資産運用

emaxis slim 全世界株式(除く日本)をメインに積み立てる

投稿日:2019年8月1日 更新日:




 

チャンドラです。

 

私は6年で貯めた現金2,000万円を運用してインデックス・ファンドに投資しています。

そのメインとなるファンドがeMAXIS Slim 米国株式(S&P500)であることは別の記事で紹介しましたが、もう1つのメインのファンドがemaxis slim 全世界株式(除く日本)です。

 

emaxis slim 全世界株式(除く日本)とは

 

三菱UFJ国際投信 が出しているインデックス型ファンドです。日本を除く全世界の株式に投資することができます。

MUFGの資料によると、2018年12月時点で先進国88%、新興国12%の割合となっています

 

国別の構成銘柄は以下のようになっています。

 

 

先進国銘柄の中でもアメリカの割合が約60%と突出しています。

 

 

emaxis slim 全世界株式(除く日本)の手数料

 

ノーロードなので購入手数料はかかりません。

信託報酬は0.153%です。純資産100万円に対して約1530円です。

 

 

何故全世界株式か?

 

私のポートフォリオのメインは米国株式ですが、それでも米国一国だけに投資するのはリスク分散の観点で好ましくありません。米国以外の先進国を入れてリスク分散を図りたい。

また将来的に新興国の経済成長が期待されるため、ポートフォリオに新興国は組み込んでおきたい。

日本の経済成長は見込めないので、日本は除きたい。

これらを満たしてくれるのがemaxis slim 全世界株式(除く日本)です。

 

eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)とemaxis slim 全世界株式(除く日本)の両方を積み立てると、アメリカ株式の比率が突出してしまいます。

ですが、私はアメリカ経済の安定的な成長に賭けているので、両方のファンドを買うことでアメリカ株式の比率を高い状態にしておき、そのリスク分散として他の先進国を含め、よりリスクの高い新興国も少しだけ含めたポートフォリオとしています。

それでは。

 

関連記事:

eMAXIS Slim 米国株式 S&P500をメインに積み立てる

インデックス投資 | 迷うならさっさとeMAXIS Slimを選ぼう!

2050年の世界主要国GDP | 勃興する新興国と落ちぶれる日本

 

Sponsored Link



 

-資産運用

執筆者:


  1. […] emaxis slim 全世界株式(除く日本)もメインに積み立てる […]

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

楽天やアマゾンで買う前にフリマアプリをチェックする理由

  チャンドラです。   買い物をするとき、多くの人がまず気にするのは値段だと思います。 買いたいものの値段が予想以上に高い時、「買うのをやめようかなー」と考えてしまいます。 私の …

米国経済減速を見据えて積立金額を増やす

    チャンドラです。   私はSBI証券でインデックスに積立ています。主力は次のファンドです。 eMAXIS Slim 米国株式 (S&P500) eMAXI …

インデックス投資 | 迷うならさっさとeMAXIS Slimを選ぼう!

  チャンドラです。   初めて投資信託を始めるときはどのファンドにすればいいかメチャクチャ迷います。私は2018年から投資信託を始めましたが、ファンド選びに2週間くらいかかりまし …

目標の貯金額を達成するために必要なこと ~ 私の管理方法を紹介

    チャンドラです。   本格的に貯金を始めるときは「30歳までに1000万円貯めたい」などの目標を立てると思います。ですが目標を立てると立てっぱなしになって終わって …

新社会人のときに読んでおきたかったお金と投資の本

  チャンドラです。   私が新社会人の頃、平日はバリバリ仕事をして休日は資格の勉強をしていました。休日はゴリゴリ勉強をしていたので、国際資格を取得しました。でも、お金や投資に関す …


チャンドラです。

東京在住の30代前半会社員でエンジニアとして働いています。エリート外国人のお客さん相手に日々奮闘中。6年間で貯めた2000万円を元手にインデックス投資を始めました。

TOEIC 905点

PMP (Project Management Professional)

投資運用成績は:こちら

投資を始めた理由は:こちら

極貧時代の話は:こちら

海外駐在の話は:こちら

お問い合わせは:こちら

応援クリックお願い致します!


にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ