資産運用

インデックス投資 | 迷うならさっさとeMAXIS Slimを選ぼう!

投稿日:2019年8月10日 更新日:




 

チャンドラです。

 

初めて投資信託を始めるときはどのファンドにすればいいかメチャクチャ迷います。私は2018年から投資信託を始めましたが、ファンド選びに2週間くらいかかりました。

自分が稼いだお金を預けるのでよく考えることは大切です。でも考えすぎて決められなくなって「やっぱや~めた」となるのは最悪です。考えるのに費やした時間が無駄になるからです。

私の経験からいうと、迷うぐらいならさっさと決めて始めたほうがいいです。私が薦めるのは三菱UFJ国際投信 (MUFG)のeMAXIS Slimシリーズです。

私自身もemaxis slimシリーズに1000万円以上を投資して運用しています。

引用:MUFG

 

eMAXIS Slimシリーズのファンドはとにかく分かりやすいです。

国内・先進国・新興国の株式や債券など基本的なファンドは全てそろっています。だから投資信託初心者が自分のリスク許容度に合わせてファンドを選びやすいです。

例えばリスクを取って先進国株式に投資したいならeMAXIS Slim先進国株式インデックスを選べばいいし、リスクを取りたくないならeMAXIS Slim国内債券株式インデックスを選べます。

とにかく選びやすいのがeMAXIS Slimが優れている点です。

 

 

そして素晴らしいのが信託報酬です。信託報酬とはファンドを保有するための手数料です。

eMAXIS Slimシリーズの信託報酬は業界最低水準です。例えばeMAXIS Slim先進国株式インデックスの信託報酬率は0.10%です。つまり100万円投資するとその手数料はたった1000円です。とても安いです。

MUFGは信託報酬率の引き下げを頻繁に行っているます。信託報酬が安ければ安いほど運用で得られた利益も大きくなります。だからeMAXIS Slimは優れているといえます。

 

※2019年8月9日時点

 

そして、eMAXIS SlimシリーズはSBI証券や楽天証券などメジャーなネット証券で買うことが出来ます。NISAや積立NISAの適用対象です。NISAを適用すれば節税効果が期待できるので、eMAXISで運用する場合はNISAを利用しましょう。

 

ファンド選びで迷ったらeMAXIS Slimを薦めます。悩んで悩んでや~めたっとなる前にサッサと決めて始めることをお薦めします。

それでは。

 

関連記事:

emaxis slim 全世界株式(除く日本)をメインに積み立てる

eMAXIS Slim 米国株式 S&P500をメインに積み立てる

インデックス投資の積立額が1000万円を超えました

Sponsored Link



 

運用成績を公開しています

私がインデックス投資を始めた理由

6年間で2000万円貯めることが出来た秘密

私のブログランキングはこちら:

にほんブログ村 株ブログ 米国株へにほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

-資産運用

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

米国経済減速を見据えて積立金額を増やす

    チャンドラです。   私はSBI証券でインデックスに積立ています。主力は次のファンドです。 eMAXIS Slim 米国株式 (S&P500) eMAXI …

社畜の資産 | 145万円増加 | 2020年4月末

  2020年4月の資産運用状況を公開します。   合計資産:28,148,572円 前月より145万円増加   総資産の推移: 2020年2月:  29,089,219 …

【金融リテラシー】利率と利回りの違いを理解しよう!

  チャンドラです。   「利率」と「利回り」は意味が違います。 「利率」は「表面利率」ともよばれ、額面金額に対して毎年受け取る利子の割合の事です。 「利回り」は投資金額に対する利 …

インデックス投資やるなら知っておくべき | 現代ポートフォリオ理論を分かりやすく解説

  私が現代ポートフォリオ理論に興味を持ったのがインデックス投資を始めてしばらくしてからです。 インデックス投資を始める前に読んだいくつかの書籍には、「インデックス投資が最も効率的な投資であ …

金融リテラシーが低い人ほど長期投資志向が薄く計画性も低い

  日本証券業協会の調査よると、「金融リテラシーが低い人ほど長期投資志向が薄く計画性も低い」そうです。 これを言い換えれば; ・金融リテラシーが低い人:短期間で金が欲しい・無計画 ・金融リテ …

チャンドラです。

都内在住の30代サラリーマンです。このブログではインデックス投資の利点、運用成績、運用シミュレーションや金融工学の記事を公開していきます。

自己紹介は:こちら

お問い合わせは:こちら


にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ