資産運用

長期分散投資の効果 (国内債券・株式・外国債券・株式 均等配分)

投稿日:




 

GPIF (年金積立金管理運用独立行政法人)のウェブサイトはハッキリ言って素晴らしいです。

金出して投資の本を買うのはイヤだ、という人でもタダで投資の知識を得ることが出来るからです。

一番のポイントは、リスクを下げるという観点で投資を説明している点です。

GPIFは国民の年金積立金を運用しているので、リスク低減を強く意識しているのはある意味で当たり前のことです。

しかし視点を変えてみれば、無責任にリスクが高い投資法を推奨するような物言いはしないと言えます。

私が面白いと思ったのは「長期分散投資の効果」という項目。一部表現を簡潔にして引用します。

下の図は、過去に100万円を国内債券、国内株式、外国債券、外国株式の4資産に25%ずつ投資し、1年間保有した場合の運用成果です。1年間の運用成績をみると、100万円の投資元本を割り込んでしまった年がいくつかあることが分かります。

一方、下の図は、過去に100万円を国内債券、国内株式、外国債券、外国株式の4資産に25%ずつ投資し、10年間保有した場合の運用成果です。10年間の運用成績をみると、100万円の投資元本を割り込んだことはありませんでした。1年ごとにみると大きな利益が出た年と、大きな損失が出た年がありますが、投資期間を延ばしていくと、良い年と悪い年の運用成果は相殺され、投資期間全体でみると収益が積みあがっていきました。

 

Sponsored Link



 

要するに、

・全投資期間の中のたった1年間だけに着目すれば、約30%は元本割れしているが、

・全投資期間の中の10年間に着目すれば、元本割れしたことはない

ということ。

これをしっかり数字で示して説明してるのは素晴らしいことだと思います。

ただし全ての資産 (債券、株式)でリスクがあるので、必ずしも10年投資すれば元本割れを必ず回避できるわけではありません。

元本割れせずなるべくリターンを改善するように、GPIFは定量的ン分析に基づいてポートフォリオを見直しています。

このへんの説明は別の機会に。

 

ちなみにS&P500に投資する場合、シミュレーションによると1年間投資で元本割れする確率は約35%、10年間投資すれば元本割れ確率はほぼゼロ。これは過去記事で紹介済みです。

米国S&P500に最低何年投資すべきか?元本割れ確率をゼロにするには最低10年必要。

 

GPIF関連記事:

GPIFの運用収益率だけみても意味がない。GPIFが掲げる「目標」を理解すべし。

GPIFの運用目標とポートフォリオはちゃんと読みましょう ww

記事が役に立ったらクリックお願いします↓

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

-資産運用

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

eMAXIS Slim 米国株式 S&P500と全世界株式(除く日本)を買い続けた結果。リターンの差は?

  私がインデックス投資を始めるときに悩んだのが、S&P500か全世界株式(除く日本)のどちらを買うか。これはかなり悩みましたよ。 米国か全世界のどちらを買った方がリターンは高くなる …

平均的な上場企業社員が年利5%で運用した結果 ww 2000万円いくか?

  上場企業の社員の平均年収は613万円です。平均的な上場企業の正社員が年利5%で運用した場合、資産をどれだけ増やせるかを計算しました。   モデルケースとして愛知県の平均年収61 …

ディスられるチャーティスト【ウォール街のランダム・ウォーカー再読】

  投資で大切なことのほとんどは「ウォール街のランダム・ウォーカー」に書いてます。 再読して面白かったのがチャーティストへのディスり。マルキール氏の口の悪さも本書の面白さの一つ。 私は運用成 …

「永久に持っておきたい6つの高配当米国株」の広告が激しく表示されて困惑するんだが ww

  Youtube見てたらオックスフォード・クラブの表示が何回も何回も表示されて嫌なんですが ww 日本人は退職後に警備員やるけどアメリカ人はバカンスを満喫する、この差は何なのか?みたいな。 …

従業員持株会に入るべきか?要らないでしょ。リスク分散できないし。

  私の会社にも従業員持株会があるのですが、私なら絶対入らないな ww 従業員持株会とは、自分が勤めている会社の株式を定期的に買うこと。 メリットとしては、少額から始められる点、給料・ボーナ …

チャンドラです。

都内在住の30代サラリーマンです。このブログではインデックス投資の利点、運用成績、運用シミュレーションや金融工学の記事を公開していきます。

自己紹介は:こちら

お問い合わせは:こちら


にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ