資産運用

投資方法を言葉で表せないならフィーリングで投資してるだけ。

投稿日:




 

タイトルは忘れてしまったのですが、ある本に職人と技術者の違いは何か?が書いてありました。読んでいてなるほど!と共感した覚えがあります。

職人と技術者。どちらも特定の専門技術を長い時間をかけて磨き上げますが、職人と違って技術者は、その技術を弟子または後輩が再現できる方法を文書で残す点に大きな違いがある。

つまり技術者は「後輩はおれの背中を見て技術を学べ」という職人的発想をしていてはだめで、自分が経験で得た技術や既存の技術に対する肉付けを書き物で残すことが使命だというわけです。

製造業では機械の主要な部品の形状を決めるのに職人の高度な技術を要することがまだまだ多いと聞いたことがあります。そのような「職人の勘」に頼る業務をAIに学習させて、その職人が担当しなくても再現性を高めようという動きが出てきています。このような動きはまさに職人型の仕事のやり方から技術者型の仕事のやり方へ変えていっていると言えます。

 

Sponsored Link



 

技術者は自分の技術を書き物で残すことが重要だと書きましたが、「書く」という行為は後輩に残せるという点以外にもうひとつ重要な利点があります。それは自分が正しいやり方で仕事をしているのかという確認になるのです。

自分の仕事のやり方を「書く」という行為で言語化できるということは、何らかの手法を首尾一貫したやり方で出来ているということです。逆に言語化できていないということは、手法が首尾一貫しておらず、悪く言えばフィーリングで手法を変えていると言えます。

何も仕事に限らず投資方法についても同じことが言えると思います。例えばドルコスト平均法でインデックス・ファンドに20年間投資している人がいるとします。ところがある時に突然、原油先物を買ったりビットコインを買いだしたりする。やってることが首尾一貫していないわけです。

投資方法を変えることは悪いことではありません。例えば2020年以降は米国経済が失速しそうでこのままでは目標としていた20年後に資産1億を達成できなさそうだから、リスク資産をより高いリターンが見込めるビットコインに変える。これなら筋が通っているし、投資方法の変更理由が言語化できています。

でも、S&P500も保有しながらビットコインも買うわ不動産も買うわ、ポートフォリオの配分も適当。何故それに投資したのかを言語化できるのか?できないなら、それはフィーリングで投資してるとしか言えない。

フィーリング投資。悪いとは言いませんが私ならやらない。首尾一貫してないことをやりだすと、ポートフォリオはますますメチャクチャになっていくと思います。

まあ儲かれば何でもいいんですけどね。でもメチャクチャなポートフォリオで20年長期投資やって高いリターン出せるのかしら。

 

Twitterでブログ記事の更新通知を受け取れます:

 

記事が役に立ったらクリックお願いします↓

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

-資産運用

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

自分に芯がないとダメだな。暴落でも投資方針がブレないために必要なこと。

  そういえば私が就職活動していたころ、すでに内定をゲットして先輩面していた人(まあ実際に先輩だったけど)が「就職活動はさ~自分に軸をもってないとダメなんだよ。」とエラそうに語っていました。 …

厚切りジェイソンもインデックス投資やってるのか ww

  厚切りジェイソンもS&P500連動型のインデックスファンドに投資しているそうです。東証マネ部にインタビュー記事が載っています。下は引用。 ーー話を投資に戻しますね。ジェイソンさん …

気になる米国株高配当投資 | 「株式投資の未来」を読んで

  チャンドラです。   私はemaxis slim米国株式(S&P500)に投資していますが、株式投資をやっているとどうしても他の投資方法に興味が出てしまいます。 それが …

ポートフォリオ組成はエンジニアリングだと思う。「最適」を実現する合理的なアプローチ。

  ポートフォリオ組成はエンジニアリングだと思ってます。 エンジニアリングという言葉は実は分かるようで分からないような、けっこう曖昧な言葉です。 業界や職業によって意味が異なってくると思うん …

電子書籍を買うか紙の本を買うかは「繰り返し読むか?」で決める理由

  本を電子書籍で買うか紙の本で買うか?は悩みどころだと思います。 私の基準は「繰り返し読む本なのか」で判断しています。もしある本を繰り返し読むのであれば電子書籍。一度読んだらもう読まないよ …

チャンドラです。

都内在住の30代サラリーマンです。このブログではインデックス投資の利点、運用成績、運用シミュレーションや金融工学の記事を公開していきます。

自己紹介は:こちら

お問い合わせは:こちら


にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ