社畜

消費税アップがサラリーマンの家計に与えるダメージを計算!

投稿日:2019年9月14日 更新日:




 

チャンドラです。

 

10月から消費税が10%に引き上げられます。

増税が独身サラリーマンの私の家計に与える影響を概算してみました。

 

年間支出の内訳

 

私の年間の支出はざっくり以下の通りです。

 

総支出:240万円

家賃:110万円

食料品:20万円

酒類:10万円

外食:25万円

弁当:15万円

雑費:30万円

交通費:10万円

通信費:10万円

電気・水道・ガス:10万円

(注:消費税8%込み)

 

消費税が10%上がるとどうなる?

 

消費税が10%にあがると各項目の支出がどれだけ変わるか見てみます。ただし軽減税率を考慮します。軽減税率を考慮すると一部の項目は消費税が8%のままになります。

 

家賃:変わらない

食料品:変わらない

酒類:8% → 10%

外食:8% → 10%

弁当:変わらない

雑費:8% → 10%

交通費:増税相当の運賃引き上げあり

通信費:変わらない

電気・水道・ガス:8% → 10%

 

すると、各支出の増加額は次の通りです。

 

家賃:0円

食料品:0円

酒類:1,900円

外食:4,600円

弁当:0円

雑費:5,600円

交通費:1,900円

通信費:0円

電気・水道・ガス:1,900円

 

合計:15,900円

 

Sponsored Link



 

というわけで、年間総支出240万円に対して

 

支出は15,900円増加

増加額は総支出の0.6%相当

 

という結果になりました。

 

えっ・・・思ったよりインパクトがない・・・?

 

私は生活必需品以外にそれほどお金を使わないので、軽減税率を適用すると家計にそれほど大きな影響がないと分かりました。つまり、

 

消費税アップは独身サラリーマンにさほど影響しない

 

ただし家賃が上がるのかがよく分かりません。仮に家賃が増税相当に値上げされると、年間支出は2万円も上がります。

 

まあこの辺の先が読めない部分はあるものの、分かっている範囲で家計への影響を計算してみることが大切です。意外に世間で騒ぐほど大きな影響はないことが分かるかもしれません。騒いだところで決定は覆らないので。

 

それでは。

 

関連記事:

部屋が汚いとお金がたまらないから貧乏のまま!

【節約法】新聞取るのをやめたら何も困らなかった理由!

増税前に買っておくべき高価な物!買って良かったものを紹介

Sponsored Link



運用成績を公開しています

私がインデックス投資を始めた理由

6年間で2000万円貯めることが出来た秘密

私のブログランキングはこちら:

にほんブログ村 株ブログ 米国株へにほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

-社畜

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

社畜の節約飯 ww ネギからしが保存食として最高に使える ww

  独身がテレワークを始めると悩ましのが飯の準備。オフィス勤務のときは会社の近くのパン屋や弁当屋で飯をかってますが、それができなくなりますからね。 前はネギ味噌を紹介しましたので、今回はねぎ …

初めて1000円カットに挑戦した結果 | 私の注文方法はこれだッ ww

  私の家の近辺には2つの床屋があります。   1件はお洒落なバーバーで内装もこだわっていて清潔。値段はカットと顔剃りであわせて4,000円。もう1件は個人経営でやってる小さな床屋 …

エンジニアに必要な能力を解説する

  日本の技術力が落ちていると言われている。私は技術系の会社に勤めていますが、経営者は「エンジニアは技術力を磨くべし」という。では、そもそも「技術力」とはいったい何なのか?面白いことに、私の …

浪人は大きな経済的損失です ww

  大学2次試験の時期がきましたね。私は志望校に合格することができず、浪人しました。 私が浪人したときは頭が悪過ぎて気が付かなかったのですが、浪人は単に自分の能力不足を思い知らされるだけでは …

私が見てきた出世する人の特徴は間違いなくアレだ!

  チャンドラです。   私は企業で働き始めて8年目です。 社内や社外含めて多くの人と働いてきましたが、出世した人や出世すると見込まれている人には共通点があることに気が付きました。 …


チャンドラです。

都内在住の30代前半サラリーマンです。このブログではインデックス投資の利点、運用成績、運用シミュレーションや金融工学の記事を公開していきます。

メディアインタビュー記事:こちら

投資運用成績は:こちら

投資を始めた理由は:こちら

お問い合わせは:こちら


にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ