信頼されている親分的な人間。もう一つは部下を詰めるのが上手い人間。割合としては2:8で後者 …

日本は富裕層が激増 ww

  クレディスイスの調査レポートによると日本の富裕層の割合が激増するそうです。富裕層とは資産が100万ドルを超える人々のこと。 2019年の富裕層数の1位はアメリカ、2位は中国、3位は日本。 …

ビジネスホテル部屋飲みはハマるぞ ww

  あるYoutuberが出張先のビジネスホテルの部屋にビールとか食材を買い入れて一人で飲んでいるのを見て、これいいな ww と思ってやってみたのですが、すごくよかった。これはタマらん ww …

1時間7000円のマッサージが最高過ぎた ww

  私は社畜でデスクワークが多いので肩こりがヒドイ。 始めて1時間7000円のマッサージを体験したんですが・・・最高でした。 いえ・・・健全なマッサージですよ。指圧の。 肩こりの原因って長時 …

チャンドラです。

都内在住の30代サラリーマンです。このブログではインデックス投資の利点、運用成績、運用シミュレーションや金融工学の記事を公開していきます。

自己紹介は:こちら

お問い合わせは:こちら


にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ