社畜

バカがデマでトイレットペーパー買占め ww

投稿日:2020年2月28日 更新日:




 

新型コロナウイルスの影響でトイレット・ペーパーの買い占めが発生しているようですね ww 日経の記事から。

トイレットペーパーを扱う卸業者や小売店の一部で発注が急増しており、担当者が対応に追われている。新型コロナウイルスの影響でマスクの品薄が続くなか「トイレットペーパーやその原料が中国輸入に依存しており品薄になる」という誤った情報がSNS(交流サイト)などで拡散しており、業界団体の日本家庭紙工業会(東京・中央)は「冷静な対応を」と呼びかけている。

コロナの脅威が報道されればされるほど、人は不安になる。今ならどんな情報を流しても、容易に拡散して買い占めとかが発生しそうですね。ショウガやニンニクがコロナ感染の予防になるとか、ミント・ガムを噛んでおけば感染リスクが下がるとか ww バカなら信用しそう ww

トイレットペーパーを大量に買って数千円で転売している輩もいますね。私も不用品をメルカリで売っていたことがありますが、商品が大きいほど配送費がかかるんですよね。デカいトイレット・ペーパーなら3辺合計で150cmを超えて送料2000円近くすると思うのですが。。。手数料・送料引いてわざわざ1000円ゲットするために転売するとか。。。よっぽど暇なんでしょうか。。。ちなみにメルカリは離島の方にサイレントで買われると送料だけでマイナスになる場合あるので気を付けて ww

というか転売してる輩の商品なんて離島の人が買いまくれば面白いんだが ww

あとはこんなものも「売られている」のですが。しかも売却済み ww メルカリって広告も売れるのか ww

 

真面目な話、たとえトイレットペーパーが買い占められて手に入れることができなくも、トイレットペーパーがなくても余裕で生活できますよ。インドではみな手でケツを拭きますからね。左手はケツを拭くための手なので基本的に左手は不浄。飯を食うときや、人と握手するときは右手を使う。

何を隠そう、私もケツを拭くときは手を使います。何故かというとイボなのでトイレットペーパーでケツを拭けないんですよ ww ペーパーを使うと水分がもっていかれて痔が痛いんです ww 手でケツを拭く生活を3年近く続けていますが、何の不便も感じませんよ。ウォッシュレットで念入りにケツを洗うので汚れはちゃんと落ちます。その後に手で拭いたって手は汚れませんからね。

ショボいデマに惑わされてトイレットペーパーを爆買いするくらいうなら手で洗う訓練をした方がいいですよ ww

 

イボ痔になって肛門科に行った話はこちら:

脱肛して肛門科に行った話(前編) ~ 肛門科に対する考えを改める

 

ランキングに戻れます↓

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

-社畜

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

非常事態宣言をガタガタ批判してる場合じゃねえだろ ww

  政府によって非常事態宣言がなされました。その内容のほとんどは「要請」であり、外出や経済活動に対する「強制力」がほとんどないために、欧米からはその効果は懐疑的だという声があがっているとのこ …

酒が飲めない人を採用しない会社は合理的かもしれない ww

  わが社は、「お酒が飲めること」を重視しています。 なぜなら、「よく飲む人ほど、よく出世する」からです。私が武蔵野の社長に就任したころの「部長昇格試験」は、「1時間で42度の焼酎1本を2人 …

最近のオッサンは新入社員に優しくなっているのか?

  私の会社では新入社員が3か月程度の全体研修を受けてから各部署に配属されます。各部署に配属される前に、ますは会社の事業とかビジネスマナーとか語学研修を受けるのです。   新入社員 …

世界で最も革新的な企業エンロンの株価 ww

  地方の地味なガスパイプライン会社が突如、世界有数の巨大企業に変貌したという面白い例があります。それが2001年に破綻したエンロンです。 そんなエンロンの興亡は黒木亮氏の「青い蜃気楼」で詳 …

バイナリーオプションで騙される大学生 ww これだけ覚えておけ!

  毎日新聞の記事によると、投資情報を高額で買わされる詐欺に引っかかる大学生が増えているようです。 為替相場の値動きを予想して投資する「バイナリーオプション」と呼ばれる金融取引を巡り、「1年 …


チャンドラです。

都内在住の30代前半サラリーマンです。6年間で貯めた2000万円を元手にインデックス投資を始めました。このブログでは資産運用の方針、運用成績、家計簿、節約生活を赤裸々に公開しています。

メディアインタビュー記事:こちら

投資運用成績は:こちら

投資を始めた理由は:こちら

お問い合わせは:こちら


にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ