資産運用

金融リテラシーゼロのときにFXをおススメされたがやらなくてよかったわ。

投稿日:2022年5月2日 更新日:




 

私も社会人になってある程度の金融リテラシーが身についてきて、世の中にはどんな金融商品があるのか?その商品はどのような仕組みで運用されているのか?リスクやリターンはどの程度か?ということが分かってきました。

そんな私も大学生のころは、金融リテラシーゼロで、「仕組みなんてどうでもいいから年利10%以上の商品に投資してみたい。もちろん元本保証でヨロシコ。」なんてことをマジで考えていました。

そのころ同年代で投資してる人なんて稀で、10人に1人くらいでした。その稀な人達が何をやっていたかというとFX。だいたいFXをやってる人に話を聞くと「結構儲かってるよ」と言うんですよ。

ちなみにFXに関して山崎元氏の書籍から引用すると:

FXの参加者は、七、八割がトータルで損をしているのが普通だ。・・・たとえば、一年以上FXを続けている人を集めて、通算の損益を申告してもらったとすると、全員が正直かつ正確に成績を教えてくれたとしても、「FXは儲かるものなのか?」という判断を下すためのデータとしては偏りがある。この集団の損益には、FXを始めて1年以内に大損してやめてしまった人の損益実績が抜け落ちている。調査方法に、統計の世界で言う「生き残りバイアス」があるのだ。

ここで「FXやってみれば?」とか言われて数十万ほど手持ちがあれば、金融リテラシーゼロなら「やってみようかな」という気持ちになりそうです。私の場合、同じシチュエーションが何回かありましたが、手持ちの金がなさ過ぎたのと、リスク回避度がチョモランマレベルに高かったので、やりませんでしたが。幸運だったともいえます。

「FXやってみれば?」とか「外貨建て生命保険いいよ!」とか言われたら、そこに食いつくのではなくまずは「調べる」というのが大切です。具体的には、怪しい奴が書いた本ではなく、まともな本を読む、でしょうね。

今は「なんでも早く行動するのがエライ」的な風潮がありますが、ビジネスならともかく個人の資産運用なんて、急いで決めることじゃないと思うんです。良書を読んで、仕組みとかリスクをしっかり理解してから、何に投資するか決めるのが正しいプロセスだと思います。

 

おススメ記事:

役に立たない”流行の”投資本買うより「ファイナンス理論入門」読んだ方がいい。

【衝撃】レバレッジはリターンの中央値を下げる【金融工学】

S&P500に6000万円投資してFIREしたときの破産確率をシミュレーションした。驚きの結果とは?

 

関連書籍:

記事が役に立ったらクリックお願いします↓

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

 

-資産運用

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

遂に含み益350万円がゼロに ww 全世界株式がヒドイ ww

  2週間でインデックス投資の含み益350万円が2週間でほぼゼロになりました ww 私は投資の含み益を毎週末のルーチン・ワークとしているのですが、この下げっぷりはエグイ ww 赤色が含み益、 …

社畜の資産は4811万 (166万円増加) | 資産公開 | 2021年5月末

  2021年5月末の資産運用状況を公開します。   合計資産:48,109,276円 前月より166万円増加 増加内訳:運用: +131万   運用以外: +35万円 ※運用以外 …

バビロンの大富豪 | 社畜による「黄金の七つの知恵」の解説と実践方法

  「バビロンの大富豪」は富を増やす不変の法則を紹介しています。 1920年に出版された本書は、今でも多くの人々に愛読されている名著です。   バビロンの大富豪「繁栄と富と幸福」は …

結局SPY (S&P500指数)とSPYD (S&P500高配当指数)のどちらに投資すべきか?

  前回の続き。 過去のある期間のチャートを切り取ってSPYが良いだのSPYDが良いだのと分析して何の意味があんの?ってこと。・・・ ある一時期を切り取ってパフォーマンスを比較しても意味ない …

レイ・ダリオのオールウェザー・ポートフォリオでボラテリティをガッツリ下げる。

  レイ・ダリオ氏のオールウェザー・ポートフォリオ。詳細は書籍「世界のエリート投資家は何を考えているのか?」に紹介されています。 世界のエリート投資家は何を考えているのか、何を見て動くのか【 …

チャンドラです。

都内在住の30代サラリーマンです。このブログではインデックス投資の利点、運用成績、運用シミュレーションや金融工学の記事を公開していきます。

自己紹介は:こちら

お問い合わせは:こちら


にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ