資産運用

ドル・コスト平均法のシミュレーション

投稿日:2018年12月10日 更新日:

 

チャンドラです。

 

ドル・コスト平均法をシミュレーションしました。

 

 

ドル・コスト平均法とは

 

一定額を定期的に積み立てて投資していく方法です。株式投資において価格変動のリスクを減らすことができます。

 

一定額を購入するとは

  • 株価が下がったときに購入量を増やす
  • 株価が上がったときは購入量を減らす

ということです。

 

 

シミュレーション

 

30年間積み立てるとしてシミュレーションしてみました。

 

毎年10,000円を株式に投資すると仮定します。

初年度の株価は100円です。2年目以降の株価の値動きは次の通りです。

ケース1:30年間一定

ケース2:30年間5円ずつ上昇

ケース3:初めの15年は5円ずつ下落、後半15年は5円ずつ上昇

ケース4:初めの15年は5円ずつ上昇、後半15年は5円ずつ下落

ケース5:5年毎に5円ずつ上昇と下落を繰り返す

 

 

各ケースの30年後の総資産(円)は次の通りです。

 

 

トップはケース3の「ケース3:初めの15年は5円ずつ下落、後半15年は5円ずつ上昇」でした。

前半15年の株式取得数が多かったため、16年目以降急激に上昇して25年目にケース2を超えています。

つまりドル・コスト平均法においては、常に上昇する株式を購入するよりも、初めは下落して後は上昇する株式を買う方が有利ということになります。

 

一方でケース4「初めの15年は5円ずつ上昇、後半15年は5円ずつ下落」はケース1「30年間一定」より総資産額が低い結果となりました。

これは前半15年の株式取得数が小さくなってしまったのにも関わらず、16年目以降の株価が下がったためです。

つまりドル・コスト平均法においては、初めは上昇して後は下落する株式を買うと不利ということになります。

 

なお、ケース5「5年毎に5円ずつ上昇と下落を繰り返す」の場合はケース1「30年間一定」と大きく変わらない結果となりました。

 

 

まとめ

 

ドル・コスト平均法においては次の事が言えます。

 

  • 株価が下がったときに購入量を増やし、上がったときは購入量を減らすことができる
  • 常に上昇する株式を購入するよりも、初めは下落して後は上昇する株式を買う方が有利
  • 初めは上昇して後は下落する株式を買うと不利

 

以上を考慮すると、現在上昇傾向にある株式でも10年先に上昇が見込めず下落してしまう場合は、投資しない場合よりも総資産を大きく減らしてしまう可能性があります。

 

逆に今は下落していても将来伸びるであろう株式は、今のうちに積み立てておけば、常に上昇する株に投資するより大きく資産を増やせる可能性があります。

 

それでは。

 

私の現在のブログランキングはこちらです:

にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
にほんブログ村

 

-資産運用

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

サラリーマンの昇給額 | 今年の私の業績評価と昇給額

  チャンドラです。   私の会社では毎年6月末に自分の昇給額が分かります。 昇給額とともに、自分の業績評価結果も渡されるのです。 私の今年の昇給額は次の通りでした。   …

平凡なサラリーマンは残業代で資産運用するべき理由

  チャンドラです。   主要先進国で平均賃金が全然上昇していない国、それが日本です。 1995年には米国に次いで賃金が高かった日本ですが、その後欧米各国に追い抜かれました。 少子 …

過去の米国S&P500に毎月5万円投資し続けた場合のリターン

  チャンドラです。   過去の米国S&P500に20年間投資していたらどれだけ利益を出せていたか計算してみました。毎月5万円を投資し続けた場合を考えます。   …

eMAXIS Slim 米国株式 S&P500をメインに積み立てる

チャンドラです。   私は6年で貯めた現金2,000万円を運用してインデックス・ファンドに投資しています。 そのメインとなるファンドがeMAXIS Slim 米国株式(S&P500) …

先輩社員の給与明細を見せてもらうのが大切な理由

  チャンドラです。   自分の人生設計を考えるうえで必要なのは、自分が将来どれだけの給料をもらえるかを知ることです。なぜならそれを知らないと将来子供を何人養っていけるかとか、どれ …


チャンドラです。

都内在住の30代前半会社員です。社畜なので趣味は仕事です。6年間で貯めた2000万円を元手にインデックス投資を始めました。

投資運用成績は:こちら

投資を始めた理由は:こちら

極貧時代の話は:こちら

海外駐在の話は:こちら

お問い合わせは:こちら

応援クリックお願い致します!


にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ