社畜

バカがデマでトイレットペーパー買占め ww

投稿日:2020年2月28日 更新日:




 

新型コロナウイルスの影響でトイレット・ペーパーの買い占めが発生しているようですね ww 日経の記事から。

トイレットペーパーを扱う卸業者や小売店の一部で発注が急増しており、担当者が対応に追われている。新型コロナウイルスの影響でマスクの品薄が続くなか「トイレットペーパーやその原料が中国輸入に依存しており品薄になる」という誤った情報がSNS(交流サイト)などで拡散しており、業界団体の日本家庭紙工業会(東京・中央)は「冷静な対応を」と呼びかけている。

コロナの脅威が報道されればされるほど、人は不安になる。今ならどんな情報を流しても、容易に拡散して買い占めとかが発生しそうですね。ショウガやニンニクがコロナ感染の予防になるとか、ミント・ガムを噛んでおけば感染リスクが下がるとか ww バカなら信用しそう ww

トイレットペーパーを大量に買って数千円で転売している輩もいますね。私も不用品をメルカリで売っていたことがありますが、商品が大きいほど配送費がかかるんですよね。デカいトイレット・ペーパーなら3辺合計で150cmを超えて送料2000円近くすると思うのですが。。。手数料・送料引いてわざわざ1000円ゲットするために転売するとか。。。よっぽど暇なんでしょうか。。。ちなみにメルカリは離島の方にサイレントで買われると送料だけでマイナスになる場合あるので気を付けて ww

というか転売してる輩の商品なんて離島の人が買いまくれば面白いんだが ww

あとはこんなものも「売られている」のですが。しかも売却済み ww メルカリって広告も売れるのか ww

 

真面目な話、たとえトイレットペーパーが買い占められて手に入れることができなくも、トイレットペーパーがなくても余裕で生活できますよ。インドではみな手でケツを拭きますからね。左手はケツを拭くための手なので基本的に左手は不浄。飯を食うときや、人と握手するときは右手を使う。

何を隠そう、私もケツを拭くときは手を使います。何故かというとイボなのでトイレットペーパーでケツを拭けないんですよ ww ペーパーを使うと水分がもっていかれて痔が痛いんです ww 手でケツを拭く生活を3年近く続けていますが、何の不便も感じませんよ。ウォッシュレットで念入りにケツを洗うので汚れはちゃんと落ちます。その後に手で拭いたって手は汚れませんからね。

ショボいデマに惑わされてトイレットペーパーを爆買いするくらいうなら手で洗う訓練をした方がいいですよ ww

 

イボ痔になって肛門科に行った話はこちら:

脱肛して肛門科に行った話(前編) ~ 肛門科に対する考えを改める

 

ランキングに戻れます↓

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

-社畜

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

英語を勉強するとしてじゃあ何を話すのか

チャンドラです。   だいぶ昔のこと、本だったかブログだったか何かでこのような文章を見た。   「日本人は英語を話せないのではない。話す内容がないのだ。」   出所は忘れ …

ココナラで出品した英訳サービスが初めて売れた ww

  自分のスキルを売るココナラに登録して出品してみたのですが、登録後3か月でやっと売れました ww 私は仕事でビジネス英語を使っていることもあって英文資料作成を出品しているのですが、初めて売 …

結婚直前でフラれた可哀そうな友人と教訓

  チャンドラです。   予定していた生活がガラリと変わると本当に怖いなーと思った話です。   私の友人は結婚前提で交際相手と同棲生活をしていましたが、結婚寸前でその交際 …

来た ww 社畜が念願の出社を開始。残念なお知らせを知る ww

  緊急事態宣言の解除を受けて私の会社もオフィス勤務が再開されました。再開されたとはいえ、人と人の距離を保つために席の間隔を工夫したり、出社日を隔日にしたりと定常業務に戻るにはまだまだ時間が …

【金融リテラシー】長期金利と短期金利の逆転の簡単な考え方

  チャンドラです。   国債の利回りは通常、満期までの期間が長い方が金利が高くなります。 つまり通常は、長期金利の方が短期金利よりも大きいのです。そして長期金利より短期金利の方が …


チャンドラです。

都内在住の30代前半サラリーマンです。6年間で貯めた2000万円を元手にインデックス投資を始めました。このブログでは資産運用の方針、運用成績、家計簿、節約生活を赤裸々に公開しています。

投資運用成績は:こちら

投資を始めた理由は:こちら

お問い合わせは:こちら


にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ