資産運用

コロナウイルスで資産爆下がり、からの爆上がり

投稿日:2020年2月9日 更新日:




 

新型コロナウイルスの感染拡大で株価が大きく動いていますね。今年1月から2月にかけてS&P500は大きく下がり、また大きく上がりました。アメリカ市場はウイルス感染拡大の経済的影響は小さいと楽観視しているようですね。

私はS&P500と全世界株式のインデックスに重点投資していますが、大きく影響を受けました。2月初旬の資産はわずか数日で50万円減りました。減ったと思いきや、数日でまた60万円増えて投資額に対する利益は過去最大のプラス300万円に近づきました。ジェットコースターのような動きです。

 

下は日経新聞の記事からの引用ですが、症状はインフルに近くSARSよりも軽いとの見方が出てきていますね。

日本感染症学会は、新型コロナウイルスに感染して発症し、国立国際医療研究センターで治療した3人の治療経過や分析結果を公表した。中国湖南省在住の中国人は、せきや発熱、悪寒などが症状があった。レントゲンやコンピューター断層撮影装置(CT)で肺に影が見つかり、新型コロナウイルスによる肺炎と診断。一時、軽い呼吸困難などに陥り、エイズウイルス(HIV)薬を投与した。その後、呼吸の状態悪化などは起こらずに、入院5日目に体温が37度まで低下。酸素吸入もいらなくなった。

残りの2人はいずれも武漢市に滞在歴がある日本人。1人は、微熱が続いたが肺炎はなく回復、もう1人は肺炎と診断されたものの呼吸困難などは見られなかった。3人とも重症ではないと指摘している。

米疾病対策センターによると、新型コロナウイルスによる肺炎の主な症状は発熱やせき、息切れだ。米国初の患者もせきや発熱から肺炎を発症、12日目に症状が改善したと報告されている。

 

中国では死者が700人を超えたという報道もありますね。ご愁傷さまです。武漢の人口は東京を超える1100万人。2/6時点で感染者が1万人、死者410人。つまり市民の0.1%が感染し、感染者の4%が死亡。武漢だけ致死率が突出しているようですが、疑問なのはその内訳。免疫が弱い老人の致死率が高いのか、持病持ちの人の致死率が高いのか、その辺を知りたいですね。報道でポンと出てきた数字に一喜一憂せず、数字の中身をよく理解しておきたいです。

ところで、記事によるともう一つの大国アメリカではインフルエンザが猛威を振るっているようです。死者数は1年で1万人。期間が違うといえ被害はこちらの方が大きいような気がするのだが。。。

米国でインフルエンザが猛威を振るっている。米疾病対策センター(CDC)によると2019~20年のインフルエンザシーズンは患者数が1900万人、死者数は1万人を超えた。

 

こちらからランキングに戻れます↓

にほんブログ村 株ブログ 米国株へにほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

-資産運用

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

ウォーレン・バフェット氏「分散投資は無知に対する防衛策だ」私「無知で~す。」

  ウォーレン・バフェット氏が分散投資に関する見解を聞かれたのが1996年のバークシャー・ハサウェイ社の年次会合の場。 その動画はYoutubeの動画で見ることができます。「分散投資は無知に …

当たり前の事を継続するのが難しいから失敗する。苦しむ。後悔する。

  京都の広隆寺という寺は国宝の弥勒菩薩像で有名なのですが、ここには仏教の十善戒を掲示があります。 生き物を殺しません。 物を盗みません。 みだらな男女の関係をしません。 ウソ偽りを言いませ …

「15歳から学ぶお金の教養 先生、お金持ちになるにはどうしたらいいですか?」は15歳で読め ww

  「15歳から学ぶお金の教養 先生、お金持ちになるにはどうしたらいいですか?」という本があります。投資の重要性を強調する良書。 15歳から学ぶお金の教養 先生、お金持ちになるにはどうしたら …

効率的ポートフォリオは分散を最小化してリターンを最大化する。

  「リスク 神々への反逆」からの引用。 「ポートフォリオ選択」におけるマーコビッツの目的は、「期待収益率を望ましいものと考えると同時に、収益の分散を望ましくないものと考える」ような投資家の …

AI投資するよりもインデックス投資で十分

  チャンドラです。   日本経済新聞の記事によると、資産運用に人工知能 (AI)を利用する金融系企業が増えているそうです。 野村アセットは機関投資家向けにAIを投資判断に活用した …

チャンドラです。

都内在住の30代サラリーマンです。このブログではインデックス投資の利点、運用成績、運用シミュレーションや金融工学の記事を公開していきます。

自己紹介は:こちら

お問い合わせは:こちら


にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ