資産運用

「ダウ平均とナスダック100の乖離」でセクターローテーションのタイミングを知る。

投稿日:




 

ニュース記事を見ていたらダウ平均とナスダック100の乖離というタイトルを見つけました。ブルームバーグの記事から。

8日の米株市場では125年の歴史を持つダウ平均が日中ベースの最高値を更新した一方、大型ハイテク銘柄中心のナスダック100は調整局面入りとされる水準に下落した。ダウ平均が上昇して最高値から1%の範囲で取引を終了した日にナスダック100が最高値から10%余り安い水準となったのは、1993年以降では初めて。

FBBキャピタル・パートナーズの調査責任者、マイク・ベイリー氏は「投資家は景気回復に自信を深めつつあり、ハイテク株に比べてバリュエーションが妥当な大型株の中でファンダメンタルズの改善を取り込もうとしている」と指摘。「合理的な価格でファンダメンタルズ改善を重視する動きが、ダウ平均を新高値に押し上げているようだ」と述べた。

 

Sponsored Link



 

ハイテク関連銘柄が多いのがナスダック。一方でオールドエコノミー関連が多いのがダウ平均。

セクターローテーションがどれくらいの頻度で起きるのかというの私の最大の関心事のひとつです。

極端な話、ハイテク関連の上昇期間がオールドエコノミー関連の上昇期間に比べてずーっと長いのならナスダックに投資すれば高リターンが望めます。逆ならナスダックに投資したほうがよい。

判断がつかないので真ん中を取ってS&P500に投資しているわけですが、ダウ平均とナスダックの動きを比較してセクターローテーションのタイミングを知るというのは新鮮な視点でした。(まあ知ってる人なら当たり前か??)

ダウとナスダックの推移を並べてセクターローテーションが過去にどれくらい起きているか見てみるのは面白いかもしれません。今度やってみようかな ww

 

ハイテク直撃 | バイデン氏当選でセクターローテーションが起きるか?

 

記事が役に立ったらクリックお願いします↓

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

-資産運用

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

資産運用で一番難しいのは自分のリスク許容度を知ることだと思う。計算方法はあるけど。

  市場平均株式指数を越えたパフォーマンスを叩き出したい、というチャレンジャーは除くとして、資産運用を始めようと思う多くの人は「まあ老後に困らない程度の資産なら作りたいな。低リスクで。」って …

金融所得課税の引上げはリスクとって資産形成やってる人間への侮辱

  まだ決定事項ではないとはいえ、久々にガックリしました。 「金融所得課税、20%から25%へ増税でも市場害さず」というBloombergの記事からの引用。 岸田文雄首相の派閥に所属する山本 …

資産運用はただ金を増やすだけの単純なものではない。真剣に取り組むほど金以外で得るものは多い。

  私はブログのサブタイトルに「資産運用とは身銭を切って人生と向き合うことだ」と書いています。 たかが株を買うことぐらいで人生と向き合うだなんて大げさでしょうか?私はそうは思いません。 人間 …

中途半端に個別株買うならインデックス・オンリーの方がいいと思うが。

  S&P500とか全世界株式のインデックス・ファンドをポートフォリオの主力に置いて、少しだけ個別株を買うという考え方。 私も試してみようかな、と考えたことがあるのですが、結局やめて …

米10年債利回りと米S&P500リターンの相関関係は利回り5%を境に変わる。

  米国10年国債の利回りとS&P500リターンの相関関係を示したのが下の図です。J.P. Morganの資料から抜粋。 1963年~2015年のデータを基にしています。縦軸は相関係 …


チャンドラです。

都内在住の30代前半サラリーマンです。このブログではインデックス投資の利点、運用成績、運用シミュレーションや金融工学の記事を公開していきます。

メディアインタビュー記事:こちら

投資運用成績は:こちら

投資を始めた理由は:こちら

お問い合わせは:こちら


にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ