資産運用

emaxis slim 全世界株式(除く日本)をメインに積み立てる

投稿日:2019年8月1日 更新日:




 

チャンドラです。

 

私は6年で貯めた現金2,000万円を運用してインデックス・ファンドに投資しています。

そのメインとなるファンドがeMAXIS Slim 米国株式(S&P500)であることは別の記事で紹介しましたが、もう1つのメインのファンドがemaxis slim 全世界株式(除く日本)です。

 

emaxis slim 全世界株式(除く日本)とは

 

三菱UFJ国際投信 が出しているインデックス型ファンドです。日本を除く全世界の株式に投資することができます。

MUFGの資料によると、2018年12月時点で先進国88%、新興国12%の割合となっています

 

国別の構成銘柄は以下のようになっています。

 

 

先進国銘柄の中でもアメリカの割合が約60%と突出しています。

 

 

emaxis slim 全世界株式(除く日本)の手数料

 

ノーロードなので購入手数料はかかりません。

信託報酬は0.153%です。純資産100万円に対して約1530円です。

 

 

何故全世界株式か?

 

私のポートフォリオのメインは米国株式ですが、それでも米国一国だけに投資するのはリスク分散の観点で好ましくありません。米国以外の先進国を入れてリスク分散を図りたい。

また将来的に新興国の経済成長が期待されるため、ポートフォリオに新興国は組み込んでおきたい。

日本の経済成長は見込めないので、日本は除きたい。

これらを満たしてくれるのがemaxis slim 全世界株式(除く日本)です。

 

eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)とemaxis slim 全世界株式(除く日本)の両方を積み立てると、アメリカ株式の比率が突出してしまいます。

ですが、私はアメリカ経済の安定的な成長に賭けているので、両方のファンドを買うことでアメリカ株式の比率を高い状態にしておき、そのリスク分散として他の先進国を含め、よりリスクの高い新興国も少しだけ含めたポートフォリオとしています。

それでは。

 

関連記事:

eMAXIS Slim 米国株式 S&P500をメインに積み立てる

インデックス投資 | 迷うならさっさとeMAXIS Slimを選ぼう!

2050年の世界主要国GDP | 勃興する新興国と落ちぶれる日本

 

Sponsored Link



 

-資産運用

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

私が特定のセクターに集中投資しない理由は金の循環。巡る~巡る~よ金は巡る♪

    ハイテクとか半導体とかエネルギーに特化したETFはたくさんあります。ハイテクのETFならVTF (バンガード情報技術セクター)が有名です。 S&P500に連動する市 …

【重要】積立投資の新たな解釈。積立投資を「投資金額の時間発展の総和」と捉える。

  一括投資と積立投資の違いは何か? 前者は手持ちの資金を初年度に一括で投資すること。後者は手持ちの資金を数回に分けて投資することです。これだけ読んでもふ~んとしか思いません。では図示してみ …

iツールで新興国株式のドルコスト平均法シミュレーション

  チャンドラです。     大和証券投資信託委託株式会社は投資信託のシミュレーションツールであるiツールを提供しています。 積立投資のシミュレーションにとても便利なツー …

「電子書籍を買うか紙の本で買うか」は「繰り返し読むか?」で決める。

  本を電子書籍で買うか紙の本で買うか?は悩みどころだと思います。 私の基準は「繰り返し読む本なのか」で判断しています。もしある本を繰り返し読むのであれば電子書籍。一度読んだらもう読まないよ …

米国株はバブルではない。2021年の展望。一番しっくりきた専門家の分析はこれだ ww

    この記事が一番しっくりきました。マネックスの岡元氏の記事。 「相場をけん引するGAFAMに死角はあるのか、2021年の米国株展望」   米国株式市場はバブルなのか …


チャンドラです。

都内在住の30代前半サラリーマンです。このブログではインデックス投資の利点、運用成績、運用シミュレーションや金融工学の記事を公開していきます。

メディアインタビュー記事:こちら

投資運用成績は:こちら

投資を始めた理由は:こちら

お問い合わせは:こちら


にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ