資産運用

アインシュタインは本当に「複利は人類最大の発明」と言ったのか?

投稿日:




 

株式投資で資産を増やせる大きな理由が複利効果です。利回りが大きくてと運用期間が長いほど雪だるま式に資産が増えていくというカラクリです。有名な「72の法則」を利用すると、例えば1000万円を年利7%で運用すれば10年で2倍の2000万円まで資産を増やせるというわけです。

 

複利の効果を強調する宣伝文句として「アインシュタインは複利を人類最大の発明と述べた」と紹介されることが多いです。英語のサイトでも日本語のサイトでも同様です。でも、ちょっと待て待てと。

 

アインシュタインは本当に「複利は人類最大の発明」と言ったのでしょうか?ちょっと、嘘くさくないですか ww

 

学生時代に私は理系だったので、アインシュタインが考案した相対性理論やら統計物理やらをかじっていたことがあります。もちろんアインシュタインの業績はあまりにも広すぎて(某専門書曰く、普通の物理学者が1つ発見すれば歴史に名を残せるような業績を、たった一人で数えきれないほど成し遂げた)、その全部を知っているわけではないのですが、それでも複利計算の公式をメインに据えてバリバリ応用して仕事をしていたようには思えないからです。(まあ、複利の公式自体があまりにも基本的すぎるわけですが)。私からすれば、それを言ったのは本当にアインシュタインなの?という違和感が残るわけです。

 

Sponsored Link



 

というわけで、アインシュタインが本当にそんなこと言ったのかと調べてみると、確かに懐疑的だと書いている記事がありました。以下が英語の引用。太字で簡単な訳を書いています。

The attribution of this sentiment about compound interest to Einstein doesn’t seem to have existed during the scientist’s lifetime, first appearing in print only several decades after his death, and always repeated as something he supposedly said in some indefinite time and place. (Albert Einstein died in 1955, but the earliest mention we could find of this item was in a 1983 New York Times blurb.)

「複利が人類最大の発明」という言葉はアインシュタインの存命中に存在しなかった。アインシュタインが死去したのが1955年。一方で、「複利が人類最大の発明」という文句が出てきたのが1983年のニューヨーク・タイムズに掲載された広告文だ。

Just what Einstein reportedly said about compound interest varies quite a bit from source to source: That it was “the greatest invention in human history” (or “the greatest invention of mankind,” or “the greatest invention of all,” or “the most significant invention of the nineteenth century”), that it is “the most powerful force in the universe,” or that it is “more complicated than the theory of relativity.” (That last variation echoes another sentiment popularly attributed to Einstein which also began to appear only well after his death, to the effect that “preparing a tax return is more complicated than relativity theory” or “the hardest thing in the world to understand is the income tax.”)

アインシュタインが言ったとされる言葉にはバリエーションがありすぎる。「人類史上最も偉大な発明」「宇宙で最も強力な力」「相対論よりも複雑」

 

 

 

う~ん。やっぱり嘘くさい。

私が知らないだけかもしれませんが、本当に言ったのであれば正しいソースが欲しいですね。というかソースなしに名言が出回っていいのだろうか ww

 

 

 

 

 

話は変わりますが、複利計算の面白さは直観に反するところだと思います。例えば年利10%と言われれば、元本のたった1.1倍かよ ww と感じるわけですが、それを何回も乗じると思いがけず元本が増えていく。

 

仮にアインシュタインが複利を「人類最大の発明」だと言ったとしましょう。ここで注意すべきは誰にとって最大の発明なのか?という点です。

 

私はインデックス投資をしていますが、私にとって複利は人類最大の発明です。何故なら複利の効果を味方につけて資産を雪だるま式に増やすことができるからです。(リスクがある分、減る可能性もあるわけですが。)

 

逆に私が金を借りる側だとすると、私にとっては複利は人類最悪の発明でしょう。例えば住宅ローンですが、金を返す期間をダラダラ伸ばせば伸ばすほど、返す金は複利効果で増えていきます。言い換えると、金を貸す方にとって「人類最大の発明」というわけです。

 

 

記事が役に立ったらクリックお願いします↓

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

よろしければ読者になって下さい↓

-資産運用

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

マンション投資の電話勧誘がウザすぎる

  チャンドラです。   最近、マンション投資の勧誘電話がよくかかってきます。それがウザすぎて困っているのです。   電話に出るとメチャクチャ早口で、 「株式会社××の● …

マイナス12万円 | 運用成績 | 2020年5月第4週

  今週のインデックス投資運用成績を公開します。   今週の積立金額:14万円 積立総額:2,504万円 評価額:2,492万円 先週の損益:-105万円 (-4.4%) 今週の損 …

米国S&P500の将来のリターン予測

  チャンドラです。   過去のPERを用いて米国S&P500の将来のリターンを予測してみます。PER (株価収益率)とは、「株価を1株あたりの純資産の額で割った値」のこと …

住宅手当があるかないかはメチャクチャ重要。就職時は必ずチェック!

  チャンドラです。   就職時に会社の給与が高いかどうかを見るのは大切ですが、同じくらいに大切なのが福利厚生の充実度です。 福利厚生制度の中でも特に重要なのは住宅手当です。 家賃 …

インフレが怖いから投資信託で資産運用する

  チャンドラです。   総務省が2018年度の全国消費者物価指数が前年度に比べて0.8%上昇したと発表しました。消費者物価指数は商品の物価の変動を表す指数で、物価がどれだけ上昇し …


チャンドラです。

都内在住の30代前半サラリーマンです。6年間で貯めた2000万円を元手にインデックス投資を始めました。このブログでは資産運用の方針、運用成績、家計簿、節約生活を赤裸々に公開しています。

投資運用成績は:こちら

投資を始めた理由は:こちら

お問い合わせは:こちら


にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ