資産運用

「年利20%のファンドがあるので今日中に決めて下さい」ふざけんな ww

投稿日:




 

帰省中に私の親戚から聞いたのですが、証券会社、しかも誰でも知っている大手の会社から営業の電話がかかってくるそうです。しかもそのファンドの内容が「最低1千万から、年利20%、評価額が40%下がっても元本保証される」と。

しかも「このファンドが買えるのが今日中なので今すぐ決めてください」とか図々しく言ってくるのだとか。

待て待てと ww

年利20%とかそんな美味い話があるのかと。確かウォーレン・バフェットの利回りが20%だったと思うのですが、そんなバフェット並みのリターンをしかも元本保証付きで手に入れるなんて、怪しすぎます。リターン20%、リスクゼロ ww

 

Sponsored Link



 

それ以上に私が気に食わないのは、1千万もの大金を払わせる客に対して、「今日中に買うかどうか決めてください」と堂々と言えるその態度です。

千円や二千円の小金ではなくて、1千万円ですよ?それを今日中に決めろとか。ノリが健康器具のテレビショッピングなんですよ ww ふざけんな、という話です。リスクゼロならお前が銀行から金借りて買えよと言いたい。

親戚には今度同じ奴が電話かけてきたら録音して保存しておくように言いましたよ。色々と使えそうですからね。ついで私にパンフレットを送るように言っておきました ww

ただこんな怪しいファンドを大手の証券会社が退職金もらいたての高齢者に売りさばいているとか、本当に恐ろしいです。証券会社も一線を越えた営業をやってるように感じます。

ちなみに、もし私がインデックスファンドをやらないまま老後に突入したら、間違いなく怪しいファンドを買っているでしょう ww

そういう観点から言うと、若いうちから株式投資をやって色々と知識を身につけておくことは、悪いやつらから自分を守る武器になると思いました。

ポイントは年利20%が明らかに怪しすぎるという点。年利5%なら、まあ分からないでもない。その規模感を把握しておくのが大事なんです。

 

関連記事:

証券会社だけじゃない。マンション投資の不動産屋もウザすぎます。なんでこんなに面倒くさいやつらばかりなんだ、投資関連の連中は (怒怒怒)

マンション投資の電話勧誘がウザすぎる

 

記事が役に立ったらクリックお願いします↓

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

-資産運用

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【レビュー】ライフサイクル投資術を図解しながら読み解いていく

  株式投資で一番楽なのは間違いなくドルコスト平均法です。ドルコスト平均法は定期的に株式を一定金額で取得し続ける手法なので、株式を高値掴みするリスクを減らすことができます。これが時間分散です …

214万円増加 | 資産公開 | 2020年11月末

  2020年11月末の資産運用状況を公開します。   合計資産:37,493,375円 前月より214万円増加   総資産の推移: 2020年9月:  33,708,7 …

NISA | 楽天・全米株式インデックスの損益 | 2020年1月末

私はつみたてNISAで楽天・全米株式インデックスに投資しています。 つみたてNISAの最大のメリットは投資で得られた運用益を非課税にできる点です。通常かかる運用益の20%の税金をゼロにすることができる …

この上昇相場でハイテク株を買えない愚鈍 ww

  好調なハイテク株に引きずられて米国株式指数は絶好調。S&P500もナスダックも過去最高値を更新。止まる気配がありません。どうせならハイテクに特化したQQQに投資してみたい気にもな …

インデックスファンドより成績が劣るアクティブファンドは恥ではないか?

  日経平均株価や米国S&P500などの指数に連動するように運用されるのがインデックス・ファンド。それに対して、ファンドマネージャーが投資する銘柄やその割合を決定して運用するファンド …


チャンドラです。

都内在住の30代前半サラリーマンです。6年間で貯めた2000万円を元手にインデックス投資を始めました。このブログでは資産運用の方針、運用成績、家計簿、節約生活を赤裸々に公開しています。

メディアインタビュー記事:こちら

投資運用成績は:こちら

投資を始めた理由は:こちら

お問い合わせは:こちら


にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ