資産運用

コロナ禍の株価暴落で狼狽売りしてなかったら

投稿日:2020年9月25日 更新日:




 

不安に駆られて資産を現金化した投資家というタイトルでバンガード社がレポートを出しています。

そのレポートによるとコロナ禍で米国株式指数が暴落した際にバンガード者で運用していた個人投資家のうち17%が資産を売却したと報告しています。

もっと多いのかと思っていたのですが、さすがはバンガードを選ぶ投資家、残りの87%の人たちは売らずに我慢して耐え抜いたんですね。

このレポートを見ていて面白いなぁと思ったのがレポートにあるグラフです。2020年2月19日時点でバンガードで投資し続けてきた投資家が、資産を売却したときのリターンと、仮に売却しなかった場合のリターンを比較したグラフ。

2/19とは暴落スタートした日付です。つまり下図の赤い矢印。

 

Sponsored Link



 

 

下のグラフが資産を売却したときのリターンと、仮に売却しなかった場合のリターンを比較したものです。

青:実際に売却したときのリターンをヒストグラムにしたもの

赤:売却せずにホールドしたときのリターンをヒストグラムにしたもの

グラフは下に行くほど見ている期間が2/19を起点に1か月、2ヵ月、3か月と変わります。

これを見ると分かる通り、時間が経つにつれて(つまり下のグラフに移るにつれて)赤いグラフが右側に移っていることが分かります。一方で青いグラフは変わりません。

これはつまり売らずに持っておけば、5月末にはほとんどの人が売ったときよりも高いリターンを出せたということです。

バンガード社曰く、資産を売ってしまった投資家のうち80%以上は、売らずに持っておけばより高いリターンをあげていたと分析しています。

5月末といえばS&P500が3,000ポイントなので、3,500まで上がった8月までもっていれば、ほとんどの投資家がより高いリターンをあげていたかもしれません。

 

Sponsored Link



 

売らずにもっておけというのは言うは易し行うは難しですが、こうやって数字で見せられるとなかなか説得力がありますね。

今回の大暴落は私の投資経験の中で初めてでしたが、売らずにホールドすることを学んだ良い経験になりました。

ところで、バンガード社によると資産を現金化した多くの個人投資家は12年以上バンガードに投資してきた50代半ばの人たちだったようです。

彼らの売ってしまった気持ちも分からないでもないんですよね。50代半ばといえば退職も近づいてくる年齢の人たちだと思います。

収入源である仕事がなくなる目前でコロナ禍で資産が吹っ飛ぶ恐怖は、まだ30代の私には想像もつかない恐怖なのかもしれません。もしくは嫁 or 夫から「頼むから株はもう売って現金化して」なんて泣きつかれて無念のうちに売ってしまった人もいるかもしれませんね。

株式資産をホールドし続けることの難しさが分かります。年を取れば取るほどに。

 

記事が役に立ったらクリックお願いします↓

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

-資産運用

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

1000万円貸してと頼まれたらいくら貸せばいいか?現在価値で考える

  人から金を貸してと頼まれる人は結構多いようです。そしてそれを後悔する人も。ちなみに私は人に金を絶対貸さないようにしています。まあ親戚や親しい友人に1万円貸してと言われれば考えますが、10 …

投資に向いていない人は当たり前のことができない人。

  投資に向いているか、向いていないかをチェックする方法があるそうです。ソースはこの記事。投資に向いていないのは; (1)レストランでのメニュー選びに時間がかかる人 (2)緊張しやすい人 ( …

企業型確定拠出年金の配分比率を変更しました

チャンドラです。   私は企業型確定拠出年金で資産を運用しています。 会社の規定で毎月16,000円を運用しています。 法令によると拠出額の上限は27,500円です。 確定拠出年金は節税効果 …

インデックス投資 | リスク・リターンと元本割れする確率の関係

  チャンドラです。   資産運用するうえで怖いのが元本割れです。 30年間根気強く積み立てて老後にさあ現金化しようとしたときに、投資額よりも低い評価額となっていたときの絶望感は半 …

証券会社とATM投資家

  前回の記事で気が付いたのですが・・・下の引用は読者様からの質問。 2017年に投資した米国株のインデックスファンド、一般NISAの120万分が今年で非課税期間が終わります。ロールオーバー …

チャンドラです。

都内在住の30代サラリーマンです。このブログではインデックス投資の利点、運用成績、運用シミュレーションや金融工学の記事を公開していきます。

自己紹介は:こちら

お問い合わせは:こちら


にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ