資産運用

情弱は高いポケットWifiを買わされる ww 横着せず他社と比較しないと負けです。

投稿日:

 

情弱って私のことです 😢

私は家でポケットWifiを使っているんですが、月額料金が5,400円もするんですよ。クッソ高い。某家電量販店で契約したやつです。

2年前に契約したんですが、ちょうど大型の家電をたくさん買ったときに店員に「ポケットWifiも買い替えたいんですよねー」ってポロっと言ってしまったんです。

すると「そうですか!すぐに担当の者を呼んできます!」と言って若い兄ちゃんが来てプランを説明してくれたんです。

それで3か月は無料とか、今使ってるWifiの契約解除金を建て替えるとか、いろいろ説明されて「お!これ良さそうだしいいなぁ」と思ってその場で契約したんです。家電もたくさん買って高揚感もあったんです。

で、3か月の無料期間が経過した後に5,400円が請求され出したので、「これなんか高くない?」と思って他社と比べると1,000円以上高い。解約金は契約1年以内だと30,000円もします。

やってしまった・・・と。

 

Sponsored Link

 

私が何をやるべきだったのかというと、いったん持ち帰って検討することだったんですね。別に即決する必要なんてなかったんです。

要は横着したんですよ。踏むべきステップを飛ばしたんです。契約内容が高いか安いかは他社のパンフレットやウェブサイトと比較しないと判断できないのに。

たまに店員が紙に書きながら比較してくれることもありますが、これも危ないんです。まんまとハメられることがあります。

例えばプランAは3か月無料、プランBは無料期間がない。だからプランAの方が安い、なんて言えませんよね。プランAが月額5,000円、プランBが月額4,000円なら、15か月以上使うなら明らかにプランBが徳なんです。

金だけ比べるのも不十分で、速度制限も見ないとだめですよね。速度制限がかかるリミットが10GB/1日と10GB/3日なら、明らかに前者の方が良い。

こういうのって当たり前のことなんですが、店員の言われるままに決めずに、いったん家に持ち帰って紙に書いて整理するのが大事だな、と。それを思い知りましたよ。仕事では当たり前にやってることですがプライベートでは気が抜けてしまうという。

で、この高額Wifiですが、解約金が下がってきたのでRakuten Wifi Pocketに変える予定です。2,980円/月が1年間無料でメチャクチャ安い ww しかも1年後も今より2,400円も安くて速度制限リミットも低い。

これはスゴイですね。変えたらレビュー記事も書きます。

 

記事が役に立ったらクリックお願いします↓

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

-資産運用

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

インデックス投資で儲けるのは難しいが儲けたいなら方法はたった一つ。

  インデックス投資で儲けるのは難しいが儲けたいなら方法はたった一つ。 買って買って買いまくってひたすらホールド。 いまさら強調するほどのことではないですが、これしかないと思います。 S&a …

インデックス投資の積立額が1500万円を超えました

チャンドラです。   私は2018年6月にインデックス投資を開始しました。 ついに積立額が1,500万円を超えました。   SBI証券と企業型確定拠出年金で積み立てしています。 S …

結局SPY (S&P500指数)とSPYD (S&P500高配当指数)のどちらに投資すべきか?

  前回の続き。 過去のある期間のチャートを切り取ってSPYが良いだのSPYDが良いだのと分析して何の意味があんの?ってこと。・・・ ある一時期を切り取ってパフォーマンスを比較しても意味ない …

投資初心者が日経平均ダブルインバースETFなんて買うのやめたほうがいいと思うが。

  日経平均ダブルインバースETF: 日経平均とは逆の方向に2倍の動きをするETF。例えば日経平均が1%下落すれば、ダブルインバースETFは2%上昇。 投資初心者がダブルインバースETFに投 …

夏のボーナスの使い道1位は預貯金 | 私の使い道は・・・

  チャンドラです。   夏のボーナスが支給される時期がやってきました。 私のようなサラリーマンにとって、一気に高額が手に入る年に一度のチャンスなので、とても楽しみです。 さて、マ …


チャンドラです。

都内在住の30代前半サラリーマンです。このブログではインデックス投資の利点、運用成績、運用シミュレーションや金融工学の記事を公開していきます。

メディアインタビュー記事:こちら

投資運用成績は:こちら

投資を始めた理由は:こちら

お問い合わせは:こちら


にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ