社畜

マイナス原油価格!原油の集積地を写真で見てみよう。

投稿日:




 

NY原油先物市場で原油価格がマイナスを記録したことが話題になっています。原油先物史上初めての現象です。

マイナス価格が起きているのは、要は売り手が金を払ってでも原油を引き渡したいということ。原油の需要が激減しているので、売り手は原油貯めておくしかないのだが、原油を貯蔵しておくのには金がかかるので早く掃いてしまいたい。

米国で消費される原油はオクラホマ州のクッシングという場所に集められます。米国で生産される原油はクッシングの貯蔵設備に集められ、その後テキサスやルイジアナなどメキシコ湾岸の原油精製設備で処理されます。その後パイプラインネットワークを通して全米の消費地に運ばれる。

 

下のチャートが原油処理の流れ。Gathering Systemというのは、原油を集めるための設備のこと。井戸から噴き出してくる高圧の原油を減圧したり、ガスと原油を分離したり、各井戸からパイプラインで引っ張ってきた原油を1本のパイプラインに合流させたりするための設備。Gathering Systemで集められた原油は貯蔵設備 (Oil Storage Facility)で貯蔵されます。これがまさにクッシングの貯蔵設備です。

引用:Oklahoma Minerals

買い手が見つかったら、クッシングからパイプラインでメキシコ湾岸の製油所に送られて精製(Refining)されます。温度や圧力をコントロールすることで原油を蒸留・分離し、触媒で化学反応を起こしたりして、ガソリンやジェットエンジン、芳香族に作りかえるわけです。ここで生成されたものは製品として国内に輸送されたり海外に輸出されたりします。

Sponsored Link



 

この写真はクッシングをGoogle mapで見た航空写真。直径100m近くある原油貯蔵タンクがうようよしています。すごい光景です。世界有数の原油集積地というのも頷けます。

写真右側の施設はおそらく分散システム。パイプラインで運ばれてきた原油を空きがある貯蔵タンクに分散するためのものでしょう。

Google mapで見ると、貯蔵タンクのところに原油を扱う業者の名前が出てきます。おそらく彼らが原油を貯蔵するサービスを提供しているのでしょう。ということは原油の売り手は彼らに金を払っているというわけです。いわばレンタル倉庫みたいなものですね。

原油は可燃性なので漏れると危ないし環境問題を引き起こします。だから原油を安全に運び貯蔵することへの社会的責任は重い。安全なオペレーションをするために金がかかる。だから貯蔵費用も結構かかる。だから需要が激減すると原油価格がマイナスになると考えると、分かりやすい。

 

こちらからランキングに戻れます↓

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

-社畜

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

パソコン作業をしながらコップでコーヒー飲むのは危険!私の黒歴史

  チャンドラです。   私はパソコン作業をするときはコップでコーヒーを飲みません。正確にいうと蓋がないコップでコーヒーを飲まず、必ず蓋がついているコップを使います。 コーヒーをキ …

財布の紐ガバガバの人に「お金に執着することは汚い」と言われても ww

  私が若かったころ、私の両親からは「カネに執着することは汚いことだ」と教えられてきました。 「カネは人の人生を狂わす。」 「たいていの金持ちは悪いことをして稼いでいる。」 「汗水たらして稼 …

2月の残業時間は100時間越え | 残業減らすにはどうすればいい?

Sponsored Link   チャンドラです。   自分の残業時間をカウントしているのですが2月の残業時間は102時間でした。私の場合残業代は45時間まで支払われるので、57時 …

同窓会で会った友人で一番稼いでいたのはデイトレーダー ww

  去年に高校の同期と同窓会をしたときの話。30代前半にもなると結婚したり子供ができたり職場で責任あるポジションについたりと、それぞれが色々な道を歩んでいるのを聞いて感慨深く感じるものです。 …

仕事があるのは有難いことなんですよ ww

  テレワークを開始して1週間程度が経過。どうしても出社する用があったので、午前だけ出社をしてきました。私の勤め先の周辺には商業施設があるのですが、そこは政府の緊急事態宣言を受けてビル丸ごと …


チャンドラです。

都内在住の30代前半サラリーマンです。6年間で貯めた2000万円を元手にインデックス投資を始めました。このブログでは資産運用の方針、運用成績、家計簿、節約生活を赤裸々に公開しています。

投資運用成績は:こちら

投資を始めた理由は:こちら

お問い合わせは:こちら


にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ