社畜

消費税アップがサラリーマンの家計に与えるダメージを計算!

投稿日:2019年9月14日 更新日:




 

チャンドラです。

 

10月から消費税が10%に引き上げられます。

増税が独身サラリーマンの私の家計に与える影響を概算してみました。

 

年間支出の内訳

 

私の年間の支出はざっくり以下の通りです。

 

総支出:240万円

家賃:110万円

食料品:20万円

酒類:10万円

外食:25万円

弁当:15万円

雑費:30万円

交通費:10万円

通信費:10万円

電気・水道・ガス:10万円

(注:消費税8%込み)

 

消費税が10%上がるとどうなる?

 

消費税が10%にあがると各項目の支出がどれだけ変わるか見てみます。ただし軽減税率を考慮します。軽減税率を考慮すると一部の項目は消費税が8%のままになります。

 

家賃:変わらない

食料品:変わらない

酒類:8% → 10%

外食:8% → 10%

弁当:変わらない

雑費:8% → 10%

交通費:増税相当の運賃引き上げあり

通信費:変わらない

電気・水道・ガス:8% → 10%

 

すると、各支出の増加額は次の通りです。

 

家賃:0円

食料品:0円

酒類:1,900円

外食:4,600円

弁当:0円

雑費:5,600円

交通費:1,900円

通信費:0円

電気・水道・ガス:1,900円

 

合計:15,900円

 

Sponsored Link



 

というわけで、年間総支出240万円に対して

 

支出は15,900円増加

増加額は総支出の0.6%相当

 

という結果になりました。

 

えっ・・・思ったよりインパクトがない・・・?

 

私は生活必需品以外にそれほどお金を使わないので、軽減税率を適用すると家計にそれほど大きな影響がないと分かりました。つまり、

 

消費税アップは独身サラリーマンにさほど影響しない

 

ただし家賃が上がるのかがよく分かりません。仮に家賃が増税相当に値上げされると、年間支出は2万円も上がります。

 

まあこの辺の先が読めない部分はあるものの、分かっている範囲で家計への影響を計算してみることが大切です。意外に世間で騒ぐほど大きな影響はないことが分かるかもしれません。騒いだところで決定は覆らないので。

 

それでは。

 

関連記事:

部屋が汚いとお金がたまらないから貧乏のまま!

【節約法】新聞取るのをやめたら何も困らなかった理由!

増税前に買っておくべき高価な物!買って良かったものを紹介

Sponsored Link



運用成績を公開しています

私がインデックス投資を始めた理由

6年間で2000万円貯めることが出来た秘密

私のブログランキングはこちら:

にほんブログ村 株ブログ 米国株へにほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

-社畜

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

「仕事減らしてくださイイイ」と上司に泣きついた結果 ww

  自ら仕事を取りにいき、残業し、稼いだ残業代で投資する。 昔の記事で私はサラリーマンが稼ぐための一番手っ取り早い方法がこれだと豪語しました。   しかし限界が来たようです。 &n …

非常事態宣言をガタガタ批判してる場合じゃねえだろ ww

  政府によって非常事態宣言がなされました。その内容のほとんどは「要請」であり、外出や経済活動に対する「強制力」がほとんどないために、欧米からはその効果は懐疑的だという声があがっているとのこ …

「めんどくさい人を一発で黙らせる天才的な質問」が使えねぇ ww 私がもっと効果的な方法を教える。

  プレジデントでこんな記事が出ていたんですよ。タイトルは、 会議で重箱の隅をつつく「めんどくさい人」を一発で黙らせる天才的な質問 これを見たとき「おおっ!」と思ったんです。確かに会社で会議 …

コミュニケーション能力とは結局何か

チャンドラです。   今回はコミュニケーション能力とは何かについて書いてみます。     コミュニケーション能力とは?   私が社会人になる前に就職活動をしてい …

極貧時代にやっていた少ない飯で満腹感を感じる方法

  私は学生時代の一時期、あまりにも金がなくて極貧生活をしていました。飯はカレーかチャーハンばかり食っていました。   食べ盛りの大学生がショボいカレーやチャーハンばかり食って腹が …


チャンドラです。

都内在住の30代前半サラリーマンです。6年間で貯めた2000万円を元手にインデックス投資を始めました。このブログで運用成績を公開していきます。

メディアインタビュー記事:こちら

投資運用成績は:こちら

投資を始めた理由は:こちら

お問い合わせは:こちら


にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ