社畜

未来予測が外れるのは当たり前という認識をもつべし

投稿日:2019年12月3日 更新日:




 

講談社現代新書の「未来予測入門」は、未来予測は外れるのが当たり前だと述べています。

いくら過去のデータを集めて分析しても、ごく些細なひとつの変化によってシステム全体に大きな変化が生じるからです。

同書は面白い例を紹介しています。

1970年代のイギリスで信じられていた未来予測と、実際の40年後の現状を比較したのが下の表です。

 

引用:未来予測入門

 

1970年代の未来予測を見ると、そのほとんどが悲観的な内容であることが分かります。これには理由があります。

そのひとつが悲観論。

人間は楽観的なニュースよりも悲観的なニュースにより敏感に反応する傾向があります。

従ってシンクタンクなどが悲観的な予測を発表すると、その悲観的な内容が大衆に指示され、将来は悲観的だという考えが醸成されていくのです。

もうひとつは技術上のブレークスルーの想像しにくいことです。

例えば、1970年代には「石油とガスは間もなく枯渇」すると予想されていました。私が小学生の時に同じことが教科書に書いていました。

現状は違います。

2000年前半にアメリカでシェールガス・シェールオイルの採掘技術が発達したので、これまで開発が難しかった地域で石油開発ができるようになりました。

深海のガス採掘技術も発達したので、新しい巨大ガス鉱区も発見されています。

その結果、石油・ガス枯渇説はいつの間にか聞こえなくなりました。

 

Sponsored Link



 

確かに未来予測が比較的当たりやすいものもあります。

例えば日本の人口。

信頼できる年齢別の人口分布のデータは簡単に手に入ります。まさか出生率が3.0まで劇的に上がるわけもないので、おおよその出生率を使えば30年後の人口は予測できます。

逆に難しいのは特定の企業の株価。

株価は競争環境や原油価格、投資家の心理など様々な要因が影響するので予測が難しいのです。

ちなみに私の勤めている企業は東証一部上場ですが、企業の事情に詳しい私でも自社の株価が上がるか下がるかを予想できません。

競争環境はめまぐるしく変わるので10年後に他社より優位に立っているか分からないし、事業を広げたとしても投資家がそれを好評価するかは分からないからです。

自分の勤めている会社の株価も予測できないのに他社の株価は・・・予測できませんよね。

 

というわけで、

単純なケースを除いて、未来予測は当たらないと考えた方がよさそうです。

世界経済がリセッションに入るような悲観的な論調も、「悲観論は流行りやすい」程度に考えておけばいいでしょう。

 

繰り返すと、

悲観論は流行りやすいのです。

 

関連記事:

辛い思いから立ち直るために読む本

年収100万でトランクルームに住む生活なんて嫌だ!

高齢化が進むほど若者が損する社会になる!若いうちから資産形成すべき。

 

Sponsored Link



 

 

 

ブログランキングです。クリック頂ければ幸いです。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へにほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

-社畜

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

社畜がマネー情報サイトのインタビューを受けました ww

  マネー情報サイト「マネービバ」のインタビューを受けました。 興味があれば、こちらから読んでみてください。 リンク   Follow @Chandra4302 記事が役に立ったら …

複雑な料金体系にはウラがある | 特に携帯電話料金プランはひどい ww

  あるサービスを契約するときに複雑な料金プランが組まれていることってありますよね。 その主たるものが大手キャリアの料金プラン。シンプルに通話してネットしたいだけなのに、色々とセットがついて …

壊れた高級キーボードを自力で修理成功ww

  私はよく使うものには金を惜しまずに使います。 キーボードは特にそうで、毎日パソコンを使って仕事をするので、キーボードはちょっと高級なメカニカルキーボードを使っています。私が愛用しているの …

マイナス原油価格!原油の集積地を写真で見てみよう。

  NY原油先物市場で原油価格がマイナスを記録したことが話題になっています。原油先物史上初めての現象です。 マイナス価格が起きているのは、要は売り手が金を払ってでも原油を引き渡したいというこ …

ファイト・クラブ | グサグサ刺してくるタイラー・ダーデンの名言 ww

  チャンドラです。   ファイト・クラブという映画をご存知でしょうか? エドワード・ノートンとブラッド・ピットが主演のサスペンス映画です。 不眠症に悩まされる平凡サラリーマン(エ …


チャンドラです。

都内在住の30代前半サラリーマンです。6年間で貯めた2000万円を元手にインデックス投資を始めました。このブログでは資産運用の方針、運用成績、家計簿、節約生活を赤裸々に公開しています。

メディアインタビュー記事:こちら

投資運用成績は:こちら

投資を始めた理由は:こちら

お問い合わせは:こちら


にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ