資産運用

おい不動産屋、職場に電話かけてくるのやめろや。怒っちゃうぞッ!

投稿日:2021年8月8日 更新日:




 

ある日、職場で仕事してると席の近くの同僚が電話でどこかの業者と話してたんです。

「いや、そういう投資とかは考えてないので・・・」

「いえ、すみません、資料とか送られても読まないし投資予定もないので・・・」

「いえ、そういうの本当に結構です・・・」

「いえ、ですから・・・はい・・・考えてないんで・・・」

こういう会話を聞いていてピンときました。「業者だな」と。あとで話を聞いたら不動産業者でした。

その同僚は優しくてあんまり強く断るのが苦手なので、無駄な営業話に5分近く付き合ってしまったんですね。

私は過去にスマホの電話番号が漏れて不動産業者の鬼電されまくった揚げ句、仕方なく電話番号を変更したという恨みがあるので、不動産業者には悪印象しかないんです。詳細は過去記事参照。

で、その2日後くらいになんと、職場で今度は私宛にかかってきたんですよ。

あのときの恨みはらさでおくべきか wwwwww

 

Sponsored Link



 

私「はい、お電話変わりました。」

業者「どうも~●●さんですか?▲社の●●と申しますぅ~」

私「どういったご用件でしょうか?」

業者「今、御社の方々に資産運用について紹介させて頂いてるんです。弊社では東京のマンションうんたらかんたら・・・」

私「よく分からないんですが、不動産投資の紹介?」

業者「はい、そうです。おススメの物件がありまして詳細をご説明に上がりたいのですが、ぜひとも資料持参して一度お会いさせていた・・・」

私「いや、コロナなんだからやめましょうよ、そういうの。」

業者「あ、そうですね~。ではお電話で30分くらい・・・」

私「利回りいくらですか?」

業者「え?」

私「利回りいくら?」

業者「だいたい4%くらいの物件を紹介させていただいてまして・・・」

私「いや~4%は低いのでナシですね ww

業者「そうですか?4%は他社さんの案件よりもかなり高い方ですか・・・」

私「いえ、低いですね。」

業者「今、資産運用とか他に何かされてる・・・」

私「じゃあ、仕事中で忙しいんで。サヨナラ~ (プチ。)」

 

私もこういうの慣れてきたんですが、ポイントは相手に喋らせてはいけないんです。相手は営業のプロ。だから喋らせるとマシンガンのように話してくる。喋らせると相手のペースにのせられる。

だから、相手が必死に喋ってくるときにわざと被せて質問するか。否定するんです。そうすることで、相手のペースを断ち切る。これは使えますよ。失礼なやり方なので客とかにはやったらだめですけどね ww

今回は不動産投資の利回りが4%だと分かったのが収穫でした。でも、リスクの評価の仕方を聞くのを忘れてたので今度聞いてみます ww

 

関連記事:

スマホの電話番号を変えたが全く不便ではなかった ww 不動産業者の電話営業がウザすぎて変更。

同僚の不動産投資のIRRを計算したら低すぎてビビった。 IRRが7%切るならやらないな ww

Twitterでブログ記事の更新通知を受け取れます:

 

記事が役に立ったらクリックお願いします↓

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

 

 

-資産運用

執筆者:


  1. アバター deds より:

    私マンション10戸持ってるんですけどもうからなくて困ってるんで1戸買ってもらえませんかっていったら怒りだしたよ。

  2. アバター 匿名 より:

    断る時に理由を言いがちになりますが、業者は「理由の打開策」を提案してくるので言っては駄目ですね。
    「今忙しいので」→「何時なら大丈夫ですか?そこで伺います」とか。
    私は断りたい時、基本「間に合ってます」と「ピンとこない」しか言いません。
    後者はうっかり相手の商品アピール聞いちゃった時に使います。どんなに良いものでもピンと来ない、には対応策はありませんw

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

人的資産を計算する方法。なぜライプニッツ係数を使うのか?

  自分の人的資産を計算する方法があります。 例えば現在35歳の人が定年まで30年間働くとします。その期間の予想平均年収は600万円。すると、その人の人的資産は 600万円 x 30年 = …

テーマ型投信の立ち位置は中途半端。分かりやすくて販売しやすいだけ。

  「買ってはいけないテーマ型投資信託 – 行動経済学で考える投資の勘違い」 という記事が面白かったので引用。 インデックス型は市場の指数、例えばTOPIXや日経平均に連動を目指 …

世界の金持ちが投資する商品は芸術作品・時計・クラシックカー

  世界の金持ちが何に投資しているのかがこのサイトで紹介されていました。下のインフォグラフィックはサイトから抜粋したもの。 地域によって差はあるのですが、芸術作品、時計、クラシックカーへの投 …

効率的ポートフォリオは分散を最小化してリターンを最大化する。

  「リスク 神々への反逆」からの引用。 「ポートフォリオ選択」におけるマーコビッツの目的は、「期待収益率を望ましいものと考えると同時に、収益の分散を望ましくないものと考える」ような投資家の …

2021年のS&P500絶好調は「何度も起きない」と思った方がいい。

  2021年もほぼ終わりです。 S&P500は年初の3,700ポイントから年末 (今日時点)の4,568ポイントまで24%まで上昇しました。 私がS&P500過去データから …

チャンドラです。

都内在住の30代サラリーマンです。このブログではインデックス投資の利点、運用成績、運用シミュレーションや金融工学の記事を公開していきます。

自己紹介は:こちら

お問い合わせは:こちら


にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ