資産運用

金融庁がレバレッジETFへの投資注意喚起 ww 説得力はないな・・・。

投稿日:2021年7月4日 更新日:




 

金融庁からレバレッジ型ETFへの投資に対する注意喚起が出ましたね。

でも正直なところ、この注意喚起には説得力がないと思います。(エラそうですんません ww)

レバレッジ型ETF・インバース型ETF等は、指数・指標の動きのレバレッジ倍 (又はマイナスのレバレッジ倍)の値動きを日次で達成するように運営されています。・・・

しかし、日次ではなく2日以上の運用期間で見た場合には、以下の例に示す通り、当該ETF等の価格は、参照する指数・指標の価格のレバレッジ倍にならない可能性があることに注意が必要です。

このため、レバレッジ型ETF・インバース型ETF等は主に短期売買により利益を得ることを目的とした商品であり、投資経験が少ない個人投資家が中・長期の資産形成を目的としてレバレッジ型・インバース型ETF等を投資対象とする場合には注意が必要です。

 

Sponsored Link



 

私が説得力に欠けると思う点は下のグラフです。

この注意喚起では、株価は中長期的には①や②のように上下を繰り返すことが多く、➂や④のように一方向に上昇又は下落が続くケースは少ない、と書いてます。

どうも、それを基に「レバレッジ型ETFは短期売買により利益を得るのが目的」だと言ってるのですが・・・

 

 

でもこの論法は、S&P500のような米国の株価指数に関心を持つ人には響かないと思うんです。

S&P500のリターンに期待している人たち (私含め)は、「米国経済は長期的に右肩上がりで成長する」と信じてる人です。それこそ、米国株価指数は上がり続けるという言葉を、シャワーを浴びるように聞いてきた。

すると、米国株価指数は短期的には①や②の上下変動をしつつも、長期的な視点では➂の右肩上がりするんだから、レバレッジかけて長期で保有してもリターンを高めることができるんじゃない?だって➂のグラフでリターンは急上昇してるじゃないか、と。

こう考えるのが自然だと思うんです。

Sponsored Link



 

過去記事でも書いていますが、レバレッジETFのポイントは、

レバレッジの倍率が高い程、リターンの期待値を高めることができる。しかし、実際の高リターンを得る確率は低いうえに元本割れ確率が高い、というデメリットがあるんです。

一方で短期ではこのデメリットの効果は薄まるので高リターンを得る確率を (長期よりも)高めることができます。

だから金融庁の注意喚起の「レバレッジETFは短期売買で利益を得ることを目的」というのは、私なりの言葉で言い換えれば、「レバレッジETFやるなら短期の方が元本割れ確率が低いので無難。」でしょうか。

レバレッジETFが危険なのかどうかの判断は、レバレッジ対象のリスク・リターン、レバレッジの倍率、投資期間、個人のリスク許容度など様々な要素が絡み合います。

金融庁にもファイナンスのプロが(たぶん)いるので、そんなことは百も承知だけど、多くの人に開示する注意喚起にややこしいことを書いても誰も読まないので、シンプルに「短期目的」だと書いたのでしょう。それはそれで理解できます。

レバレッジに関心ある者としては、「本当にそう?」と考えて自分なりの判断するのが大切ですね。

まあ私はレバレッジやらないんですけど ww

 

関連記事:

【衝撃】レバレッジはリターンの中央値を下げる【金融工学】

S&P500に3倍レバレッジかけても10年後のリターンはレバレッジなしと大して変わらなくて泣ける ww

【SPXL】S&P500に3倍レバレッジをかけて中央値が下がることが問題なのか?の定量的な説明

記事が役に立ったらクリックお願いします↓

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

-資産運用

執筆者:


  1. アバター kawauso より:

    レバレッジナスダック100全力で買ってたけど
    チャンドラさんのサイトや色々な書籍読んで
    夢から覚めてやめましたw

    何十年も投資して元本割れとか冷静に考えると嫌ですw

    • chandra11 chandra11 より:

      コメントありがとうございます。
      kawausoさんの参考になったようで幸いです。

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

先進国株と新興国株の割合 ~ myINDEXでシミュレーションした結果

    チャンドラです。   資産運用のポートフォリオを決める際にそのポートフォリオがどれだけのリスクとリターンが見込めるかを把握することが大切です。ポートフォリオとは現 …

成果報酬型資産運用サービスSUSTENの手数料は安いのか?WealthNaviと比較。

  マネーフォワード利用者の6割が資産運用してないそうですが、そんな状況を打開するために、マネーフォワードが業務提携したのがSUSTEN。 私はSUSTENを初めて知ったのですが、SUSTE …

資産運用は煽られて無理してやるべきものではない

  チャンドラです。   日本人は他国に比べて現金志向が強く、投資に消極的だと言われています。 日本銀行の調査によると株式や投資信託で資産運用している人の割合は15%程度です。 引 …

FRBが政策金利を引き上げる意味

  チャンドラです。   「米FRBが政策金利を利上げ、トランプ氏の圧力に対抗」というタイトルの記事を見ました。これだけ見ても経済に疎ければ何を言っているか分かりません。 FRBは …

「ダウ平均とナスダック100の乖離」でセクターローテーションのタイミングを知る。

  ニュース記事を見ていたらダウ平均とナスダック100の乖離というタイトルを見つけました。ブルームバーグの記事から。 8日の米株市場では125年の歴史を持つダウ平均が日中ベースの最高値を更新 …


チャンドラです。

都内在住の30代前半サラリーマンです。このブログではインデックス投資の利点、運用成績、運用シミュレーションや金融工学の記事を公開していきます。

メディアインタビュー記事:こちら

投資運用成績は:こちら

投資を始めた理由は:こちら

お問い合わせは:こちら


にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ