資産運用

6年間で2,000万円貯めたサラリーマンのクレジットカード

投稿日:2018年12月16日 更新日:

 

チャンドラです。

 

私はクレジット機能をオリコカード1枚に集約しています。ポイントがザクザクたまるからです。

私が愛用する年会費無料の「Orico Card The Point」を紹介します。

 

 




 

還元率が高い

 

オリコカードで買い物した時のポイント還元率は1.0%です。しかも入会後6ヶ月間はポイント還元率が2.0%に上がります。

 

さらにオリコモールを経由してAmzonや楽天で買い物をすると「オリコモール通常獲得ポイント」0.5%と「オリコモールボーナスポイント」0.5%が加算され、還元率が2.0%にあがります。

 

 

電子マネーでスピーディーに支払える

 

電子マネーのIDとQUICPayを搭載しています。

これは一度使うとやめられません。最近のスーパーやコンビニ、ファーストフード店ではどこでも電子マネー支払いが出来るので、支払の際にジャラジャラ小銭を出す必要もありません。

 

 

ポイントをAmazonや楽天で使える

 

貯まったポイントは色々なポイントに交換できます。私はAmazonギフト券や楽天スーパーポイントに交換しています。

Amazonと楽天の両方を利用する方はオリコカードがおすすめです。

 

 

まとめ

 

Orico Card The Point」は、

  • 年会費が無料
  • ポイント還元率が高い
  • 電子マネーのIDとQUICPayがつく

 

私はクレジット機能をオリコカード1枚に集約しています。スーパーやコンビニでの支払いはもちろん、通信費や電気・ガス・水道、ネットショップでの買い物も全てオリコカードで支払っています。その結果年間1~2万円のポイント還元を受けています。

30年なら約60万円のリターンが得られることになります。仮に毎年浮いた2万円を年利3%の株式に投資して積み立てれば、複利の効果で30年後には約100万円になります。

 

ポイント還元を重視する方であれば、「Orico Card The Point」をおすすめします。

 

それでは。

 

私の現在のブログランキングはこちらです:

にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
にほんブログ村

 

-資産運用

執筆者:


  1. […] 6年間で2,000万円貯めたサラリーマンのクレジットカード […]

  2. […] 楽天カードが気になっています。私はこれまでオリコカード一択だったのですが心がグラついています。 […]

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

米国雇用統計がなぜ重要な経済指標なのか?

  チャンドラです。   米国労働省の発表によると、2019年4月の雇用統計が大幅に増加しました。 ロイター通信は次のように報道しています。 米労働省が3日発表した4月の雇用統計は …

職場のアメリカ人に投資しているか聞いてみた ~ 予想通り投資で儲けまくっていた

    チャンドラです。   今日は職場の忘年会でした。忘年会は普段話す機会がない人とも打ち解けて話すチャンス。 ちょうど今年から短期契約で入社したベテランのアメリカ人エ …

AI投資するよりもインデックス投資で十分

  チャンドラです。   日本経済新聞の記事によると、資産運用に人工知能 (AI)を利用する金融系企業が増えているそうです。 野村アセットは機関投資家向けにAIを投資判断に活用した …

一人暮らしの電気・ガス代 | 2019年1月分

  スポンサーリンク     チャンドラです。   (2019年1月12日追記:ガス代も追加しました)   2019年1月分の電気代を公開します。 期 …

NISA | 楽天・全米株式インデックスの損益 | 2019年11月末

  私はつみたてNISAで楽天・全米株式インデックスに投資しています。 今月の損益は次の通りでした。   積立額:283,322円 評価額:304,953円 損益:+21,631円 …


チャンドラです。

都内在住の30代前半会社員です。社畜なので趣味は仕事です。6年間で貯めた2000万円を元手にインデックス投資を始めました。

投資運用成績は:こちら

投資を始めた理由は:こちら

極貧時代の話は:こちら

海外駐在の話は:こちら

お問い合わせは:こちら

応援クリックお願い致します!


にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ