資産運用

emaxis slim 全世界株式(除く日本)をメインに積み立てる

投稿日:2019年8月1日 更新日:




 

チャンドラです。

 

私は6年で貯めた現金2,000万円を運用してインデックス・ファンドに投資しています。

そのメインとなるファンドがeMAXIS Slim 米国株式(S&P500)であることは別の記事で紹介しましたが、もう1つのメインのファンドがemaxis slim 全世界株式(除く日本)です。

 

emaxis slim 全世界株式(除く日本)とは

 

三菱UFJ国際投信 が出しているインデックス型ファンドです。日本を除く全世界の株式に投資することができます。

MUFGの資料によると、2018年12月時点で先進国88%、新興国12%の割合となっています

 

国別の構成銘柄は以下のようになっています。

 

 

先進国銘柄の中でもアメリカの割合が約60%と突出しています。

 

 

emaxis slim 全世界株式(除く日本)の手数料

 

ノーロードなので購入手数料はかかりません。

信託報酬は0.153%です。純資産100万円に対して約1530円です。

 

 

何故全世界株式か?

 

私のポートフォリオのメインは米国株式ですが、それでも米国一国だけに投資するのはリスク分散の観点で好ましくありません。米国以外の先進国を入れてリスク分散を図りたい。

また将来的に新興国の経済成長が期待されるため、ポートフォリオに新興国は組み込んでおきたい。

日本の経済成長は見込めないので、日本は除きたい。

これらを満たしてくれるのがemaxis slim 全世界株式(除く日本)です。

 

eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)とemaxis slim 全世界株式(除く日本)の両方を積み立てると、アメリカ株式の比率が突出してしまいます。

ですが、私はアメリカ経済の安定的な成長に賭けているので、両方のファンドを買うことでアメリカ株式の比率を高い状態にしておき、そのリスク分散として他の先進国を含め、よりリスクの高い新興国も少しだけ含めたポートフォリオとしています。

それでは。

 

関連記事:

eMAXIS Slim 米国株式 S&P500をメインに積み立てる

インデックス投資 | 迷うならさっさとeMAXIS Slimを選ぼう!

2050年の世界主要国GDP | 勃興する新興国と落ちぶれる日本

 

Sponsored Link



 

-資産運用

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

インデックス投資の積立額が500万円を超えた

  チャンドラです。   インデックス投資の積立額が500万円を超えました。2018年7月にインデックス投資を初めてから6か月でここまで来ました。 運用状況は次の通りです。 &nb …

社畜の資産公開 | 208万円減少で爆死 ww | 2020年2月末

Sponsored Link     2020年2月の資産運用状況を公開します。 合計資産は29,089,219円で前月より208万円減少しました。   総資産の推移: …

みずほ銀行では資産を増やせないので楽天銀行に預金を移しました

チャンドラです。   やっと楽天銀行の口座を開設しました。私はみずほ銀行の預金口座をメインにしていましたが、これからは楽天銀行に預金を移していきます。楽天銀行に預金しておく方がメリットが多い …

あー。ヒマすぎる。投資でほぼ迷うことがないインデックス投資家に工夫の余地はあるのか?

  インデックス投資といえば銘柄選びが不要なので投資において特に考えることがないとも言えます。極端に言えば思考停止の投資法です。 良くいえば時間を節約できて銘柄分析に割く時間を他の時間に費や …

S&P500ではなくバークシャー・ハサウェイ株に投資すればいいのでは?

  バークシャー・ハサウェイ社の会長、ウォーレン・バフェット氏は毎年、「株主への手紙」を発表します。バフェット氏からの手紙36年分の和訳がまとまった書籍が販売されていますが、英語であればバー …

チャンドラです。

都内在住の30代サラリーマンです。このブログではインデックス投資の利点、運用成績、運用シミュレーションや金融工学の記事を公開していきます。

自己紹介は:こちら

お問い合わせは:こちら


にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ