節約の知恵

ペットボトル飲料は箱買いが絶対おすすめ

投稿日:

Sponsored Link




 

チャンドラです。

 

実は私はこれまでペットボトル飲料を箱買いすることに抵抗がありました。ペットボトル飲料を大量に買って数千円払うことにためらいがあったからです。

でも最近考え方を変えました。箱買いすると単品で自動販売機やコンビニで買うよりも間違いなく安く買えるからです。

そしてペットボトル飲料を家に置いておくことで災害対策にもなるのです。

 




 

どれくらい節約できるか?

 

箱買いすることでどれくらい節約できるかを見てみます。

私が好きなお茶はサントリーの伊右衛門です。コンビニで買うと1本当たり150円しますが、楽天で24本まとめて買うと1本当たり95円で買えます。24本買ったときの節約効果は1,320円です。

 

 

私の職場で流行っているのがウィルキンソンの炭酸水です。そのまま飲んでもおいしいし、ハイボールにも使えるとても人気がある炭酸水です。コンビニで買うと1本当たり150円しますが、楽天で24本まとめて買うと1本当たり90円で買えます。24本買ったときの節約効果は1,440円です。

 

 

私が実際に箱買いしたのがウィルキンソンのジンジャエールです。ジンジャエールは自動販売機やコンビニで見つからないことが多いので今回箱買いしました。ショウガの味が強い辛口で、飲みごたえがあってとてもおいしいジンジャエールです。

楽天で買うと24本で2300円です。1本当たり100円以下なのでとてもお得です。コンビニで見たことがないので値段が分かりませんが、1本150円とすると24本買うときの節約効果は1,320円です。

 

 

箱買いするときはネットショップで買うことをおススメします。楽天では送料無料の商品も多いしポイントをたくさん貯めることができるからです。

単品より安く買えるし、送料も無料、ポイントも貯まる、となれば箱買いはメリットだらけですね。

 

Sponsored Link



 

 

災害時の備蓄

 

箱買いしておくことのもう一つのメリットは災害対策です。

災害時には水道がストップする可能性があります。大人一人が1日に必要な水の量は2リットルから3リットルと言われています。自動販売機やコンビニが近くにない場合は飲料水を手に入れることが難しくなります。そのとき家で余っているペットボトル飲料が役に立ちます。

水で調理できる保存食を食べることを考えて、水のペットボトルも家に置いておいた方がいいです。

 

 

以上、ペットボトルを箱買いするメリットを説明しました。オトクだなと思ったか方は、まずはお気に入りの飲み物を箱買いしてみて下さい。

 

それでは。

 

節約の知恵はこちら

資産運用はこちら

私のブログランキングはこちら:

にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

 

Sponsored Link



 

-節約の知恵

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ふつうのサラリーマンが2000万円貯める方法

  チャンドラです。   金融庁の老後資金2000万円不足問題がいまだにハイライトされています。 お金を貯めるなら独身のうちがチャンスです。結婚して家庭を持つと出費は避けられないか …

これまでにドブに捨てた金額を公開します

チャンドラです。   ケチを自認する私ですが、これまでの人生でお金をドブに捨てたと感じたことは多々あります。そんな経験を紹介します。 受験浪人(ドブ捨て金額:120万円)   間違 …

金銭感覚の変化を知ることの大切さ

Sponsored Link   チャンドラです。   私は学生時代貧乏生活をしていました。お金がなかったというよりもお金を貯めたかったので、月数千円の学生寮に住んだり、毎日野菜炒 …

楽天証券なら日経新聞の記事を無料で読める | 新聞代を節約

Sponsored Link   チャンドラです。   日経新聞を読みたいけれど定期購読すると高いですよね。現在の値段は全日版で月額4,000円、電子版で月額4,200円です。 で …

社畜の節約飯 ww ネギ味噌が保存食として最高に使える ww

  前の記事で70歳のジジイになっても働くと宣言しましたが、年とっても働くためには健康維持が最も大切な条件です。とはいえ多額の金をかけたくない。 最近ハマっているのはネギ味噌作りです。味噌は …


チャンドラです。

都内在住の30代前半サラリーマンです。このブログではインデックス投資の利点、運用成績、運用シミュレーションや金融工学の記事を公開していきます。

メディアインタビュー記事:こちら

投資運用成績は:こちら

投資を始めた理由は:こちら

お問い合わせは:こちら


にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ