金融工学

DNA複製メカニズムと株価変動モデルは「保存」と「変革」がある点で似ている。

投稿日:2020年10月25日 更新日:




 

人類の歴史で最も重要な発見だと私が思うのが生物の遺伝情報伝達のメカニズムです。

遺伝情報とは親から子に伝わる情報。この遺伝情報はDNAの塩基配列として保存されていますが、この遺伝情報がどのように伝達されるのかを解明したのが生物学者のフランシス・クリックです。氏はこの過程をセントラル・ドグマと名付けました。

セントラル・ドグマの全容を理解するには色々な分子の名前が出てきて難しく感じるのですが、ざっくりいうと、(1) DNAのコピーが複製される (2) 複製されたDNAの情報が読み取られてRNAが作られる (3) RNAの情報をもとにたんぱく質が作られる、です。

この(1)~(3)が正しく行われることで、遺伝情報が伝わっていく。言い換えると正しく行わなければ遺伝情報が伝わらないということです。

今回とりあげたいのが、セントラル・ドグマのうちDNAの複製の部分。実はDNAの複製過程はわざとコピーミスを誘発するかのような仕組みになっていて、この仕組みこそが進化の原動力となっているという面白い説があります。これは不均衡進化論と呼ばれていて日本の研究者が提唱したものです。

DNAは二重らせん構造をとっていることは誰でも知っていますが、ではなぜ二重らせん構造なんてややこしい構造をとるのか不思議に思いませんか?実はこの二重らせんにこそ、その秘密がある。

 

Sponsored Link



 

二重らせん構造をとるDNAが複製されるには、次の手順を踏みます。下の図を参照。

まずはDNAの鎖がほどかます。チャックを下ろしてジッパーを開いていくイメージです。そしてDNA複製酵素がDNAの塩基配列を読み取って鎖のコピーを作っていくのです。

ここで面白いのは右の鎖と左の鎖でコピーのやり方が異なるということ。DNA鎖は上から下に開いていくのですが、右の鎖はDNA複製酵素によって上から下にスーッと読み取られてスムーズにコピーが作られていく。

問題は左の鎖。左の鎖は分子の構造上、上から下にコピーしていくのではなく、下から上にチョッとコピーしては下に大きく下がり、また下から上にチョッとコピーしては下に大きく下がり・・・を繰り返していくんです。

 

右の鎖の複製は明らかに簡単でミスなく複製ができる。一方で左の鎖の複製はミスが起きやすい。ミスなく複製が起きるということは情報が保存されるということ。一方で複製にミスが起きるということは突然変異が起きやすいというと。

つまりDNAは二重らせん構造という不思議な構造をとることによって、その複製の過程で「情報の保存」と「情報の変革」の両方を行うことができる。これが不均衡進化論の主張です。

これは本当に面白い。生物は情報の保存ばっかりやっていたら進化しない。わざと突然変異を生み出すことで親より環境に適した個体が生まれて進化していくことができる。その突然変異の起源がDNAの構造にあるということは、すごく不思議だと思います。

 

Sponsored Link



 

 

で、このDNA複製過程に「情報の保存」と「情報の変革」があることは、株価変動モデルに似ているな、と思ったのがこの記事の趣旨です。株価変動モデルは前の記事で紹介しましたが再掲します。

株価の動きは「株価が安定して一方向に動く」というドリフト項と「株価がランダムに動く」というウィーナー過程の組み合わせでモデルされます。

このモデルはDNA複製過程で起きていることと似ていると思います。つまり、「株価が安定して一方向に動く」=「DNAをミスせず複製する」。「株価がランダムに動く」=「DNAの複製をミスして変異種」を生み出す。

株価がウィーナー過程に従ってランダムに動くとは、つまり株価の動きがリスクをもつということです。株価は上がるかもしれないし下がるかもしれない。DNAの複製にミスが起きるということも同様で、進化にリスクが生まれるということです。複製ミスで生まれた変異種が親より環境に適応できた場合は種が強くなるし、適用できなかった場合は絶滅する。

「保存」と「変革」のダイナミクスが、株価とDNA複製に共通しているというのは、とても興味深いと思います。

そういえば、最近はやっている経営理論に「両利きの経営」という理論があるのですが、この理論にも「保存」と「変革」を見ることができます。ざっくりいうと、経営者は「既存事業の強化」と「新規事業の創出」の2つを実践しろというものです。株価変動、DNA複製と同じ文脈でみると、前者が「保存」、後者が「変革」といえるでしょう。

今回上げた例は全然違う分野ですが、「保存」と「変革」という共通点があることは新しい発見でした。もしかしたら他の色々な分野でもみつけることができる普遍的な性質なのかもしれません。

 

本の紹介:

不思議なDNA複製メカニズムは「生命のからくり」がくわしいです。

両利きの経営はこちら。

関連記事:

インデックス投資やるなら知っておくべき | 現代ポートフォリオ理論を分かりやすく解説

株価はどう動くか?現代ポートフォリオ理論の考え方を分かりやすく説明します

記事が役に立ったらクリックお願いします↓

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

-金融工学

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

過去35年のアセットクラスでは新興国株と米国株が優秀。

  Visual Capitalistの記事に1985年~2020年の35年間における各アセットクラスの年率リターンが紹介されています。 この記事は株に限らず色々なリスク資産のデータを載せて …

リターン中央値を最大化する最適レバレッジ比率の効果を幾何ブラウン運動で説明する。

    前回の記事「なぜレバレッジをかけて高リターンを得るのは運ゲーなのかを幾何ブラウン運動で説明する。」では、レバレッジについて以下のように説明しました。 (1) 株価が幾何ブラ …

資産5000万あればインデックスの運用益のみで生活費をまかなえるか。

  過去記事では米国S&P500のリスク・リターンをそれぞれ20%・7%と仮定して色々考察しています。 この値を株価変動モデルに代入すれば将来の平均リターンを推定することができます。 …

S&P500に「72の法則」を適用して「10年後に元本2倍」のウソを確率分布で説明する。

  過去記事の続き。 S&P500の年平均リターンは7%。だから「72の法則」を適用すれば10年で元本2倍になる。 これは正しくないと説明しました。理由はリスクの存在を考慮していない …

現金:S&P500の最適比率が分かる早見表 (マートン問題と相対的リスク回避度で計算)

  過去記事でS&P500に投資した際の最適比率を計算する方法を、マートンのポートフォリオ問題を用いて説明しました。 マートン・社畜の式: S&P500の最適比率 = 1.7 …


チャンドラです。

都内在住の30代前半サラリーマンです。このブログではインデックス投資の利点、運用成績、運用シミュレーションや金融工学の記事を公開していきます。

メディアインタビュー記事:こちら

投資運用成績は:こちら

投資を始めた理由は:こちら

お問い合わせは:こちら


にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ