社畜

バカがデマでトイレットペーパー買占め ww

投稿日:2020年2月28日 更新日:




 

新型コロナウイルスの影響でトイレット・ペーパーの買い占めが発生しているようですね ww 日経の記事から。

トイレットペーパーを扱う卸業者や小売店の一部で発注が急増しており、担当者が対応に追われている。新型コロナウイルスの影響でマスクの品薄が続くなか「トイレットペーパーやその原料が中国輸入に依存しており品薄になる」という誤った情報がSNS(交流サイト)などで拡散しており、業界団体の日本家庭紙工業会(東京・中央)は「冷静な対応を」と呼びかけている。

コロナの脅威が報道されればされるほど、人は不安になる。今ならどんな情報を流しても、容易に拡散して買い占めとかが発生しそうですね。ショウガやニンニクがコロナ感染の予防になるとか、ミント・ガムを噛んでおけば感染リスクが下がるとか ww バカなら信用しそう ww

トイレットペーパーを大量に買って数千円で転売している輩もいますね。私も不用品をメルカリで売っていたことがありますが、商品が大きいほど配送費がかかるんですよね。デカいトイレット・ペーパーなら3辺合計で150cmを超えて送料2000円近くすると思うのですが。。。手数料・送料引いてわざわざ1000円ゲットするために転売するとか。。。よっぽど暇なんでしょうか。。。ちなみにメルカリは離島の方にサイレントで買われると送料だけでマイナスになる場合あるので気を付けて ww

というか転売してる輩の商品なんて離島の人が買いまくれば面白いんだが ww

あとはこんなものも「売られている」のですが。しかも売却済み ww メルカリって広告も売れるのか ww

 

真面目な話、たとえトイレットペーパーが買い占められて手に入れることができなくも、トイレットペーパーがなくても余裕で生活できますよ。インドではみな手でケツを拭きますからね。左手はケツを拭くための手なので基本的に左手は不浄。飯を食うときや、人と握手するときは右手を使う。

何を隠そう、私もケツを拭くときは手を使います。何故かというとイボなのでトイレットペーパーでケツを拭けないんですよ ww ペーパーを使うと水分がもっていかれて痔が痛いんです ww 手でケツを拭く生活を3年近く続けていますが、何の不便も感じませんよ。ウォッシュレットで念入りにケツを洗うので汚れはちゃんと落ちます。その後に手で拭いたって手は汚れませんからね。

ショボいデマに惑わされてトイレットペーパーを爆買いするくらいうなら手で洗う訓練をした方がいいですよ ww

 

イボ痔になって肛門科に行った話はこちら:

脱肛して肛門科に行った話(前編) ~ 肛門科に対する考えを改める

 

ランキングに戻れます↓

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

-社畜

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ネットの企業研究記事は浅すぎて当てにならない ww

  私は東証一部上場のとある企業で働いています。勤め先の株価を調べるときに「●● 株価」と検索して調べるのですが、検索結果を眺めてみると、勤め先の会社の事業分析や評判を述べた記事やブログがち …

メガバンクが口座維持手数料をとる?ネット銀行で口座作れば問題なしでしょ

  メガバンクが預金者から口座維持手数料をとるようになるかもしれないと予測されています。 預金口座は維持・管理するために一定のコストがかかっており、そのコストが高まっていることが理由です。 …

世界のエリートがあえて「借金」を背負う理由???

  東洋経済の記事によると、世界のエリートは進んで借金し、日本人は借金を「悪」と考えるそうです。 先日、40代のアメリカ人の友人と話したときのこと。彼は、コロンビア大卒の超エリート。30代の …

脱肛して肛門科に行った話(前編) ~ 肛門科に対する考えを改める

    チャンドラです。   昨年私は脱肛しました。脱肛とはイボ痔がお尻の穴から外に飛び出す症状のことです。そして生まれて初めて肛門科という未知の場所に向かいました。私の …

10万円の特別定額給付金が秒で消滅 ww

  御国から10万円の定額給付金を拝領しました。 でも一瞬で消えました。 今住んでいる賃貸住宅の契約更新料です。 いやー、まあ2年に1回契約更新する必要があると理解したうえで契約したけども、 …


チャンドラです。

都内在住の30代前半サラリーマンです。このブログではインデックス投資の利点、運用成績、運用シミュレーションや金融工学の記事を公開していきます。

メディアインタビュー記事:こちら

投資運用成績は:こちら

投資を始めた理由は:こちら

お問い合わせは:こちら


にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ