レビュー 書評

アメリカ人の考え方 | 努力しないで結果を出すほうがいい

投稿日:




 

日本人ほどアメリカを理解できていない国民はほかにいない。

 

橋爪大三郎氏の「アメリカ」ではアメリカの宗教、プラグマティズムに焦点を当てて、日本人とアメリカ人のものの考え方を明らかにしていきます。

 

本書の中で、「努力と成果」に関する考え方の違いがあります。

多くの日本人は努力をすればするほど成果を出せると信じています。

一方、アメリカ人はそうは考えないようです。

一生懸命働くこと。職業活動が自分にも他社にもよいことで人生の目標であること・・・

 

日本人は、まったくプラグマティストとして行動しているように見える。まったく資本主義的に行動しているようにも見えるけど、両者は同じなのか?

プラグマティズムと日本人とでは、その神学というか、エートスの前提が違います。

 

プラグマティズムはやっぱり、神の支配を出発点としている。そうすると、才能があると思って一生懸命努力したけれど、実は才能がなかった、ということを許容しなくてはいけない。そうやって納得する。

一生懸命努力したけれど、結果が伴わなかった。これは運がない。運とは神の意志です。神の意志なら、人間の努力は無意味なんですね。

 

努力して結果が伴うより、努力しないで結果が伴うのが、いちばんいい。

 

こういう神学の中にアメリカはあるから、努力と成果は無関係であってよい。

あんまり努力しないのに、どういうわけかすごく金持ちというひとがいれば、それは神の恵みだからよいということで、偉いのです。日本ではそういう神学は許容されない。

神学が違えば、制度も運用も違い、人々の自己理解も違ってくるのです。

 

プラグマティズムが重視するのは成果を出すことです。

成果を出すためには努力が必要ですが、努力をせずに成果を出すのが一番いい。

努力をしているが、成果が出ていない。これがいちばん最悪なんですね。

アメリカの企業が成果主義であること、結果を出した人がお金をもらって当然であるという風潮があること。

これらの考え方の根底にはプラグマティズムがあるからなのです。

 

関連記事:

職場のアメリカ人に投資しているか聞いてみた ~ 予想通り投資で儲けまくっていた

米国株に投資するとか言っときながらテキサスしか行ったことない

米国株に投資する理由は米国人の株式保有比率が高いから!

 

ブログランキングです。クリック頂ければ幸いです。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へにほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

-レビュー, 書評

執筆者:


  1. chandra11 chandra11 より:

    コメントありがとうございます。

    努力して一時的に結果を出すとして、そこで得た経験を活かして次やることはより少ない努力でこなすという考えも大事かと思います。何も学ばす同じ苦労ばかりするのは効率悪いですしね。

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

馬油シャンプーが安くておすすめ

チャンドラです。   馬油シャンプーを2年以上愛用しています。 Amazonで見ると複数の会社が発売していますが、私が愛用しているのはこの宇津木産業が発売している1,000mlのシャンプーで …

無印良品のスタッキングシェルフは使えるぞ ww

    私は本や家電などはクローゼットに押し込んでおく派なのだが、クローゼットがオーバーフローしてきたので、新しく家具を買うことにした。 私が前から欲しかったのが無印良品のスタッキ …

洋服の種類を減らせば節約できる!!

  チャンドラです。   仕事が忙しくなってくると休日ゆっくり休みたいので、買い物に出かけるのが面倒くさくなります。特に面倒くさいのが服です。休日服を買いに行くと人が多いし試着が面 …

コスパ最高の炊飯器 | アイリスオーヤマ 炊飯器 RC-MA50AZ-Bがおすすめ

    スポンサーリンク     チャンドラです。   私が使っているおススメの炊飯器を紹介します。 お米が美味しく炊けてしかも安価なとてもコスパが高 …

快眠への投資 | 夜遅くまで残業するサラリーマンがこだわる寝具を紹介

    チャンドラです。   皆さんお仕事ご苦労様です。 私は平日夜の9時頃帰宅します。遅い時は11時に帰宅することもあります。そんなときはクタクタです。朝は6時に起きる …


チャンドラです。

都内在住の30代前半サラリーマンです。6年間で貯めた2000万円を元手にインデックス投資を始めました。このブログでは資産運用の方針、運用成績、家計簿、節約生活を赤裸々に公開しています。

投資運用成績は:こちら

投資を始めた理由は:こちら

お問い合わせは:こちら


にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ