社畜

酒が飲めない人を採用しない会社は合理的かもしれない ww

投稿日:

 

わが社は、「お酒が飲めること」を重視しています。

なぜなら、「よく飲む人ほど、よく出世する」からです。私が武蔵野の社長に就任したころの「部長昇格試験」は、「1時間で42度の焼酎1本を2人で空ける」です。しかもロックで(笑)。できれば部長。できなければ昇格見送りでした。

お酒が飲めれば、バカなことも言えて、部下と本音のコミュニケーションがとれる。上司と部下のコミュニケーションがよいと、部下も成長します。

コミュニケーションの原点は、人と人が顔を突き合わせて会話をすることです。飲食は心を和ませ、人はよく話すようになり、情報を多く仕入れることができます。相互理解が高い人とそうではない人なら、「相互理解が高い人」のほうが仕事において差が出るのは、言うまでもないことです。

引用:ビジネスIT

 

株式会社武蔵野の社長のインタビュー記事からの引用です。この会社では、酒が飲める人を重視し、酒が飲める人が出世するそうです。何故なら飲み会をすることで、上司と部下のコミュニケーションを活性化させることができる、とのことです。

 

この記事を読んだときに「マジか ww」と思いましたが、よくよく考えてみるとこの会社の社長さんはかなり親切だと思いました。なぜなら新卒採用の時点で、「酒が飲める人間しか採用しない」と公言しているから。

 

Sponsored Link



 

 

多くの若手が会社に入社した後に「飲み会に行くのが面倒くさい」「上司に誘われて断りづらい」と悪態を垂れるのは、会社が新卒採用時に「飲み会はあるが強制参加ではない」とか「部署の飲み会は業務として認められる」とかを説明していないからなんですね。

 

そういうグレーな部分を「若手は飲み会に参加するのが常識」という考えで押し込もうとするから、年配と若手の間に考えのギャップができるわけです。若手からすれば「暗黙の了解で進めんなよ」と思うわけですね。まあ私は飲み会は業務と勝手に見なして残業代つけてるので喜んで参加しますが ww

 

新卒採用時に飲み会の方針まで説明する会社ねえよ、と思えそうですが、実際にやってるのがこの小山社長です。酒飲めないやつは採用しない方針の賛否は別として、曖昧さを排除しているという点では、いいことやっているなと思います。社員に支給する懇親会の費用は年間2500万円らしいので、酒が好きな人間にとってはかなりオイシイかもしれません ww

 

関連記事:

ゴミレベルの飲み会は金の無駄

自分で自分のハードルを上げる日本人は社畜・・・

Sponsored Link



 

ブログランキングです。クリック頂ければ幸いです。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へにほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

-社畜

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

外貨建て保険に苦情言う前に契約書をしっかり読めよ ww

  私の友人にも外貨建て保険に契約している人が数人いるのですが、最近は苦情が増えているようです。Yahoo newsの記事から引用。 2019年度の外貨建て保険の苦情が、前年比1割増の282 …

「冬のボーナス96万円」報道に文句タラタラ

  経団連によると2019年冬の大企業のボーナスの平均額は、過去最高の96万円に達したそうです。 ネットの掲示板は文句タラタラ。 「正社員なのにボーナスなし。うちの会社、マジで正社員のメリッ …

なぜ映画「ランボー」は私の涙を誘うのか

  私がハリウッド映画の最高傑作だと思っているのが「ランボー」です。ランボーシリーズはどれも好きなのですが、特に第1作は素晴らしく、涙なしにはみることはできません。 ランボーシリーズといえば …

早く残業させてくれ。話はそれからだ ww

  一時的に仕事が増えると、一定の時間が経てば仕事は減る。逆に一時的に仕事が減ると、一定の時間が経てば仕事は増える。 例えば貿易戦争とかコロナ禍といった、一企業が自力でコントロールできないよ …

ネクラだとお金が貯まります。私はネクラです。

  チャンドラです。   ブログ記事の文体とか見ると分かりますが、私はネクラです。 ネクラ、性格の根が暗いということです。 仕事は社畜並みにバリバリやります。仕事の半分以上が人との …


チャンドラです。

都内在住の30代前半サラリーマンです。6年間で貯めた2000万円を元手にインデックス投資を始めました。このブログでは資産運用の方針、運用成績、家計簿、節約生活を赤裸々に公開しています。

メディアインタビュー記事:こちら

投資運用成績は:こちら

投資を始めた理由は:こちら

お問い合わせは:こちら


にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ