資産運用

情弱は高いポケットWifiを買わされる ww 横着せず他社と比較しないと負けです。

投稿日:

 

情弱って私のことです 😢

私は家でポケットWifiを使っているんですが、月額料金が5,400円もするんですよ。クッソ高い。某家電量販店で契約したやつです。

2年前に契約したんですが、ちょうど大型の家電をたくさん買ったときに店員に「ポケットWifiも買い替えたいんですよねー」ってポロっと言ってしまったんです。

すると「そうですか!すぐに担当の者を呼んできます!」と言って若い兄ちゃんが来てプランを説明してくれたんです。

それで3か月は無料とか、今使ってるWifiの契約解除金を建て替えるとか、いろいろ説明されて「お!これ良さそうだしいいなぁ」と思ってその場で契約したんです。家電もたくさん買って高揚感もあったんです。

で、3か月の無料期間が経過した後に5,400円が請求され出したので、「これなんか高くない?」と思って他社と比べると1,000円以上高い。解約金は契約1年以内だと30,000円もします。

やってしまった・・・と。

 

Sponsored Link

 

私が何をやるべきだったのかというと、いったん持ち帰って検討することだったんですね。別に即決する必要なんてなかったんです。

要は横着したんですよ。踏むべきステップを飛ばしたんです。契約内容が高いか安いかは他社のパンフレットやウェブサイトと比較しないと判断できないのに。

たまに店員が紙に書きながら比較してくれることもありますが、これも危ないんです。まんまとハメられることがあります。

例えばプランAは3か月無料、プランBは無料期間がない。だからプランAの方が安い、なんて言えませんよね。プランAが月額5,000円、プランBが月額4,000円なら、15か月以上使うなら明らかにプランBが徳なんです。

金だけ比べるのも不十分で、速度制限も見ないとだめですよね。速度制限がかかるリミットが10GB/1日と10GB/3日なら、明らかに前者の方が良い。

こういうのって当たり前のことなんですが、店員の言われるままに決めずに、いったん家に持ち帰って紙に書いて整理するのが大事だな、と。それを思い知りましたよ。仕事では当たり前にやってることですがプライベートでは気が抜けてしまうという。

で、この高額Wifiですが、解約金が下がってきたのでRakuten Wifi Pocketに変える予定です。2,980円/月が1年間無料でメチャクチャ安い ww しかも1年後も今より2,400円も安くて速度制限リミットも低い。

これはスゴイですね。変えたらレビュー記事も書きます。

 

記事が役に立ったらクリックお願いします↓

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

-資産運用

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

クリーンエネルギーETFのICLN・QCLN ?? 私なら絶対買わない。本当に長期成長するのか??

  SMHという半導体製造企業で構成されるETFは買わないという記事を書きました。記事の最後でクリーンエネルギー系のETFも私なら買わないと書きました。 ICLNとQCLNが有名ですね。(と …

米国S&P500の最適なレバレッジが1.75倍の理由。だからSPXLの3倍は高すぎる

  米国S&P500の最適なレバレッジは1.75倍であることは前回の記事ですでに紹介しました。なぜかこの記事のアクセス数が異常に高かったので、もう少し分かりやすくかみ砕いた内容で再掲 …

【意外な結果】先進国 (米国以外)株式指数の30年間のリターン

  過去30年の米国株式指数のリターンが大きいことはよく知られていることですが、米国以外の先進国のリターンはどれくらい大きいのでしょうか? 私は米国だけでなく全世界株インデックスにも投資して …

物価は奥が深くて面白い。名著「物価とは何か」でインフレ・デフレを学ぶ。

  経済学にはとことん疎い私が経済学関係の本で、コレは面白いな!と感心したのが「物価とは何か」という本。これは名著リスト入りだな・・・。 私が面白いなと思ったのが物価を決める大きな要素が人々 …

投資信託の初心者にすすめる emaxis slim 全世界株式(除く日本)の評価

  チャンドラです。   私の会社にも新入社員が数十名入社して来ました。彼らは社内SNSのようなものを使って、自分たちで色々な勉強会を企画して活動をしています。 私がすごいな!と感 …

チャンドラです。

都内在住の30代サラリーマンです。このブログではインデックス投資の利点、運用成績、運用シミュレーションや金融工学の記事を公開していきます。

自己紹介は:こちら

お問い合わせは:こちら


にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ