資産運用

「ダウ平均とナスダック100の乖離」でセクターローテーションのタイミングを知る。

投稿日:




 

ニュース記事を見ていたらダウ平均とナスダック100の乖離というタイトルを見つけました。ブルームバーグの記事から。

8日の米株市場では125年の歴史を持つダウ平均が日中ベースの最高値を更新した一方、大型ハイテク銘柄中心のナスダック100は調整局面入りとされる水準に下落した。ダウ平均が上昇して最高値から1%の範囲で取引を終了した日にナスダック100が最高値から10%余り安い水準となったのは、1993年以降では初めて。

FBBキャピタル・パートナーズの調査責任者、マイク・ベイリー氏は「投資家は景気回復に自信を深めつつあり、ハイテク株に比べてバリュエーションが妥当な大型株の中でファンダメンタルズの改善を取り込もうとしている」と指摘。「合理的な価格でファンダメンタルズ改善を重視する動きが、ダウ平均を新高値に押し上げているようだ」と述べた。

 

Sponsored Link



 

ハイテク関連銘柄が多いのがナスダック。一方でオールドエコノミー関連が多いのがダウ平均。

セクターローテーションがどれくらいの頻度で起きるのかというの私の最大の関心事のひとつです。

極端な話、ハイテク関連の上昇期間がオールドエコノミー関連の上昇期間に比べてずーっと長いのならナスダックに投資すれば高リターンが望めます。逆ならナスダックに投資したほうがよい。

判断がつかないので真ん中を取ってS&P500に投資しているわけですが、ダウ平均とナスダックの動きを比較してセクターローテーションのタイミングを知るというのは新鮮な視点でした。(まあ知ってる人なら当たり前か??)

ダウとナスダックの推移を並べてセクターローテーションが過去にどれくらい起きているか見てみるのは面白いかもしれません。今度やってみようかな ww

 

ハイテク直撃 | バイデン氏当選でセクターローテーションが起きるか?

 

記事が役に立ったらクリックお願いします↓

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

-資産運用

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

イノベーションで儲かるのは巨大IT企業 | 恩恵にあずかるには投資しかない

  チャンドラです。   IT、AI、ロボットの急速な普及によって、経済活動の生産性が大幅に高まると予想されています。 これらのイノベーション(技術革新)によって世界経済はますます …

2050年の世界GDPランキング予測

チャンドラです。   私はインデックス・ファンドに投資して資産を長期で運用しています。   新興国株式もポートフォリオに組み入れていますが、どれだけの割合を組み入れるべきかは悩みの …

eMAXIS Slim 信託報酬下がりましたね

  チャンドラです。   私はeMAXIS Slimに重点投資していますが、また信託報酬が下がりました。 2019年11月より次の通り下がるようです。 私が毎週積み立てているのが米 …

【本業+副業+投資】資産は6247万 (645万円増加) | 2022年3月末

  2022年3月末の資産運用状況を公開します。   合計資産:6,247万円 前月より645万円増加   資産運用状況   投資金額:3,503万円 評価額: …

2019年11月の資産公開 | 2881万円(111万円増加)

  2019年11月の資産運用状況を公開します。 合計資産は28,812,554円で前月より111万円増加しました。   総資産の推移: 2019年9月:  27,037,955円 …

チャンドラです。

都内在住の30代サラリーマンです。このブログではインデックス投資の利点、運用成績、運用シミュレーションや金融工学の記事を公開していきます。

自己紹介は:こちら

お問い合わせは:こちら


にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ