資産運用

暴落した時は株を毎日買う方がいいか?

投稿日:2020年4月11日 更新日:

 




 

私は2018年の夏に米国S&P500のインデックス投資を開始しました。毎週同じ金額をひたすら積立て続けるという退屈な、忍耐が必要な、そして意図的に思考停止した投資法を継続しているのです。

ところで、株価いくらの時に買付したのかほとんどチェックしてなかったので、調べてみました。ほったらかしにも限度があるだろ、と言われそうです ww ですが「ほっらかせる」ことこそが、ドルコスト平均でインデックスに投資する利点です。

下のグラフの青い線がS&P500の推移、黄色い丸が私が買ったタイミングです。期間は2年間です。まあ当たり前のことですが、毎週買っているのでこのスパンで見ると黄色い点が推移線をほぼ網羅していますね。

毎週定額を買付する方法は、株価が緩やかに変化するときは有効です。下のグラフは2019年1月~6月を切り出したもの。この期間は株式指数が緩やかに上昇したので、毎週購入していれば株式指数の変化についていくことができた。

Sponsored Link



 

ところが、株価が大きく変化するときは状況が変わります。下のグラフは2020年1月~4月を切り出したもの。2以降はコロナ騒動で株価が暴落、毎日上がったり下がったりを繰り返しました。

気になるのが株価が3000ポイントを切った部分。下のグラフの赤い丸で囲った部分です。私はこの期間に40万円の投資を5回行い、合計200万円っを投資しました。ところがなんかモヤモヤする。特に喉の奥に刺さったトゲのように気になるのは、3月末に記録した最安値2,237ポイントで買い付けできなかったこと。この時に買付できていたらどれだけ利益を増やせていたのだろうかと。言い換えると、ココを押さえるために毎日積立てに切り替えていたら、どれくらい結果が変わっていたのか?と。

Sponsored Link



 

というわけで株価が3,000ポイントを割った25日間で投資スパンを変えた場合の買い付け数を比較してみました。その結果は・・・

毎日積立:779

毎週積立:781

※合計額は共に120万円、為替は無視

 

全然変わらないじゃないか ww

結論:毎日買おうが毎週買おうが変わらん

 

あくまである期間の株価を切り出して検討した結果なので、あらゆるケースに適用できる結果ではありません。推測ですが、他の期間を切り取っても結果はそんなに大きく変わらないと思っています。1億円投資するのなら話は別ですが。

喉の奥のトゲが取れた気分です。今夜も爆睡できそうです ww

 

やっぱり投資の大原則だけ読んでおけばいい ww

 

【おすすめ】テレワークを効率化するグッズを全力で紹介するッ!!

 

こちらからランキングに戻れます↓

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

-資産運用

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ARKKをインデックス中心のポートフォリオに混ぜてリターンは上がるか? これはぜひ混ぜてみたいな ww

  破壊的イノベーションへのテーマ型投資に特化しているのが米国のARK Investment Management社。 同社の代表的なETFを構成するイノベーション銘柄は、実はキッチリ分散が …

今年は3,900万円でフィニッシュ | 資産公開 | 2020年12月末

  2020年12月末の資産運用状況を公開します。   合計資産:38,998,469円 前月より150万円増加   総資産の推移: 2020年10月:  35,352, …

高齢化が進むほど若者が損する社会になる!若いうちから資産形成すべき。

  チャンドラです。   日本では人口の高齢化が進んでいます。 デービット・アトキンソン氏の「日本人の勝算」によると、2025年には65歳以上の人口が全体の30%を超えると予想され …

myINDEXで見る効率的フロンティア曲線

  現代ポートフォリオ理論では効率的フロンティアという考え方があります。 効率的フロンティアとは、色んなリスク資産を組み合わせてポートフォリオを作ったときに、あるリスクに対して最大のリターン …

インデックス長期ホールドを推奨するならその通りやれよ ww 途中でやめたらダメでしょ ww

  株式投資初心者ならインデックス投資。 個別株は値動きが激しくて心理的に耐えられないからインデックス投資。 株の才能がないと自覚している人はインデックスが無難。 投資の天才バフェットはS& …


チャンドラです。

都内在住の30代前半サラリーマンです。このブログではインデックス投資の利点、運用成績、運用シミュレーションや金融工学の記事を公開していきます。

メディアインタビュー記事:こちら

投資運用成績は:こちら

投資を始めた理由は:こちら

お問い合わせは:こちら


にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ