資産運用

1年間で最も読まれた記事は金融工学系シリーズ

投稿日:




 

昨年は少し趣向を変えて金融工学に関する記事をポツポツ書き出しました。

私が投資している米国S&P500の将来のリターンを金融工学の価格変動モデルを使って予測してみたいというのが動機でした。学生時代の専門分野が工学系だったので、久しぶりに統計学の教科書を引っ張り出して式をいじくりまわしてみたのは良い経験でした。

昨年の記事の閲覧数を見ると以外にもトップになったのは金融工学系の記事でした。

 

Sponsored Link



 

 

レバレッジはリターンの中央値を下げる

レバレッジをかけると資産価値の対数正規分の端っこのほうが立ち上がってくる。その結果、高いリターンを得る確率が大きくなるためにリターンの平均値も大きくなる。レバレッジを高めるほど、そんな「一握りの」高リターンのためがますます平均値が引き上げる。だからレバレッジが大きいほど中央値が下がる。

【衝撃】レバレッジはリターンの中央値を下げる【金融工学】

 

現代ポートフォリオ理論を分かりやすく解説

この現代ポートフォリオ理論がなぜ魅力的なのかといえば、結論が恐ろしくシンプルだから。世界に何千何万という金融資産があって、それらの組み合わせも考えれば莫大な数の組み合わせのポートフォリオを組めます。

インデックス投資やるなら知っておくべき | 現代ポートフォリオ理論を分かりやすく解説

 

Sponsored Link



 

 

閲覧数上位にランクはされませんでしたが、個人的に気に入っているのがこの記事です。

投資はリスクより元本割れ確率で議論したほうが分かりやすい

私は「分かりにくい指標で物事を議論してもわかりにくいだけ」という思いが常々あります。リスクとリターンの組み合わせでリスク資産を評価するのは定石ですが、実はリターンよりも元本割れ確率に関心がある人が多いのでは?と考えたのがこの記事を書いたキッカケです。

元本割れ確率は時間と共に下がることが分かります。この理由は時間と共に株価の分布の高リターンを得る確率(グラフの右の裾)が立ち上がってくるために、リターンがプラスになる確率(つまり元本割れしない確率)が大きくなるためです。そして20年後の元本割れ確率は13%となることが分かります。

 

「損失回避の法則」に従えば投資はリスクより元本割れ確率で議論した方が分かりやすい

 

以上が、1年間でよく読まれた記事の紹介でした。

 

記事が役に立ったらクリックお願いします↓

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

-資産運用

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

インデックス投資で不労所得を手に入れよう!

  チャンドラです。   私はインデックス・ファンドに積立投資しています。 積立投資とは毎月一定額を長期にわたって投資し続けることです。 長期にわたって積み立てることで、複利の効果 …

何回も言いますが高配当株かグロース株どちらに投資するかはIRRを比較して下さい

  読者様から質問を頂きました。どうもありがとうございます。 高配当銘柄に投資するか成長が見込めるグロース株に投資するか、どちらが大きなリターンを得ることができるとお考えでしょうか?理由も教 …

住宅手当があるかないかはメチャクチャ重要。就職時は必ずチェック!

  チャンドラです。   就職時に会社の給与が高いかどうかを見るのは大切ですが、同じくらいに大切なのが福利厚生の充実度です。 福利厚生制度の中でも特に重要なのは住宅手当です。 家賃 …

企業型確定拠出年金の配分比率を変更しました

チャンドラです。   私は企業型確定拠出年金で資産を運用しています。 会社の規定で毎月16,000円を運用しています。 法令によると拠出額の上限は27,500円です。 確定拠出年金は節税効果 …

WealthNaviのアルゴリズムを読むべし。現代ポートフォリオ理論に基づいてキッチリ分散。

  資産運用をやってる人の中にはWealthNaviを利用している人も多いと思います。 WealthNaviは利用者のリスク許容度をもとに国際分散投資を自動でやってくれるサービスです。今現在 …


チャンドラです。

都内在住の30代前半サラリーマンです。このブログではインデックス投資の利点、運用成績、運用シミュレーションや金融工学の記事を公開していきます。

メディアインタビュー記事:こちら

投資運用成績は:こちら

投資を始めた理由は:こちら

お問い合わせは:こちら


にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ