社畜

謎の検索エンジン DuckDuckGo(ダックダックゴー)を使ってみた

投稿日:2019年5月4日 更新日:




 

チャンドラです。

 

先日ブログの流入元の検索エンジンを見ていたところ、グーグルやヤフーに混じって、DuckDuckGoという検索エンジンが表示されていました。

DuckDuckGo・・・怪しすぎるので調べてみました。

 

DuckDuckGoとは?

 

Wikipediaによると、アメリカのペンシルバニア州に本社があるDuckDuckGoという会社が運営する検索エンジンです。

「利用者のプライバシー保護と利用履歴を記録保存しないこと」を運営方針としています。

確かにDuckDuckGoのウェブサイトには、グーグルと違ってDuckDuckはプライバシーを保護する旨が宣言されています。

Sponsored Link



 

DuckDuckGoのシェア

 

DuckDuckGoの検索エンジンはどれくらい利用されているのか?

2018年の米国における検索エンジンのシェアが報告されています。

それによるとグーグルのシェアが70%に対して、DuckDuckは0.36%で、まだまだ王者グーグルには及ばないようです。

 

出典:sparktoro

 

検索してみた

 

ある言葉を検索して、GoogleとDuckDuckでどのように違うか見てみました。

まずはGoogleで「日本」と検索してみます。

トップにGoogle newsが標示されます。その下にWikipedia、ニコニコ大百科、コトバンクなどが表示されました。

 

 

 

次にDuckDuckで「日本」と検索してみます。

ニュースは表示されず、Wikipediaがトップに表示されました。

次に日本郵便、日本テレビ、日本弁理士会、新日本プロレス、日本HPが表示されました。

ユーザーの利用履歴を活用しないと謳っていることから、「日本」という単語を含んだアクセス数の多いサイトをシンプルに表示していると感じます。

 

まとめ

 

 

以上、DuckDuckGoを紹介しました。

Duckがこれから普及していくかどうかは未知数です。

ですが、プライバシー保護の観点から、利用者の検索履歴を活用しないことに賛同する人が増えていくかもしれません。

それでは。

 

関連記事:

 

米国株に投資する理由は米国人の株式保有比率が高いから!

資源も輸出できるアメリカ | LNG生産からみるアメリカのすごさ

職場のアメリカ人に投資しているか聞いてみた ~ 予想通り投資で儲けまくっていた

 

運用成績を公開しています

私がインデックス投資を始めた理由

6年間で2000万円貯めることが出来た秘密


私のブログランキングはこちら:

にほんブログ村 株ブログ 米国株へにほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

 

-社畜

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

働く65歳以上の老人はかっこいい

チャンドラです。   私の会社では65歳で定年退職となりますが、一部の社員は再雇用という形で定年後に働いている人もいます。中には同業他社を退職した後、私の会社に働きにくる人もいます。 65歳 …

社畜がマネー情報サイトのインタビューを受けました ww

  マネー情報サイト「マネービバ」のインタビューを受けました。 興味があれば、こちらから読んでみてください。 リンク   Follow @Chandra4302 記事が役に立ったら …

アベノマスク回収の悲哀 | 急いでやると爆死する

  政府が国民に配布するマスク(アベノマスク)に汚れが見つかった問題を受けて、興和と伊藤忠商事が未配布分を全量回収すると発表しました。日経の記事から引用。 伊藤忠商事は海外の衣料品縫製工場を …

セクハラ扱いされないように気をつけろ!

  チャンドラです。   私の会社には正社員以外に多くの派遣社員の女性が働いています。同じオフィスで働いているとはいえ、彼女たちは人材派遣会社から来ている人たちなので、私たちとは所 …

労働賛歌 | 仕事の名言・格言

  働くことは、辛い。   仕事の内容は高度化し、複雑な業務をもっと早く、もっと効率的に、ミスなくこなすよう、社会は私に要求する。   要求を満たすことができなければ「役 …


チャンドラです。

都内在住の30代前半サラリーマンです。6年間で貯めた2000万円を元手にインデックス投資を始めました。このブログでは資産運用の方針、運用成績、家計簿、節約生活を赤裸々に公開しています。

メディアインタビュー記事:こちら

投資運用成績は:こちら

投資を始めた理由は:こちら

お問い合わせは:こちら


にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ