資産運用

真面目なファンドマネージャーの成績が平均よりも悪いのか ww

投稿日:2021年8月27日 更新日:




 

私がインデックス投資を始めたキッカケは「ほったらかし投資術」。著者の山崎元氏はトウシルで色々コラムを書いているんですが、なかなか面白くて勉強になるんです。

「「合理的へそ曲がり」の精神についての私的メモ」という記事から引用。

株式でのポートフォリオ運用を始めるにあたって、筆者は、初心者向きの入門書から当時は少なかった投資の教科書まで含めて株式投資に関連する本を数十冊読んだが、本よりも参考になったのが、同僚(9割以上が先輩)のファンドマネージャー及びアナリスト諸氏の行動とその結果だった。

筆者が勤めた投信会社は、当時業界最大手だったし、何よりも親会社が最大手の証券会社であったから、アナリスト、ストラテジストなどの手になる情報が豊富に入ったし、会社も当時としては運用組織の体をなしていた。相対的な「情報環境」は悪くなかったと思う。

しかし、この情報環境の優位性は、運用成果の優位性にはさっぱりつながっていなかったのだ。当時、この会社では、社内の管理システムを通じて、他のファンドマネージャーのポートフォリオを見ることが出来た。

すると、(1)親会社や自社のアナリスト情報を売買に活発に反映させ、(2)会議でも良く発言し概して社内評価が高い、(3)仕事へのモチベーションが高い真面目な、ファンドマネージャーの成績が、平均よりも悪いことに気づいた。

先輩達のポートフォリオを見て感じたことは、(1)集中投資よりも分散投資の方が好成績であること、(2)売買回転率の高いポートフォリオの成績が良くないこと、(3)市場で話題の銘柄、親会社が推奨している銘柄のリターンが市場平均並みかむしろ低いことなどであり、市場平均に積極的に勝ちに行くことが難しいことだという実感だった。

 

Sponsored Link



 

(1)親会社や自社のアナリスト情報を売買に活発に反映させ、(2)会議でも良く発言し概して社内評価が高い、(3)仕事へのモチベーションが高い真面目な、ファンドマネージャーの成績が、平均よりも悪いことに気づいた。

そうなのか ww 金融機関で働かないと見えてこない実情だと思うんですが、これは貴重な情報ですね・・・。

8割のファンドマネージャーが市場平均にリターンで劣ると、ウォール街のランダムウォーカーに書いていた記憶がありますが、やる気に溢れた真面目なファンドマネージャーほど成績が悪い、っていうのは衝撃ですね。。。いや、もはや喜劇かも。。。(ホントかな??)

インデックス投資を続けるモチベーションが上がってきましたね ww

 

 

 

Twitterでブログ記事の更新通知を受け取れます:

 

記事が役に立ったらクリックお願いします↓

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

-資産運用

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

自分で決められる資産運用は素晴らしい。誰からも制約されない自由があるから。

  サラリーマンが会社で意思決定しようとすれば、そこでは様々な壁が立ちはだかります。 こんなものを新しく買ってオフィスに配備しようと提案しても、相手に費用対効果が理解されなければ採用されませ …

毎月5万円投資すると30年後の資産は?

  チャンドラです。   資産運用するうえで毎月いくら積み立てるとどれだけの資産になるかを把握することは大切です。   毎月5万円を投資した場合、30年後の資産はどのよう …

「価値を生まない無駄なことはしない」という考え方。

  「ワークマン式「しない経営」」という本が面白かったので紹介。 「何をやらなか」を決めることが大切だと強調しているんですが、一部を抜粋すると、 「しない経営」により、「社員よし」「加盟店よ …

利益確定売りは金払ってリスク回避するのと同じ。それに金払う必要ありますか?

  生活防衛費が手元に十分ある状態で、それにも関わらず保有しているリスク資産を売って利益確定させるケースがあります。 それをやるのは、今後保有していても価格が上昇しないだろうと見切りをつける …

ぶっちゃけ日本の投資人口は増えないと思う ww 理由は給料が低くてタネ銭が少ないから。

  人生100年。給料増えない。少子高齢化で社会保険負担は増える。このままでは老後貧困に陥るぞ。現金だけ持ってても資産は増えない。だから投資で資産を増やそう。 どこにでもある謳い文句です。私 …

チャンドラです。

都内在住の30代前半サラリーマンです。このブログではインデックス投資の利点、運用成績、運用シミュレーションや金融工学の記事を公開していきます。

メディアインタビュー記事:こちら

投資運用成績は:こちら

投資を始めた理由は:こちら

お問い合わせは:こちら


にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ