資産運用

インデックスファンドの損益が暴落後3か月ぶりにプラスに転じるー☆

投稿日:




 

コロナショックによる暴落後、3か月ぶりに投資信託(米国S&P500と全世界株式インデックス)の合計評価額がプラスに転じました。

 

下のグラフは暴落からプラ転するまでの損益の推移です。青がS&P500指数、赤が損益。一時期はマイナス500万円近くまで落ち込みましたが3か月でプラスに転じました。ジェットコースターのような3か月でしたね。

 

 

気分はダンスに夢中です。

 

 

あるいは雲の晴れ間から太陽の光がさした、といった感じでしょうか。

 

Sponsored Link



 

 

どうせ株価は上がると思っていたので、投信を放置しつつも少しずつ買い増ししていました。買ったのは米国S&P500連動インデックスと全世界株式インデックス合計400万円。もちろん毎週定額積立です。

でもプラスに転じるとホッとした気分になりますね。株価は上がって心では安心しつつも、安く買えるチャンスを失うから株価が低いままでいてもよかったのに、という矛盾した気持ちもある。

私のメンタルなんてそんなもんでしょう。やはり私は何も考えずにドルコスト平均でコツコツ買うのが向いてるー☆

 

記事が役に立ったらクリックお願いします↓

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

よろしければ読者になって下さい↓

-資産運用

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ケインズによると「投資」と「投機」は予測する「対象」が異なる。

  世界で初めてインデックス・ファンドを設定したジョン・ボーグル氏の著書「人生のダイヤモンドは足元に埋まっている」からの抜粋。 現在ではほとんど忘れ去られてしまったが、投資と投機は、昔から明 …

マイナス105万円 | 運用成績 | 2020年5月第3週

  今週のインデックス投資運用成績を公開します。   今週の積立金額:10万円 積立総額:2,490万円 評価額:2,386万円 今週の損益:-105万円 (-4.4%) 先週の損 …

株価が大きく下がったときにやるマインドセット

  チャンドラです。   私はインデックス・ファンドに投資して資産運用しています。主な投資先はアメリカ株です。 投資スタイルは長期積立投資です。毎週一定額を長期間にわたって投資し続 …

米国株式市場の200年間セクターの興亡

  米国株式市場で各セクターの時価総額がどのように推移してきたかをこの記事で見ることができます。 例えば19世紀では市場のほとんどを金融セクターと輸送セクターが占めていました。一方で1920 …

6年で2000万円貯めたサラリーマンの財布を紹介

  チャンドラです。   インターネットで「お金が貯まる」「財布」で検索すると色々な情報が出てきます。「2つ折りの財布より長財布の方がいい」「レシートでパンパンの財布はお金が貯まり …


チャンドラです。

都内在住の30代前半サラリーマンです。6年間で貯めた2000万円を元手にインデックス投資を始めました。このブログでは資産運用の方針、運用成績、家計簿、節約生活を赤裸々に公開しています。

メディアインタビュー記事:こちら

投資運用成績は:こちら

投資を始めた理由は:こちら

お問い合わせは:こちら


にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ