資産運用

金融リテラシーゼロのときにFXをおススメされたがやらなくてよかったわ。

投稿日:2022年5月2日 更新日:




 

私も社会人になってある程度の金融リテラシーが身についてきて、世の中にはどんな金融商品があるのか?その商品はどのような仕組みで運用されているのか?リスクやリターンはどの程度か?ということが分かってきました。

そんな私も大学生のころは、金融リテラシーゼロで、「仕組みなんてどうでもいいから年利10%以上の商品に投資してみたい。もちろん元本保証でヨロシコ。」なんてことをマジで考えていました。

そのころ同年代で投資してる人なんて稀で、10人に1人くらいでした。その稀な人達が何をやっていたかというとFX。だいたいFXをやってる人に話を聞くと「結構儲かってるよ」と言うんですよ。

ちなみにFXに関して山崎元氏の書籍から引用すると:

FXの参加者は、七、八割がトータルで損をしているのが普通だ。・・・たとえば、一年以上FXを続けている人を集めて、通算の損益を申告してもらったとすると、全員が正直かつ正確に成績を教えてくれたとしても、「FXは儲かるものなのか?」という判断を下すためのデータとしては偏りがある。この集団の損益には、FXを始めて1年以内に大損してやめてしまった人の損益実績が抜け落ちている。調査方法に、統計の世界で言う「生き残りバイアス」があるのだ。

ここで「FXやってみれば?」とか言われて数十万ほど手持ちがあれば、金融リテラシーゼロなら「やってみようかな」という気持ちになりそうです。私の場合、同じシチュエーションが何回かありましたが、手持ちの金がなさ過ぎたのと、リスク回避度がチョモランマレベルに高かったので、やりませんでしたが。幸運だったともいえます。

「FXやってみれば?」とか「外貨建て生命保険いいよ!」とか言われたら、そこに食いつくのではなくまずは「調べる」というのが大切です。具体的には、怪しい奴が書いた本ではなく、まともな本を読む、でしょうね。

今は「なんでも早く行動するのがエライ」的な風潮がありますが、ビジネスならともかく個人の資産運用なんて、急いで決めることじゃないと思うんです。良書を読んで、仕組みとかリスクをしっかり理解してから、何に投資するか決めるのが正しいプロセスだと思います。

 

おススメ記事:

役に立たない”流行の”投資本買うより「ファイナンス理論入門」読んだ方がいい。

【衝撃】レバレッジはリターンの中央値を下げる【金融工学】

S&P500に6000万円投資してFIREしたときの破産確率をシミュレーションした。驚きの結果とは?

 

関連書籍:

記事が役に立ったらクリックお願いします↓

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

 

-資産運用

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

金融庁がレバレッジETFへの投資注意喚起。でも説得力はないな・・・。

  金融庁からレバレッジ型ETFへの投資に対する注意喚起が出ましたね。 でも正直なところ、この注意喚起には説得力がないと思います。(エラそうですんません ww) レバレッジ型ETF・インバー …

積立投資の損益記録方法(インデックス投資のヒマつぶし)

  チャンドラです。   私はインデックス・ファンドに積立投資しています。一時期個別株にも挑戦しようとしたこともありますが、銘柄選定や売買タイミングを決めるのが億劫なので、やめてし …

一生独身だとどれだけ資産を築けるか?禁断の計算 ww

  30代中盤に差し掛かってくると、嫁を探すのも面倒くさくなってきます。面倒くさいというかもうこの年で彼女とか無理ゲーでしょ。禿げてきたし。冗談抜きで一生独身も射程圏内に入ってきましたよ w …

SPY (S&P500指数)とSPYD(S&P500高配当指数)の過去チャートを比較しても何の意味もない。ムダムダァ ww

  SPY (S&P500指数)とSPYD (S&P500高配当指数)のパフォーマンスを比較するためによくやるのが過去チャートの比較。 例えばコレ。過去5年のパフォーマンスを …

「ライフサイクル投資術」が名著だと考える理由は斬新さ。

  「ウォール街のランダムウォーカー」や「投資の大原則」は投資本のなかでも名著ですが、私は「ライフサイクル投資術」も名著に挙げたい。 その理由は「考え方が斬新」だからです。ウォール街のランダ …

チャンドラです。

都内在住の30代サラリーマンです。このブログではインデックス投資の利点、運用成績、運用シミュレーションや金融工学の記事を公開していきます。

自己紹介は:こちら

お問い合わせは:こちら


にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ