資産運用

FIRE推奨者は資産推移を見せてほしい。

投稿日:




 

多くの人が資産運用系ブログに期待しているものは何か?小難しい銘柄分析やリスク・リターン・シミュレーションよりも、何にいくら投資して評価額がいくらなのかに関心があるのだと思っています。(まあ私の記事もシミュレーション系は閲覧数少ないしね・・・)

最近、流行しているFIREも同様。FIREを推奨している人は多いが、FIRE本や記事に期待するものは、FIREしてる人が、何にいくら投資していて、評価額がいくらで、FIRE開始時から資産がどのように推移しているか?結局これに尽きるでしょう。

私はサラリーマンで社畜ですが、サラリーマンからすれば、毎月安定的に手に入る給料、ボーナス、福利厚生、会社が負担する社会保険、将来もらえるであろう退職金はかなり有難い。たとえ会社でムカつくことがあったとしてもです。

会社を辞めることでこれらを全て失うというのは、ハッキリ言えば超ハイリスク。だから多くの人はFIRE本を読んだところで「さあ、経済的に独立だ!」とはいかない。その後どうやって食っていくんだ?となる。

そこで、次のステップは実際にFIRE済みの体験談にアクセスする。「FIRE後はサラリーマン生活のストレスから解放されました。」うん、まあそうだよね。「FIRE後は朝は近所を散歩してオシャレなカフェでコーヒー飲みながら小説を読んでいます。」お、おう、優雅だね。「FIRE後は移住して農業にも挑戦しています。」う、うん・・。できればジャガイモ1個分けて・・・。

・・・じゃなくて、資産推移見せてよ!ってことですよ。

 

Sponsored Link



 

資産がいくらあるときにFIREしたのか?毎年いくらのキャピタルゲインなりインカムゲインを期待しているのか?実際に何に投資しているのか?実際の資産の推移はどうなっているのか?このへんを全部晒している記事があったらメチャクチャ参考になると思いますよ。

仮に当初の予定が狂って、金がなくなってサラリーマンに戻ることになったとしても、それはそれで波乱万丈で読みごたえがあります。たとえば年金少ないのが誤算だったとか、社会保険が増えたとか、家族と過ごす時間が増えたけど思春期の子供にずっと家にいるのがウザいと言われた、なんて話が合った方がぶっちゃけ面白いですね ww 面白いだけじゃなくて教訓にもなります。

まあ、資産推移公開してもメリットなけりゃ誰もやらないかもしれませんがね。。。

 

これ↓も立ち読みしましたが綺麗なことし書いてないんですよね・・・。本当にそんなに上手くいくんだろうか。。。

記事が役に立ったらクリックお願いします↓

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

-資産運用

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

皆が同じ銘柄を買って爆死する ww【ウォール街のランダム・ウォーカー再読】

  投資で大切なことのほとんどは「ウォール街のランダム・ウォーカー」に書いてます。 今回は「集団行動」。 親しい友人が自分より金持ちになることほど、人の心をかき乱し判断を狂わせることはないの …

2050年の世界主要国GDP | 勃興する新興国と落ちぶれる日本

  チャンドラです。   国際的なコンサルティング会社PwCが2050年の世界主要国GDP予想を発表しています。 そこでは世界の経済力が新興国にシフトしていくと述べられています。 …

遂に含み益350万円がゼロに ww 全世界株式がヒドイ ww

  2週間でインデックス投資の含み益350万円が2週間でほぼゼロになりました ww 私は投資の含み益を毎週末のルーチン・ワークとしているのですが、この下げっぷりはエグイ ww 赤色が含み益、 …

みずほ銀行では資産を増やせないので楽天銀行に預金を移しました

チャンドラです。   やっと楽天銀行の口座を開設しました。私はみずほ銀行の預金口座をメインにしていましたが、これからは楽天銀行に預金を移していきます。楽天銀行に預金しておく方がメリットが多い …

告白します。私は情報弱者でした | お金の勉強を怠った結果

  チャンドラです。   情報弱者という言葉があります。 有益な情報を得ることができないがために、経済的に不利益を被る人のことです。 ちなみに英語で「情報弱者になるな」をSTAY …

チャンドラです。

都内在住の30代前半サラリーマンです。このブログではインデックス投資の利点、運用成績、運用シミュレーションや金融工学の記事を公開していきます。

メディアインタビュー記事:こちら

投資運用成績は:こちら

投資を始めた理由は:こちら

お問い合わせは:こちら


にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ