レビュー

頭のいい人の特徴。物事を評価するための座標軸を明確にしている。

投稿日:2020年12月24日 更新日:




 

面白い本からの抜粋。

物事の良し悪しを判断する際は、判断の基準となる座標軸が必要です。特に他人と議論する際は「座標軸」が明確でないと会話がかみ合いません。

高橋洋一氏の「なぜこの国ではおかしな議論がまかり通るのか」からの抜粋。

物事を的確に評価できない人には、座標軸をもっていないという特徴もある判断の基準となるモノサシがないため、いきなり各論から切り出してくる。テレビ番組に呼ばれて、司会者と筆者との会話が噛み合わなくなるのは、たいていそういう場合だ。

じつは経済学者のなかにもモノサシが定まっていない人がいる。「ダメだ」「けしからん」というトーンで論評はするものの、その数字に、どの程度のウエイトを置いて評価しているのかが少しも見えてこない。

たとえばリベラルを自称する学者が、雇用の話をするときに「非正規率を」持ち出してきたりする。非正規社員が増えている現状は、ほんとうに雇用が改善されたことにはならないという理屈だ。

「なるほど」と感じた人は、気を付けた方がいい。こういう定性的な材料を定義するから、おかしな議論になる。雇用を分析するときは、「就業/失業」というモノサシが重要であって、「正規/非正規」を区別したら、論点がズレてしまう。「非正規社員がかわいそうだ」といった感情論は、雇用政策とは別の話しだ。

・・・おかしな議論の多くは、結局はアベノミクスを批判したいだけの人たちが仕掛けている。もっとも目的そのものが分析ではなく批判であるならば、定義、前提などはどうでもいいのかもしれない。

筆者は政策を評価する際の基準を明確にしていて、経済政策であれば「雇用の確保が出来ているか」と「所得が上がっているか」を6:4の重み付けで評価しているそうな。加えて安全保障に関する評価軸は「戦争リスクが低くなったか」。これらは全て統計データを分析すれば点数をつけることができます。

 

Sponsored Link



 

本を読んでいて、職場にいる頭がいい人はこの能力に長けていることに気がつきました。頭のいい人は物事を判断するときの的確な評価軸を設定するのが上手い。もっというと、彼らは職場の会議で議論がまとまらないときに、参加者がそれぞれもっている評価軸が違うことを察知して軌道修正する能力があるんです。

簡単な例を挙げると「私はコストの観点で話してますが、あなたは納期の観点で話してますよね。まずはコストの観点で評価してから納期の話に移りませんか?ごっちゃにすると話がまとまりませんよ?」というふうに。

逆にいうと、バカな人の特徴は、感情に基づいて間違った評価軸でしか物事を考えることができず、しかも議論で他人との評価軸の違いを察知できずに延々とムダな議論を続けてしまう、でしょう。

この考えはなかなか役に立ちそうです。

 

高橋洋一氏の「なぜこの国ではおかしな議論がまかり通るのか」。タイトルは過激ですが、頷ける内容はかなり多いです。

 

記事が役に立ったらクリックお願いします↓

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

-レビュー

執筆者:


  1. アバター deds より:

    その人たちの評価軸はそんなまともなものですらないよ。
    ライバル政党がやったら悪
    それだけでしょ
    右も左も

    • chandra11 chandra11 より:

      dedsさん、

      「その人たち」って誰ですか?よく分かりませんでした。

      あと、一点お願いがあります。よくコメント頂いてありがたいのですが、そろそろタメ語でコメントされるのはやめて頂けませんか?
      あまりいい気分ではないです。
      もし納得いいただけないのでしたら、今後はコメントは控えてください。お願いします。

  2. アバター ぽすと より:

    いわゆる、「論点が違う」ってことですね。論点…いや、要点?
    ブログ等やっていると、よく「今その話関係ないでしょ?」と言いたくなるようなコメントを貰う場面に直面します。
    いえ、もちろん、こちらの書き方が悪い場合もあると思いますが…。

    投資で言えば、「この商品はリスクが高いがリターンも高いから投資したい(勝負したい)」といえば、「そんなリスクの高い投資があなたにできるはずがない!」というような…。

    • chandra11 chandra11 より:

      コメントありがとうございます。

      >ブログ等やっていると、よく「今その話関係ないでしょ?」と言いたくなるようなコメントを貰う場面に直面します。

      コメントしたその人は、記事本文を読んでいないがとりあえず何でもいいので難癖つけたいのだと思います。マスコミみたいなもんです。
      もし真面目に議論したいのにそんなことをしてるのであれば、国語力を欠いていると思います。
      どちらにせよ人に意見を伝える努力をすべきですね。

deds へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

(書評) 社畜は必読の「テヘランからきた男」。名門企業も容易に転落する様子は読んでいて虚しくなる

  私は人とか組織がどのように大きな失敗を犯すのかに非常に興味があります。それは失敗した人間のミスや罪をせせら笑って楽しむためなどではなく、自分または自分が所属する組織が同じようなミスを犯さ …

ベーシックインカムは実現しそうにないな ww タダで金貰う夢を見るより投資した方がいいのでは?

  「未完の資本主義」のデヴィッド・グレーバー氏のインタビューからの抜粋。 ベーシックインカムが「人間らしい仕事」を取り戻す 無意味な仕事をなくすもうもうひとつのてっとり早い解決方法は、ユニ …

超頑丈なAmazonベーシック モニターアームはウルトラワイドモニターと相性抜群だな ww

  以前購入したモニターアームのレビュー記事です。3か月使いましたが安定感が抜群です。これは買ってよかった。 Amazonベーシック モニターアーム シングル 壁掛けタイプ ブラック pos …

「論理的」とか「ロジカル」という言葉を振りかざす人はプライドが過剰 ww

  読んでいた本「瞬時に切り返す会話術」に面白いことがかいてあったので引用。 (ちなみにこの本、よくあるハウツー本の一つですが、結構参考になります。私がよく上司に詰められるからか ww) 瞬 …

このFIRE本 ww Amazonレビュー欄が荒れまくってるな ww 立ち読みしてから買う方がよいのでは?

  最近は本屋に行くとやたらFIRE (Financial Independence, Retire Early)の本が目立つところにドカンと置いてます。 私も資産運用やってるのでサーっと立 …


チャンドラです。

都内在住の30代前半サラリーマンです。このブログではインデックス投資の利点、運用成績、運用シミュレーションや金融工学の記事を公開していきます。

メディアインタビュー記事:こちら

投資運用成績は:こちら

投資を始めた理由は:こちら

お問い合わせは:こちら


にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ