資産運用

株価は大きな変動の後に大きな変動が起きやすく、安定しているときは安定が続く。

投稿日:2020年1月22日 更新日:




 

株価がドカンと上がるか下がったとします。「うわ、どうしよう」と焦ります。明日の株価はどうなるだろう。また大きく動くのか、それとも小さく動くのか?

株価変動の傾向は過去のデータを分析すればおおよその傾向を捉えることができます。下の図は米国S&P500の過去80年間のデータを加工したものです。横軸はある時点における過去10日間のボラテリティ。縦軸はある時点における将来10日間のボラテリティ。

 

この散布図の相関係数は0.66。ここから分かることは、ある時点における過去10日間のボラテリティと将来10日間のボラテリティは正の相関があることです。

つまり過去10日間に株価の大きな変動があれば、将来10日間にも株価の大きな変動があるということ。逆に株価が安定していれば、その安定が継続しやすい傾向にあるということです。

 

関連記事:

現代ポートフォリオ理論を分かりやすく解説しています。

インデックス投資やるなら知っておくべき | 現代ポートフォリオ理論を分かりやすく解説

 

記事が役に立ったらクリックお願いします↓

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

-資産運用

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

また大きく減った | 運用成績 | 2020年9月第2週

  今週のインデックス投資運用成績を公開します。   今週の積立金額:10万円 積立総額:2,680万円 評価額:2,992万円 先週の損益:+402万円(+13.0%) 今週の損 …

アーリーリタイアには憧れない | 響きは心地よく聞こえるけれど

    チャンドラです。   投資や副業でアーリーリタイアを目指す人が増えています。中には30代や40代でアーリーリタイアを実現している人もいるそうです。 そのような人た …

増加する社会保障費に我々は耐えられるのか?

  チャンドラです。   日本では少子高齢化が急速に進んでいます。 2060年には65歳以上が人口の40%を占めると言われています。 デービッド・アトキンソン氏の「日本人の勝算」に …

米国S&P500の最適なレバレッジが1.75倍の理由。だからSPXLの3倍は高すぎる

  米国S&P500の最適なレバレッジは1.75倍であることは前回の記事ですでに紹介しました。なぜかこの記事のアクセス数が異常に高かったので、もう少し分かりやすくかみ砕いた内容で再掲 …

eMAXIS Slim 米国株式は遂に含み損解消

  コロナ感染拡大後、米国株式指数は力強く上昇を続けた。そして私の米国インデックス投資も約2か月ぶりに含み損を解消。   2ヵ月前:マイナス425万円 現在:プラス13万円 ネット …


チャンドラです。

都内在住の30代前半サラリーマンです。このブログではインデックス投資の利点、運用成績、運用シミュレーションや金融工学の記事を公開していきます。

メディアインタビュー記事:こちら

投資運用成績は:こちら

投資を始めた理由は:こちら

お問い合わせは:こちら


にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ